2019年01月25日

「天皇の地位」E

 国体・神道・祭祀
「天皇の地位」E
 神道には、死にたいする深い思索がない。
 というより、死という概念が存在しない。
 ギリシャ神話も、日本の神話と同様、死は脇役で、そこでくりひろげられるのは、神々の愛憎のドラマである。
 古代ギリシャの哲学者エピクロスは「生あるうちに死はやってこず、やってきたときには気がつかない」といったものだが、それが、多神教世界における死生観だった。
 人々は、生きることだけに精一杯で、死について考えなかった。
 この世は、生きとし生けるものだけのもので、死は、除外されている。
 神道やギリシャ神話に死がないのは、死は、生の舞台に必要がなかったからで、かつて、人々は、死という観念が存在しない天地をおおらかに生きていたのである。
 人々が、死について考えるのは、宗教がうまれたのちのことである。
 それまでは、死という事実はあっても、死が意識化されることはなかった。
 死や死の観念、死の恐怖、死後の世界、死からの救済という考え方をつくりだしたのは、ユダヤ教やキリスト教、仏教や儒教などの一神教だった。
 一神教は、天国や疑獄、輪廻を発明して、世界の絶対的な支配者になった。
 死に気づいたからには、だれも、死の恐怖から逃れられない。
 人々は、神への信仰をとおして、死のとりことなった。
 神は、信仰と死の恐怖を取り引きして、牧歌的だった多神教の世界を暗黒の一神教世界へぬりかえてしまったのである。
 人々は宗教の奴隷となって、一方、教会や教団は、強大な権力と大きな富をえた。
 ヨーロッパでは、教会が、死と神を商売の道具にして、大衆から権力までをとりこんでしまったのである。
 
 一神教は一元論である。
 それが、キリスト教以後のヨーロッパ的な世界像で、西洋合理主義も、元をただせば、絶対専制や科学主義、ロゴス主義の一元論へゆきつく。
 近代ヨーロッパをつくったのはキリスト教=一元論だったのである。
 一方、多神教は、多元論で、ヨーロッパ的な一元論的世界とは、まったくの別世界である。
 それが神道の万葉世界で、多元的で多様性にとみ、変化や奥行き、柔軟性をもっている。
 ギリシャの神々は、一神教に滅ぼされて、ヨーロッパは、絶対的な一元論に塗りつぶされたが、日本では、神道が、仏教や儒教をのみこんで、数千年にもわたって、独自の宗教観や世界観、価値観をまもってきた。
 ヨーロッパと日本のもっとも大きなちがいが、王政と天皇であろう。
 ヨーロッパの王政は、権力で、世俗にある。
 日本の天皇は、権威で、神域にある。
 日本は、神域と世俗の二元論だが、ヨーロッパの絶対主義は一元論だった。
 一元論の世界は、王や絶対神への服従、圧制と弾圧、搾取という救いのない暗黒世界である。
 一元論は、同じ価値観をもちあうことで、他のあり方をみとめない。
 正義や正当、聖なるものが一つしかないため、永遠に内ゲバがつづく。
 一神教では、カトリックとプロテスタント、唯一神ヤハウェをめぐるキリスト教とイスラム教のようにいがみあって、宗教戦争は凄惨なものだった。
 仏教や儒教も、人格神による創唱宗教で、人間の頭で考えたことである。
 頭で考えたことが一元論になるのは、人間は、一つのことしか考えられないからである。
 儒教の「天の思想」も仏教の涅槃も、観念論で、一元的な教条主義である。
 ところが、八百万の神々とともにある自然も現実も、多元的にできている。
 多元論は、自然が考えだした現象や法則で、人間の頭では追いつかない。
 神道は、森羅万象、八百万の神々への崇拝で、きわめつけの現実主義である。
 現実主義というのは、生活や身体、日々の糧、現在性などのことで、観念や空想から切り離されている。
 一神教が観念の宗教なら、神道は、現実主義の宗教で、神道に経典や教義がないのは、観念が不在だからである。
 そこに、神道における祭祀の位置づけがある。
 祭祀は、聖と俗、現世と常世、人と神、日常と非日常を分かち、融合させる儀式で、それが、神道の本質である。
 神道は、神に祈るのではなく、祈りを祈ることで、祈ることによって、現世や人、俗や日常をこえた地平がひらける。
 神道における祭祀は、一神教における祈りとは異なる。
 一神教の場合、祈る対象が神で、キリスト教において、祈りが神との契約といわれる所以である。
 神道の祭祀は、自然との合一で、その場が神籬(ひもろぎ)である。
 自然との合一は、神霊とともにあるということである。
 神道で、清浄をなにより大事にするのは、そのためである。
 次回も、天皇の地位をめぐって、多元論と祭祀の議論をすすめていこう。

posted by office YM at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする