2018年06月26日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」49

 ●天皇と国家「古代史のなかのオオキミ」(7)
 大和朝廷は、豪族による連合政権で、天皇は、その豪族連合に担がれた祭祀集団の長だったと思われる。
 縄文時代から、日本には、縄文の遺伝子というべきアニミズムやシャーマニズムなどの神道的な宗教感覚が根づいており、くわえて、稲作の導入によって穀霊祭や収穫祭などの神事がはやくから習俗化されていた。
 新嘗祭の起源を稲作伝来に重ねる見解もあって、神々が人々と共存していた太古において、祭祀集団の長だった天皇の地位は、有力豪族と同等か、それ以上だったはずである。
 ここに国家二元論(「権威と権力」)の原型をみることができる。
 大和朝廷は、権威(天皇)と権力(豪族)の二元論で、有力豪族は、天皇の外戚に娘たちを送りこむことによって、権力の正統性を獲得し、一方、豪族の権力が強化されることによって皇統(万世一系)がまもられ、天皇+有力豪族の二元的な政権ができあがった。
 万世一系(男系)と外戚政治(女系)の両輪が大和朝廷の基本構造で、有力な豪族が天皇の外戚になろうとしたのは、天皇の権威を借りなければ、覇者といえどもただの戦大将で、施政権がそなわらないばかりか、油断すれば敵から寝首をかかれかねなかったからだった。
 歴史家は、天皇が豪族の一派で、覇権戦争に勝ち抜いて、大和朝廷の頂点に立ったとする。
 そうなら、大和朝廷成立前に、長期間におよぶ戦国時代がなければならないが、記紀には豪族戦争の記録がみあたらない。
 豪族の連立を巡って争いがなかったのは、大和朝廷が宗教的結束だったからで、仲介の役割をはたしたのが天皇を戴く祭祀集団だった。
 ところが、日本の歴史家は、日本という国家が国体(権威)と政体(権力)の二元論に立っている事実を見ようとしない。
 日本の歴史学会が、マルクス主義の唯物史観一辺倒だからで、左翼ならずとも、日本人の多くが皇国史観を諸悪の根源と思い込んでいる。

 豪族の連合政権だった大和朝廷が安定政権となったもう一つの理由が、世襲による権威と権力の血縁相続である。
 権威=天皇の相続が男系(万世一系)なら、権力=執権の相続が女系(天皇の外戚)で、葛城や蘇我、中臣ら有力豪族は、娘を天皇に嫁がせて、后の系列から権力を強化した。
 注意をむけるべきは、大和朝廷から平城京、平安京、さらに江戸幕府にいたるまで、日本の政権は、万世一系(男系)と外戚政治(女系)が両輪になっていて、その二元論が、摂関政治から幕府政治まで維持されてきた歴史的事実である。
 大伴や物部ら大豪族を制して、天皇の外戚関係から権力を握ったのが、武内宿禰を共通の祖とする葛城氏と蘇我氏、天児屋命(アメノコヤネ)を祖とする中臣(藤原)氏で、かれらは、みずからの血統をまもるため、天皇をまもったといえる。
 歴史上、弓削道鏡や平将門、足利義満のほかに皇位簒奪をはかった権力者がいなかったのは、権力は、単独で存立できないからで、皇位を奪えば、権威にささえられた安定的な権力を維持することができなかった。
 ここに、国体(天皇)の本質があって、日本の場合、権力者は、剣のみではなく、国体という権威の裏づけをもって、はじめて、天下に号令をかけることができた。
 軍事力で覇権を争ったユーラシア大陸や日本の戦国時代が終わりなき乱世となったのは、権威が不在となったからだった。
 権力が世俗的なパワーなら、権威は超越的な価値で、これには、文化や歴史から習俗や宗教(祭祀)までがふくまれる。
 卑弥呼の邪馬台国(ヤマトコク)を継承する大和朝廷が祭祀国家だったのはいうまでもない。
 武装集団でもあった豪族が、畿内から河内、九州にいたる広範囲にわたって大和朝廷に服従的だったのは、宗教的アイデンティティがはたらいていたからで、その象徴が前方後円墳だった。
 日本の歴史家は、エジプトのピラミッドに並ぶ前方後円墳を軽視する。
 古代人(縄文・弥生)が古墳時代に入って、とつぜん、前方後円墳をつくりはじめたようにいうのだが、巨大な前方後円墳をつくるには、計画性や高度な土木技術、組織力や政治力などの文化・文明の力が必要で、巨大前方後円墳の存在それ自体が、大和朝廷の国家的完成度や民度の高さを示している。
 そもそも、古墳時代というのは考古学の用語で、このことばを歴史書にもちいることがまちがっている。
 皇国史観をきらう日本の歴史学者は、古代の人々を未開人、歴史を考古学としてとらえるので、歴史を物語として描きだすことができない。
 現在の歴史学は、観念や史料を重んじる唯物史観やランケの実証史学にもとづいているので、物語性を度外視して、もっぱら、科学的・実証的分析に走る。
 かつて、古墳時代の代わりに、大和時代という時代区分があった。
 これは、神武天皇の即位(紀元前660年)から欠史八代、卑弥呼をへて、大和朝廷をつくりあげるまでの歴史的経過を俯瞰したもので、それなりの合理性もあった。
 採集生活をしていた古代人が、前方後円墳をつくるまでの文明人になるのにかかる歴史時間は、500年、千年単位だったと思われる。
 三内丸山遺跡の縄文都市が紀元前2000年前〜3500年前だったことを思えば、歴史学者のいう未開の古代≠ネるものは、すくなくとも、現代から遡って5000年前以内にはなかったと考えたほうがよい。
 はるか紀元前から大和時代にいたる古代史には、唯物史観や歴史実証主義がおよびもつかないゆたかな物語性があったはずで、古代史は、神話と実史が融合した一大ロマンなのである。
 次回以降、大和時代から飛鳥時代、奈良時代にわたってくり広げられてきた国体と政体のドラマをみていこう。
posted by office YM at 02:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」48

 ●天皇と国家「古代史のなかのオオキミ」(6)
 古代日本が豪族の国で、大和朝廷が豪族の連合政権だったことは疑えない。
 だが、それ以上のことは、なにもわかっていない。
 日本人はどこからきたのか、国家の原型がいつできたのか、天皇のルーツはどこにあるのかについて、日本の歴史家は、知らぬ存ぜぬをおしとおす。
 史料にもとづいて歴史を確定する歴史実証主義に立っているからで、史料が乏しい日本の古代は謎につつまれたままなのである。
 大和朝廷の成立から拡張期にあたる3世紀半ばから5世紀の初めまで中国の歴史書に倭国にかんする記述がない(「空白の4世紀」)のは事実だが、だからといって、日本の古代が不明だ空白だとするのは、歴史学者の怠慢である。
 日本には、エジプトのピラミッドや中国の万里の長城と肩を並べる数多くの前方後円墳(箸墓古墳/3世紀、仁徳天皇陵/5世紀)のほか、三内丸山遺跡(縄文時代中期)や吉野ヶ里遺跡(弥生時代)、登呂遺跡(1世紀)などの遺跡も少なくない。
 古事記や日本書紀などの史書もゆたかなので、多少、想像力や推論をはたらかせれば、古代にもっと光をあてられるはずなのだ。
 史料がないからといって、空白だ不明だと言いだすのは、空想力と構想力の欠如で、歴史が記録されるもの≠ナはなく記述されるもの≠ナあることを忘れている。
 歴史は登場人物の活動をとおして理解される。
 それが生きた歴史で、歴史は、考古学とはちがう。
 歴史は、伝承や遺跡、史跡や史料からの推論だが、人々が信じてきた神話や伝説も歴史であって、歴史は、民族や国家のフィクションといってよい。
 源平から徳川に到る武家盛衰史を描いた頼山陽の「日本外史」は、幕末から明治にかけてもっとも多く読まれた歴史書だが、描かれているのは英傑偉人の物語である。
 戦後、日本の歴史観は、唯物史観と歴史実証主義に汚染されて、物語性を失い、日本人は、国史という民族の歴史から疎遠になった。
 歴史を失った民族は滅びるといわれるが、戦後、皇国史観を放棄させられた日本人は、建国の物語といっしょに国家や民族の誇りまで捨ててしまったように見える。
 戦後の日本人は、祖国の始原や民族のルーツ、日本文明の由来についてなにも知らない一方、アメリカ製の憲法と民主主義を第二の国体として、わが国が世界で最古の伝統国家であることを忘れはてている。

 国体とは、肇国以来の歴史で、国家も国民も、歴史という時間的蓄積からうまれる。
 GHQが目の敵にしたのがその国体で、神話や古典、伝統などの歴史的価値までが標的にされた。
 追い打ちをかけたのが、日教組や歴史学会で、皇国史観を徹底的に排除する一方、唯物史観や実証主義をもちこみ、古事記や日本書紀などそれまで国史とされてきた史料を根こそぎ否定した。
 その結果、日本は、伝統国家どころか、国家誕生の物語すらもたない亡霊のような国になってしまった。
 現在、もとめられているのは、GHQや左翼・反日、歴史家が破壊しつくした古代史を復活させることで、肇国の歴史(神話)をイメージすることができなければ、国家との一体感や日本人としてのアイデンティティは育ってこない。
 古代史を解明するキーワードは、大和朝廷と天皇、前方後円墳の三つである。
 この三つのキーワードを統一的に説明することができれば、豪族政治に終止符を打つ聖徳太子の飛鳥時代(崇峻天皇の弑逆から平城京に遷都まで)へ歴史の歯車がつながってゆく。
 天皇が豪族の一派だったという認識が、歴史学会では一般的である。
 だが、それだけでは、三十余国の小国家が分立していた3世紀の日本(魏志倭人伝)が4世紀末に大和・河内を中心に強大な統一国家をつくりあげ、朝鮮半島に出兵する国力をもつにいたった急速な発展に説明がつかない。
 大和朝廷と天皇、前方後円墳の三つキーワードをつなぐキーもみつからない。
 天皇が豪族の一派であったなら、他の豪族を従えて大和朝廷を樹立するまで多くのいくさがあったはずだが、記紀などの史書には、豪族間のいくさがほとんど記録されていない。
 わずか百年余で、三十余国の小国家群が強大な大和朝廷になっていった理由も不明で、そこに、別のメカニズムがはたらいていた可能性が高い。
 大王一族は、豪族らに擁立された宗教集団だったのではないか。
 群雄割拠する豪族が覇権をもとめて争えば、乱は、いつまでも終わらない。
 たとえ、どこかの豪族が覇権を握っても、権威がそなわらないので、政権は不安定きわまりない。
 大和朝廷が権威をそなえた安定政権だったことは、全国各地で、大和朝廷のシンボルである前方後円墳が4百年(古墳時代/3世紀〜7世紀)にも亘ってつくられたことからも明らかだろう。
 大王一族が豪族らに擁立された宗教集団だったなら、大和朝廷と天皇、前方後円墳の三つのキーワードもつながってくる。
 権力は権威によって正統性(レジテマシー)があたえられる。
 それが歴史の真実で、織田信長は、正親町天皇を保護するという大義名分を立てなければ京都を制圧できず、薩長軍も、官軍を名乗らなければ江戸幕府を倒すことができなかった。
 大和朝廷が豪族の連合政権だったことは疑えないが、それは、神格をもった大王を立てて、その下で連立を組む「権威と権力」の二元論だったはずである。
 次回以降も、大和朝廷の謎解きをすすめていこう。


posted by office YM at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

神道と世界最古の文明「縄文文化」47

 ●天皇と国家「古代史のなかのオオキミ」(5)
 倭国が国家としての基盤を固めつつあった3世紀半ばから5世紀の初めまで中国の文献に倭国にかんする記述がなく、したがって、この時代は「空白の4世紀」と呼ばれる。
 この時期は、国家的モニュメントである前方後円墳が、全国規模でさかんにつくられた古墳時代の前半期にあたる。
 正確には、女王壹與が、晋の皇帝(武帝)に朝貢した266年から倭の五王(讃、珍、済、興、武)が中国に朝貢を再開する413年までの150年ほどで、このかん、倭国の文字が見える歴史史料は『高句麗広開土王碑の碑文』があるだけで、そこには、倭の勢力が朝鮮半島北部近くまで押し寄せて来た(391年)とある。
 高句麗好太王碑の碑文によると、新羅や百済とむすんで高句麗と戦っていた倭国は、朝鮮半島における軍事勢力として中心的な役割を果たしており、それが、倭と百済の連合軍が新羅と唐に破れる白村江の戦い(663年)までつづく。
 このことから、倭国は、当時、相当の国力を有していたことがわかる。
 3〜4世紀の天皇は、三韓征伐の神功皇后(第十四代仲哀天皇の后)、第十五代応神天皇、第十六代仁徳天皇の3人で、応神天皇の母で、武内宿禰とともに新羅や百済、高句麗を降伏させ、70年間にわたって皇太子(応神天皇)の摂政としてみずから政治をとった神功皇后および善政(「高き屋にのぼりて見れば煙立つ民のかまどはにぎはひにけり」)を敷き、大規模な土木工事をおこなった仁徳天皇はよく知られている。
 ところが、大和朝廷の成立において、大きな役割をはたした豪族、とりわけ朝鮮半島における倭国(軍)の主軸をなしていたはずの豪族についてはあまり知れられていない。

 大和朝廷は、豪族の連合政権で、大王は、豪族連合のバランスの上に成り立っていた。
 時代はやや下るが、大伴金村が「任那4県」を百済に割譲(512年)した25年後、金村の子、盤と狭手彦が任那を救援(537年)し、さらにその25年後の562年、狭手彦が高句麗軍を破っている。
 物部氏も、盤井の乱(528年)で、物部麁鹿火が大伴金村とともに筑紫の国造盤井を討っていることからわかるとおり、古墳時代は、豪族(氏)の時代でもあった。
 大和政権は、5世紀には、大王を中心として、大和周辺を基盤とする豪族の連合体として、九州から東北地方南部に至る広い地域を支配するようになる。
 その支配体制の根幹となったのが、大王のもとに、中央貴族や地方豪族を統一する氏姓制度であった。
 氏姓(しせい)制度は「氏姓(うじ・かばね)の制」ともいい、大和朝廷が授ける官位(氏姓)によって、中央貴族や地方豪族が天皇の下に系列化されることになったばかりか、血縁者以外の被征服者や従属者も大和朝廷の構成員にくわえられるようになった。
 さらにこの氏姓制度が、世襲されるにいたって、やがて、天皇を中心とした壮大なる秩序の体系ができあがり、これが、権威(天皇)と権力(摂政・幕府)の二元論の源になってゆく。
 日本が同属国家・家族国家となった原点が、この氏姓制度で、氏の代表者である氏上(うじのかみ)は、氏人(うじびと)を率いて大和政権にくわわった。
 この過程で、しばしば行幸がおこなわれたのは前回ふれたとおりで、大王が氏上の地を訪れたのは、氏族の結束を固め、氏族を大和朝廷にとりこむ二重の効果を効果を狙ってのことだった。

 大王が、大和朝廷をまとめあげたのは、圧倒的な力をもっていたというよりも、連合体の中心軸だったからで、豪族たちは、天皇中心の力学(円環の論理)にしたがって、すすんで大王に服従して、その結果、大和朝廷という大帝国ができあがったのである。
 それが全国で5000基にのぼる前方後円墳の秘密で、豪族は、みずからの安全と発展をねがって、大和朝廷のモニュメントである前方後円墳をつくったのである。
 有力豪族には、蘇我氏(祖は武内宿禰)、物部氏(祖神は饒速日命)、中臣氏(藤原氏。天児屋命を祖とする)、大伴氏(物部氏に並ぶ名族)、息長氏(神功皇后・継体天皇をうんだ家系)、吉備氏(吉備国の名家。ヤマトタケルの母系)、葛城氏(祖は武内宿禰)のほか、平群氏、巨勢氏、阿倍氏、春日氏、上毛野氏などがいる。
 持統天皇が祖先たちの墓記(オクツキノフミ)を献上させた豪族にはほかに大三輪氏、雀部氏、石上氏、石川氏、膳部氏、紀伊氏、羽田氏、佐伯氏、采女氏、穂積氏、阿曇氏などがおり、大和朝廷が、畿内・地方の多くの豪族集団にささえられていたことがわかる。
 身分制度には、臣(おみ)と連(むらじ)があって、天皇の血筋である臣には、葛城や蘇我、出雲がおり、天皇家とは祖先がちがう連には、物部や大伴、中臣がいた。
 ところが、氏姓や臣連は、かならずしも安定的に機能せず、やがて、蘇我氏の専横から崇峻天皇の弑逆という大事件がおきる。
 天皇を中心とした身分制度は聖徳太子の冠位十二階までまたねばならない。
 次回は蘇我氏と推古天皇、聖徳太子の歴史的存在意義にふれよう。
posted by office YM at 09:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする