2018年03月28日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」38

 ●天皇と国家「勅と法」(9)
 天皇が文化で、ヨーロッパの王が権力なのは、いうまでもない。
 ヨーロッパで王政が文化になりえなかったのは、そもそも、ヨーロッパには文化の土壌がなかったからだった。
 中世ヨーロッパでは、ペスト(黒死病)やコレラ、天然痘などの疫病が猛威をふるい、人々は、生きのびることだけに必死で、文化へ目をむける余裕などなかった。
 疫病が流行したのは、不潔で、貧しく、公共心がなかったからだった。
 上水道・下水道がなく、市街地は、人々が投げ捨てる糞尿まみれで、ペスト菌の媒介者であるネズミが、人間の数よりはるかに多かった。
 やせた土地から採れるのは小麦やブドウだけとあって、勢い、肉食に頼ったが、家畜との共存は、かれらの生活をますます不衛生にした。
 当時、死因の上位にあったのが、産褥熱などの感染症で、衛生観念はないにひとしかった。
 ヨーロッパの宣教師が、日本で、庶民が絵画や花を飾った清潔な家に住んでいるのを見て、度肝をぬかれたという。
 家畜とともに不潔な家屋に住み、生きてゆくのに精一杯だったヨーロッパでは、部屋に絵画や花を飾るなどの文化的な行為は、思いもおよばなかったのである。
 くわえて、宗教的迷信が根深く、魔女狩りで、百万人近い女性が処刑されたばかりか、その数倍、数十倍にのぼる人々が、異端裁判や宗教戦争などで命を奪われた。
 産業革命(18〜19世紀)前のヨーロッパは、文化面や衛生面で日本よりもはるかに後進的だったのである。

 ところが、産業革命以後、ヨーロッパは文明のみちを切り拓き、日欧の関係が逆転する。
 日本は、開国後(19世紀後半)、ヨーロッパから文物を輸入して、近代化へ走る。
 江戸時代まで、独創的だった日本文明が、近代化以後、鹿鳴館文化や帝国主義など西洋のコピーへ傾いていったのは、薩長の田舎侍が西洋を真似たからだが、ヨーロッパの近代は、革命の時代でもあって、日本が建国のモデルにしてよい国はどこにもなかった。
 先進国はむろんのこと、世界でも、伝統国家としての歴史と形態を維持しているのは、日本だけである。
 理由は、文化・経済の両面でゆたかだっただけではなかった。
 君民一体の下で、当時、世界に類がなかった平等という観念がゆきわたっていたからだった。
 宗教も、個人救済ではなく、国家護持で、ヨーロッパの世界観・宗教観とは大きくかけはなれていた。
 そこに、日本で、革命や宗教戦争がおきなかった理由がある。
 ヨーロッパでは、戦争に負けると、民が奴隷として売買され、教会の教えにそむくと死刑に処される。
 ペストやコレラ、食糧難をのりこえたところで、民に救いはなかった。
 権力者ににらみをきかせる民の味方、天皇という文化的存在がなかったからである。
 革命のエネルギーは、怨念や復讐心といってよい。
 フランス革命やロシア革命では、王族や貴族の皆殺しが何年にもわたって延々とつづき、中国の文化大革命やカンボジアのポルポト革命では、知識人や教養人というだけで、何百万、何千万の善良な人々が虐殺された。
 すべて、文化と権威が不毛だったことが原因で、文化と権威をもたない種族は、非戦闘員に原爆を投下したアメリカ人のように、どこまでも残酷になれるのである。

 三島由紀夫の『文化防衛論』がまもろうとしているのは、文化概念としての天皇である。
 国家をつくりあげているのは、文化と歴史、権威で、その象徴が天皇である。
 日本という国家の本質は文化にあって、その文化(菊)は、刀によってまもられなければならない。
 三島由紀夫は、日本の独自の文化をまもってきたものを、『菊と刀』になぞらえて、刀という。
 国家をまもることは、文化をまもることだが、文化をまもることは難しい。
 文化は、大砲や文化侵略、伝統破壊にたいして無力で、革命にはひとたまりもないからである。
 日本が他国侵略(元寇など)や宗教侵略(天草四郎の乱など)を防ぐことができたのは、文化の力ではなく、刀という、ときには、みずからの命さえ絶つ「力の論理」であった。
 外国人が、なによりも恐れたのは、武士の刀だった。
 刀は武士の誇りでもあって、武士の誇りを傷つけるとその場で斬殺されかねなかった。
 まして、軍靴で帝(みかど)の地を侵略すれば、武士がいっせいに抜刀して襲いかかってくる。
 日本侵略など、とうてい、思いおよばなかったのである。
 天皇をまもるのは、法でも弁論でも、正義でも真実でもない。
 ただ一つ、刀であって、それが文化防衛論の要諦だった。
 次回以降、タブーを破って、「刀と文化防衛」へと議論をふかめていこう。
posted by office YM at 01:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」37

 ●天皇と国家「勅と法」(8)
 天皇の本質は、権威と権力、政体と国体、政治と文化などの二元論にあるといってよいだろう。
 天皇は権力をもたず、権力(政府)は、権威(天皇)を敬うという二元性がはたらくのが国家本来のすがたで、それが伝統国家である。
 国家は、現在という空間軸と、歴史という時間軸からできている。
 権力やカネ、法などのヨコ軸と、歴史や伝統、文化などのタテ軸が交差するところに用意されているのが天皇の地位で、天皇は中今(現在)の存在であると同時に、歴史的存在(皇祖皇宗)でもある。
 聖俗も二元論である。
 国家も人間も、理屈でわりきれる俗なる合理性と、理屈が通用しない聖なる非合理性をあわせもつことによって、はじめて、奥行きのある国家観や人格ができあがる。
 イエス・ノーを保留するあいまいさ、どちらでもよいという両立性も二元論といえるだろう。
 答えが一つしかない一元論では、イエスかノーしかないので、永遠に争いがつづく。
 棲み分けや共存、共栄の論理がなりたっている二元論・多元論の世界では、国家を転覆させるような内乱や革命がおきない。
 革命や民主主義は、一元論の世界のものだったのである。
 一元論が破綻するのは、世界や自然、歴史が多元的にできているからで、人間が頭のなかでひねくりまわす一元論は、じつは、どこにも存在しない妄想でしかない。
 西洋の宗教戦争や領土戦争、市民革命、海外侵略、帝国主義が凄惨だったのは、一元論に立っていたからで、一元論の世界観では、従わないものはすべて敵で、殲滅しなければならない。

 それが西洋の近代合理主義というもので、歴史というタテ軸が断たれている。
 戦後、アメリカから、近代合理主義が怒涛のようにおしよせてきて、日本的価値観が隅におしやられた。
 日本的価値観というのは、伝統のことで、戦後日本は、アメリカ民主主義一辺倒の国となった。
 民主主義は、一元論で、多数決にしろ力の論理にしろ、数に帰される。
 一方、伝統は、多元論で、文化にしろ芸術にしろ、質に帰される。
 いうまでもないが、政治は合理主義で、文化は反合理である。
 社会から政治、文化から皇室にまでおよんだ日本の西洋化は、結局、合理化ということであって、合理化して、残るのは、数の論理だけである。
 数は合理化できるが、文化や思想という質は、合理化できない。
 かつて、日本人は、合理化できるものと合理化できないものの両方をもっていた。
 合理主義をうけいれながら神にも祈ったわけで、その伝統が、新鋭ビルの竣工に際しておこなわれる地鎮祭である。
 敗戦後のアメリカ化・民主化によって、合理主義と伝統を同時にうけいれる高次な精神が失われて、日本人は、朝から晩まで民主主義を叫ぶ愚かな民族となった。
 賢明だった日本人が、49%の少数派を切り捨てる数の論理を万歳を叫んで迎えたのである。
 革命の方便にすぎない民主主義が至高の価値となった戦後、ついに、天皇にまで合理の定規があてられ、皇室までが民主化されるはめになった。
 権力と権威を隔てる二元論がゆるんで、天皇とヨーロッパの王政との区別がつかなくなってしまったのである。
 
 これが天皇の危機である。
 世界の王政がすべて滅び、滅亡を免れたとしても、英国のように形式を残すだけになったのは、民主主義という毒牙に伝統や文化を食いちぎられたからである。
 民主主義が猛威をふるっているかぎり、反共・伝統防衛の旗を降ろすことはできない。
 日本の民主主義は君民一体≠ナ、西洋の民主主義は君主打倒≠ナある。
 日本人が、人類最高法規と信じている西洋の民主主義は、現在進行形の革命用語で、ゆきつくところは、スターリンやヒトラーがめざした民主主義にもとづく独裁である。
 独裁者が民主主義(多数派)を権力のレジテマシーとするのである。
 かつて、右翼は共産主義を敵としたが、共産主義が滅びると、慢心と油断にひたって、右翼陣営はもぬけの殻同然となった。
 恐るべきは、正体がバレている共産主義ではなく、共産主義の隠れ蓑である民主主義のほうで、民主主義という一元論をたどってゆくと、人民政府という独裁体制があらわれる。
 軍部・軍属が天皇を利用して軍国主義をつくったように、左翼・反日勢力が民主のスローガンを利用して民主ファシズムをつくる。
 むかう先は、共産化と中国への属国化である。
 民主が唯一の正義となる国家は、天皇が唯一の正義だった国家と同様、危険きわまりないのである。
 天皇をまもることは、歴史をまもることで、右陣営がたたかうべきは、共産主義ではなく、民主ファシズムである。
 次回以降、天皇・国体防衛について、さらに論をすすめよう。

posted by office YM at 14:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

神道と世界最古の文明「縄文文化」36

 ●天皇と国家「勅と法」(7)
 国家が、本来、歴史(国体)と権力(政体)の二重構造と知っているひとは多くない。
 理由は、国連安保理常任理事国(米・英・仏・ロ・中)をはじめ、200をこえる世界の国々の多くが、国体をもたない革命国家だからである。
 革命国家や共和制国家が、権力(政体)だけの一元構造になったのは、歴史(国体)が否定されて、伝統的秩序が民主主義へきりかえられたからで、近代以降、80か国以上が、革命や政変、独立などをとおして、君主制などの伝統国家から民主主義にもとづく共和制国家に移行した。
 民主主義は、現在における政治決定で、対象になるのは、現在、生きている人々だけである。
 民主主義が、歴史を否定した上になりたっているのからで、かつて生存した歴史的国民や歴史の英知、伝統文化も、現在、生きている人々の利害や都合の前ではひとたまりもない。
 それが革命国家の正体で、民主主義以外のものがなに一つ通用しない。
 民主主義は多数決にすぎないが、国民全体の多数決を採ることは不可能なので、革命軍のリーダーがこれをあずかる。
 その口実が国民主権で、国民の主権をあずかったということにすれば、国民の名の下で、独裁や弾圧、逮捕や強制収容所送り、死刑などのテロルがまかりとおって、暗黒国家ができあがる。
 民主主義と国民主権は、革命派による支配イデオロギーだったのである。
 それをそっくり真似たのが日本国憲法=占領基本法である。
 国体を否定するGHQという革命軍が、民主主義と国民主権もちいて、日本国民を支配したのである。
 日本国憲法の主宰者は、日本国家でも日本国民でもなく、GHQなのである。
 民主主義を立て、国家主権を破壊したのち、国民主権をあずかったGHQが敗戦国日本の絶対支配者になったわけで、その裏付けとなったのが日本国憲法だった。
 日本国憲法が担保しているのは、日本や日本国民の利益ではなく、GHQの権力だったのである。
 憲法99条にこうある。
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法(GHQ命令書)を尊重し擁護する義務を負ふ」

 国家主権から防衛権、統治権や国民の安全をまもる権利は、国家におのずとそなわっている自然権で、当然のことながら、この国家自然法は、人為法たる憲法をこえる。
 それが伝統国家のありようで、革命国家でありながら、伝統国家の体裁を保とうというイギリスは、国家を規制する憲法をもっていない。
 憲法は、伝統的価値や歴史的規範を捨てた革命国家が、その代わりに採ったイデオロギー法で、どの国の憲法も、タテマエとして、民主主義と国民主権を国家の最高法としている。
 近代主義の産物にして、歴史を捨てた革命国家は、民主主義や国民主権以外の規範をもちえないのである。
 戦後、日本では、民主主義が、人類の最高法としてさかんにもちあげられてきた。
 だが、民主主義は、多数決と普通選挙法のことにほかならず、そんなものを国家規範にして、政治が混乱しないわけはない。
 民主主義国家は、自然法にもとづいた国家よりはるかに後進的で、不完全な国家だからで、しょせん、人間が頭のなかで考えた人為法や人口国家が歴史の産物である自然法や伝統国家をこえるわけはないのだ。
 民主主義は歴史を拒絶する。
 それだけで、伝統国家の象徴である天皇と革命国家の象徴である民主主義が相容れないとわかる。
 日本に民主主義や国民主権の精神がなかったわけではない。
 その逆で、日本には「君民一体」という思想があって、天皇は国民とともにあった。
 天皇と国家国民が一体であれば、天皇陛下万歳が、国民や国土の弥栄(いやさか)をねがう心とわかるだろう。

 何事にも、矛盾や不条理、不思議や非合理がついてまわって、人間の知識がとうていおよぶところではない。
 国家もそうで、多数決にすぎない民主主義や実体のない国民主権をふり回したところで、なんの解決にならないばかりか、混乱がうまれるばかりである。
 イエスかノーか一元論では、片一方が否定されてしまうので、解決どころか、かえって、対立が深まる。
 51%を肯定して49%を否定する民主主義のどこに政治哲学があるのか。
 権力者にゆだねられて独裁を生じる国民主権のどこが国民中心主義なのか。
 革命国家が一元論なら、伝統国家が二元論で、グレーゾーンやあいまいさが矛盾や不条理、不思議や非合理をのみこんで、体制を安定させる。
 それが多様性と奥行きをもつ日本主義で、文明と価値観の衝突となる今後の世界情勢のなかで、対立をうむ民主主義に代わって、中心的思想になってゆくだろう。
 日本が提唱している異文化共栄圏思想(日・米・オセアニア・アセアン・インド)がそれだが、このテーマについては、後日、改めてのべよう。
 さて、二元論だが、伝統国家である日本が二元論の国家なのは、いうまでもない。
 権威と権力、国体と政体、天皇と政府、文化と政治が、互いに干渉することなく両立している。
 二元化されている価値と価値の中間にグレーゾーンが広がって、それがあいまいの文化である。
 ところが、価値が一元化されている革命国家には、グレーゾーンがない。
 戦後、民主主義絶対主義のアメリカによる日本改造が、いかに日本の文化や価値、伝統をゆるがしたか、いまさら、指摘するまでもない。
 戦後日本の迷走は、革命国家のルールを伝統国家にもちこんだ構造矛盾から生じたのである。
 次回以降、伝統国家のあるべきすがたと天皇問題をさらに検討していこう。
posted by office YM at 13:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」35

 ●天皇と民主主義「勅と法」(6)
 歴史と現在性の関係は、わかっているようで、案外、理解されていない。
 歴史はタテに連続する時間軸で、一方、現在は横に広がる空間軸である。
 われわれが生きているのは、現在という空間軸だが、現在は、過去や歴史という時間軸の上に成り立っている。
 ひとは、現在を生きる空間的な存在でありながら、一方では、歴史を生きる文化的な存在で、言語から習俗、文化、文明に至るまで、現在あるものは、すべて過去からひきつがれた歴史の恩恵である。
 人類は、歴史という時間軸と現在という空間軸の両方を生きることによって人類たりえている。
 したがって、だれもが、生来的な保守主義者といえる。
 何人といえども、過去を否定することはできない。
 過去は、過去の人々によって築かれたからで、これを否定するなら、過去の人々にも投票権があたえられるべきである。
 死者が投票場へ足を運べないなら、現在を生きる者たちは、ひたすら、過去を受け継がなければならない。
 現在が、過去の集積であるとするならば、現在を生きる人々も過去に生きた人々も、ともに歴史的国民だからである。
 現在を生きている人々の身勝手な都合によって、歴史や伝統を否定するのは歴史や先人らへの冒瀆であって、死者と生者が共にある歴史的国民の原則に反する。
 保守主義は、歴史を継承することにあって、これは、歴史を破壊するよりもはるかに価値があり、はるかに困難な仕事なのである。

 万世一系を否定した「皇室典範に関する有識者会議」(2005年)の吉川弘之座長(元東京大学総長)は「伝統は無視した」と堂々と言い放ったものである。
 昨今の女系天皇論も、歴史の不可逆性を無視した暴論で、現在を生きているにすぎない者たちが歴史を変更できるとするのは、無知でなければ傲岸不遜なる思い上がりというしかない。
 人々は、過去の事跡や伝統、文化的価値などの歴史の遺産に目もくれない。
 そして、歴史的存在であることを忘れて、目先の利害に右往左往している。
 生きているのは、現在という瞬間ではなく、過去から現在、現在から未来へつながっていく歴史の連続性という自覚がないのである。
 そこに、保守主義者と左翼・革新・反日を隔てるボーダーラインがある。
 国民と人民・市民のちがいもそこからでてくる。
 国民は、歴史や文化、民族性などの同一性を共有する歴史的国民で、人民や市民は、歴史や国家から切り離された孤独な人々の群れである。
 歴史が失われるのは、革命によって、時間軸が断ち切られたからで、残るのは、現在という過去を失った空間だけである。
 民主主義が革命イデオロギーになったのは、民主の民≠ェ歴史や文化から断絶した民≠セったからである。
 左翼が民主主義をもてはやすのは、革命の武器だからで、民主主義を立てて歴史から国体までをかえてしまおうというのは悪魔の思想というしかない。
 民主主義こそが過去殺しで、革命で歴史を断ち切った英・仏・米・ロが民主主義を標榜したのは、歴史の叡智を捨てると、チャーチルが「独裁よりマシなだけ」といった民主主義しか残らないからである。
 民主主義は、多数決のことで、国民主権の国民と同様、多数派の正義ということである。
 すべて多数決できめる民主主義は究極の衆愚政治で、戦後、この民主主義が大手をふってきたのは、戦争に負けたからである。
 それでも、日本が三流国家へ転落しなかったのは、君民一体の天皇がおられたからで、したがって、民主主義が暴走することなく、伝統国家としての品格や叡智、誇りもまもられたのである。

 歴史と現在の落差は、宗教や政治、思想などの分野で、さまざまな二元論をつくりだしてきた。
 保守と革命、伝統と革新、唯心論と唯物論、生と死などである。
 歴史は過去で、死でもあるが、その過去に根源的価値をみるのが保守主義である。
 現在を生きる人々が、エゴをむきだしにして生きれば「万人の戦争がおこる」(ホッブス)ので、国家や法、常識などのかつてつくられた制度やシステムの網をかけようというのが保守主義なら、過去ではなく、人間の頭の中で考えたイデオロギーで人民を支配しようというのが革命主義である。
 革命や改革主義は、美辞麗句や美しい観念論を並べるが、所詮、歴史や伝統を断ち切った過去殺しで、過去を失った世界には、一滴の血も流れていない。
 歴史のタテ軸と現在の横軸を、聖俗二元論に置き換えることもできる。
 ひとはパンのみに生きずに非ずで、俗にどっぷり漬かりながら、聖をもとめるのが人間なのである。
 伝統は、天皇中心の平和な国民国家を形成するが、天皇が政治利用されると、この構図が逆転する。
 次回以降、天皇と国家の関係について、近代以降をふり返ってみよう。
posted by office YM at 11:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする