2020年10月03日

 反官僚の菅政権に期待するB

 ●オカルト化している日本学術会議
 本ブログで、なんども、日本の学会とりわけ国立大学の特殊性にふれてきた。
 GHQの「公職追放令」によって、多くの学者が、国立大学から追放された。
 その後釜に入りこんだのが、逆に、そのGHQから優遇されたマルクス主義者だった。
 かくして、日本の国立大学は、ほとんどがマルクス学者という世界に珍なる光景となったが、これには、さらに続編がある。
 日本の学会は、世襲制で、前任者が後任者をきめる仕組みになっている。
 この仕組みによって、世界で、マルクス主義がとっくに滅びてしまったにもかかわらず、日本の学会のみが、逆に、マルクス学者がふえつづけているのである。
 マルクス主義者は、過去を否定するので、歴史からなにも学ばない。
 ひたすら、マルクス文献を奉るだけだが、マルクスの思想は、ルソー主義にユダヤの教え(タルムード)をくっつけた代物でしかない。
 したがって、マルクス学者の知恵は、底の浅いこと、この上ない。
 しかも、唯物論と革命主義の合体は、イスラム過激派と同様、危険きわまりない。
 唯物論というのは、神の否定で、革命主義は、過去の破壊と殺戮である。
 人間が神になって、歴史を断罪するとあって、一種の宗教戦争でもある。
 かれらは、無神論を唱えつつ、人間を神の座に据えて、聖なることばを唱えつづける。
 これが、日本の学会を支配しているマルクス教で、聖なることばというのは「平和」「自由」「戦争反対」「憲法9条」である。
 学者なら、論理があってよさそうなものだが、かれらは、念仏のようにこの4つのことばを唱えるだけである。
 日本の学会は、すでに、カルト教へ転落しているのである。

 菅首相が、推薦された学者の6人を、日本学術会議の会員に任命しなかったことがマスコミ批判を浴びているが、この6人は札付きの反日主義というより「マルクス教」の信者である。
 こんな者たちが学者の国会≠ニいわれる日本学術会議を牛耳るようなことになれば、日本は、滅びるしかない。
 これまで、日本学術会議は、軍事研究に協力しないという声明を出してきた(昭和25、42年、平成29年)が、NASA(アメリカ航空宇宙局)を例に挙げるまでもなく、軍事と科学は表裏の関係にあって、IT(通信技術)やAI(人工頭脳)、ロボットから5Gまで、基礎研究の部分で軍事技術の恩恵にあずかっている。
 軍事技術を否定すれば、文明から離脱しなければならなくなる。
 世界のだれもが、平和や自由をもとめ、戦争をきらい、おそれている。
 だからこそ、現実政治をとおして、戦争や不自由、貧困や飢えのない状態をもとめるのである。
 だが、マルクス教の信者らは、じぶんたちだけが平和の使徒で、他の者らは戦争にとりつかれた悪魔の手下と考える。
 もっともかれらの平和は、観念の平和で、もとめているのは、宗教的な法悦で、平和を願っているじぶんは正しいという自己満足が欲しいだけである。
 したがって、平和をもとめる現実政治には、ひたすら、憎悪をむける。
 日本学術会議の任命を拒否された芦名定道(京大教授/宗教学)らが立てた声明文には千人以上の知識人らが名をつらねている。
 
 声明文/「自由と平和のための京大有志の会」
 戦争は、防衛を名目に始まる。兵器産業に富をもたらす。すぐに制御が効かなくなる。始めるよりも終えるほうが難しい。兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。
 精神は、操作の対象物ではない。生命は、誰かの持ち駒ではない。
 海は、基地に押しつぶされてはならない。空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。
 血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。
 学問は、戦争の武器ではない。商売の道具ではない。権力の下僕ではない。
 生きる場所と考える自由を守り、創るために、私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。


 マルクス教の信者は、声明文の美辞麗句に酔って、雄叫びを上げる。
 戦争が大好きで、人民の命を虫けらのようにあつかう自民党を倒そう!
 こんな連中に学者の国会≠まかせてはならない。
 菅首相には、学者バカの日本平和狂、マルクス教にさらなる鉄槌を下してもらいたい。
posted by office YM at 22:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする