2020年01月31日

伝統主義と民主主義D

四捨五入≠フ民主主義と弱者救済≠フ君民一体B
 ●民主主義は四捨五入≠フ論理
 伝統国家と革命国家のちがいは、歴史が否定されたか否か、である。
 日本は、伝統国家で、歴史が否定されることなく、国体として残っている。
 歴史にもとづく秩序の体系が権威で、人々は、権威に敬意をもって従う。
 権威は天皇で、権力は、天皇の親任のもとで、治世にあたる。
 西洋のデモクラシーにあたるのが日本の「君民一体」で、少数や弱者が尊重されるのは、民は天子(天皇)の赤子(せきし)だからで、君民一体は、政治制度であること以上に、歴史や伝統、文化やモラルの反映でもあった。
 一方、歴史を否定した秩序の体系が権力で、人々は、恐怖や力ずくで権力に従わせられる。
 この力ずくは、軍事力のことで、かつて、絶対王権や専制政治、共産主義やファシズムをささえた。
 現在は、軍事力が多数決にかわって、これが、民主主義と呼ばれている。
 日本人は、民主主義を、人類が最後にたどりついた最高の政体と思いこんでいる。
 だが、民主主義も、軍事力が投票に代わっただけの全体主義である。
 民主主義は、そもそも、革命の産物で、中国の国名が「中華人民共和国」で北朝鮮は「朝鮮民主主義人民共和国」である。
 民主では、国がもたない中国では、民主主義の代わりに人民として、人民の代表が人民政府(中国共産党)ということにしてある。
 民主主義が全体主義というのは力の支配(軍事力)≠ェ数の支配(多数決・少数派切捨て)≠ノ代わっただけだからである。
 力や数による国家統一は、歴史や伝統をふまえないヒトラーやスターリンのやり方で、かれらは、民主主義の信奉者だった。
 軍事力による支配も、民主主義による支配も、ただの政治手法で、フランス革命のギロチン政治、ロシア革命の粛清、文化大革命の大殺戮と、民主の名のもとで、すさまじい恐怖政治がおこなわれた。
 わたしが多数決に立つ民主主義を四捨五入≠フ論理と呼ぶのは、多数派を全体の意志として、少数派をバッサリと切り捨てるからである。
 民主主義が多数決という「数の論理」なら、君民一体は、調整や談合などの「文化の論理」で、君民一体には、善やモラル、分相応や相身互い、和の精神や惻隠の情などがふくまれる。
 しかも、少数派や弱者へやさしいまなざしがむけられている。
 奈良時代、病人や孤児の保護や治療、施薬などをおこなう施薬院や悲田院を建てられたのは、光明皇后(第45代聖武天皇后)で、天皇の弱者救済思想の一つのあらわれであったろう。

 主権や国民についても、数々の誤解や誤認がある。
 憲法前文では、主権にかんして、二通りの使われ方がされている。
 一つは「主権が国民に存することを宣言――」でもう一つは「自国の主権を維持――」である。
 これでは、主権が国民にあるのか、国家にあるのか、わからない。
 しかも、国民が、国民一人ひとりをさしているのか、国民総体をさしているのかが不明である。
 日本の書籍や論文で、国民が単数(一人)なのか複数(総体)なのか明らかにしたものは一つもない。
 理由は、当のルソーがあいまいにしているからである。
 ルソーは、希代の詭弁家にしてパクリ屋というのが世界的評価で、詐話師のマルクスと並んで評判がわるい。
 ところが、日本では、GHQの公職追放で、大学を追われた良心的日本人に代わってはいりこんだ左翼・共産主義の教授が、マルクス主義やルソー主義をふりまわして、日本人を洗脳した。
 欧米のインテリに保守が多いのにたいして、日本のインテリに左翼が多いのはそのせいである。
 ちなみに、ルソーの詭弁にユダヤの経典(タルムード)をかけあわせたのがマルクスの資本論である。
 ルソーがパクリ屋というのは、民主主義はソクラテスの古代ギリシャ、社会契約説はホッブズ、一般意志は「自然法」や「神の意志」からのパクリだったからで、しかも、すべて、真意をねじまげている。
 ソクラテスは、民主主義は衆愚政治で、多数派の独裁だと批判して、権力と民衆の怒りを買い、死刑判決をうけて自殺した。
 民主主義をたたえたことはいちどもなかった。
 ホッブズは、自然状態を悪としたが、ルソーはこれを善として、自然に帰れと叫んだ。
 一般意志は、神の意志を、政治の意志にすりかえたものだが、「人類の思想のなかでもっとも邪悪でおそろしいのは一般意志への服従」(バーリン)と痛烈な批判を浴びた。
 事実、フランス革命期、恐怖政治によって反対者を大量に処刑したジャコバン派のロベスピエールは「ルソーの血塗られた手」と呼ばれる。
 ルソーを手放しで礼賛するのは日本の新聞記者やインテリだけである。
 ヒトラーやスターリンら独裁者に利用されてきた「一般意志」が反映されているのがフランスの革命憲法(1791年)である。
 第3条で人民主権を謳い、第6条で「一般意志」が宣言されている。
 そして、それらがそっくりコピーされたのが日本国憲法である。
 GHQのニューディーラーが、わずか9日間で、日本の憲法をつくることができたのは、フランスの1791年憲法をコピーしただけだったからである。
 日本人は、ルソーがでっちあげた民主主義や国民主権、一般意志の騙しから目を覚まして、伝統国家の自覚を深くしなければならないのである。

posted by office YM at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする