2021年03月01日

 天皇と民主主義 その6

 ●明治維新は革命かクーデターか
 明治維新は、革命だったのか、それとも、クーデターだったのか。
 この判定は、敗戦後のGHQ体制や戦後レジームの評価にもかかわってくる重大な問題である。
 左翼が明治維新を革命というのは、第二次世界大戦の敗戦を敗戦革命≠ニみてのことである。
 明治維新と先の敗戦を合わせて、レーニンのいう二段階革命がおきたといいたいのである。
 明治維新で封建体制を打ち破ったのちに、先の大戦に負けて、民主主義革命が実現されたという理屈である。 
 げんに、左翼や護憲派は、憲法学の宮沢俊義が唱えた「八月革命」論をいまなお信奉している。
 護憲派が八月革命論を支持するのは、憲法がそのバイブルになっているからである。
 日本の憲法では、国家主権が、すべて、国民主権にいれかわっている。
 これがフランス革命の「人権宣言」にあたると自画自賛する左翼もいるほどである。
 ちなみに、現行憲法には、国民と主権という文字が合わせて50回でてくるが、国家主権という文字は一度もでてこない。
事実上の国家主権である交戦権も否定されている。これは当然のことで、当時、日本は、被占領国で、武装解除されていた。
 したがって、1951年サンフランシスコ講和条約で日本が独立を回復した段階で、GHQ憲法を廃棄して、新憲法を制定すべきだった。
 ところが、左翼の抵抗と吉田首相が消極的だったこともあって、それができなかった。
 その意味で、現行憲法は、GHQではなく、左翼による押し付け憲法だったのである。

 左翼が、明治維新をブルジョワ革命とみるのは、封建体制が崩壊したとみるからである。
 代表的な論者が、大内兵衛や向坂逸郎ら労農派で、明治維新は不徹底ながらもブルジョア革命で、天皇はブルジョア権力にとりこまれたと論じた。
 これにいして、羽仁五郎ら講座派は、絶対的天皇制と封建性が残っているとして、革命論には立たなかった。
 だが、明治維新が、徳川幕府にたいする、薩長らのクーデターだったという見解をもつにはいたらなかった。
 戦後、羽仁五郎や遠山茂樹らマルキストの『明治維新』(岩波新書・書店)や『坂本龍馬と明治維新(ジャンセン)』、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が国民的ベストセラーになる一方、明治政権下の江戸幕府暗黒論がいきわたって、明治維新が輝かしい歴史的偉業ともてはやされた。
 明治維新は、徳川慶喜の協力で、わずか3年で達成されている。

 1867年 大政奉還 王政復古
 1868年 五箇条の御誓文
 1869年 版籍奉還(江戸城無血開城)


 明治維新は、徳川幕府と江戸300余藩が薩長土肥の下級武士による討幕の動きに応じて、早々に、政権返上を申し出たものである。
 それが、摂政や関白、幕府が権威である朝廷から権力をあずかる日本特有の政治機構で、徳川幕府もその伝統にしたがったのである。

 ところが、ここで、異変がおきる。
「大政奉還」がおこなわれた同年同日(1867年10月14日)、岩倉具視が「討幕の密勅」をデッチあげて、薩長に討幕をけしかけるのである。
 孝明天皇の徳川慶喜ににたいする信頼は厚く、大政奉還も、その信頼関係にもとづいたもので、慶喜にも、新体制の長に任じられるという自信があった。
 孝明天皇がきらっていたのは、むしろ、禁門の変で、京に火を放ち、御所に発砲した長州だった。
 その孝明天皇が、慶喜が大政奉還したその日、薩摩と長州に討幕の密勅≠発するわけがない。
 明治維新を倒幕運動へ変質させたのは、岩倉具視の謀略だが、その総仕上げとなったのが戊辰戦争だった。
 戊辰戦争は、新政府が、徳川慶喜を政権から排除して、辞官納地を要求したことにたいする旧幕臣や会津・桑名両藩士らの憤激を端に発する。
 慶喜は、1868年1月、旧幕兵や会津・桑名の藩兵を率いて京にむかったが、これを迎え撃ったのが、薩長両藩を中心とする新政府軍(官軍)であった。
「鳥羽・伏見の戦い」から戊辰戦争がはじまるが、これらの内乱と明治維新となんのかかわりもない。
 あったのは、薩長とりわけ「長州征伐」や「禁門の変」にたいする長州の遺恨だった。
 会津戦争における長州軍の強姦や強奪、無差別殺人、遺体の埋葬禁止などの残虐非道ぶりは、いまなお語り継がれているが、すべて、禁門の変で、京都守護役の会津藩(松平容保)に鎮圧された恨みである。
 現代でも、明治維新は、徳川を滅ぼして、近代をつくりあげた薩長の偉業ということになっている。
 次回以降、薩長政権の虚構と謀略にふれつつ、天皇を政治利用した明治維新の実体に迫っていこう。
posted by office YM at 16:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする