2017年11月24日

神道と世界最古の文明「縄文文化」24

 ●伝統としての天皇と神話
 日本において、皇位の簒奪が不可能だった理由は、皇位が、制度ではなく、伝統だったからである。
 伝統は歴史という時間軸のなか、制度は現在性という平面軸のなかにある。
 皇位は、歴史のなかに用意された玉座であって、歴代天皇はそこへお座りになられた。
 天皇は、空間的存在ではなく、歴史的存在なのである。
 わが国で、天皇にとって変わろうとするものがでてこなかったのは、制度が歴史をこえることができなかったからで、歴史=伝統が天皇を支えてきたのである。
 伝統は、歴史をつうじて後代へ受け継がれていくもののうち変更が不可能な文化で、神話や宗教、血統や祭祀のほか、習慣や習俗、思想や芸術などもふくまれる。
 伝統の対極にあるのが、革命や進歩、自由や平等、民主主義などの近代思想である。
 これらは、変更が可能というよりも、社会の変革や改革、伝統破壊を目的とした文化である。
 極端なケースが暴力革命だが、民主主義や改革も同じ線上にあって、伝統の価値をみとめないばかりか、改革の抵抗や妨害者と見て、敵視する。
 改革主義に対抗するのが保守主義である。
 伝統と保守主義は同じ陣営にあって、ともに革命や改革主義と対抗する。
 革命や改革主義がなければ、伝統をまもる保守主義も右翼もうまれなかったろう。
 保守主義や右翼、民族派は、フランス革命やロシア革命を全否定する。
 そして、神話であろうと実史であろうと、歴史を全肯定する。
 それが、伝統主義に立つ右の陣営の根本思想である。

 天皇の伝統や権威、根拠が歴史にもとづくのはいうまでもない。
 その一つに、神武以来、万世一系の血統が維持されてきた皇紀2600年をあげることができる。
 そして、もう一つあげられるべきは、日本書紀がつたえる「三つの神勅」の神話である。
「三つの神勅」は、天孫ニ二ギノミコトが高天原から葦原中国に天下られるに際して、天照大神から賜った三つのお告げである。

『宝祚無窮(ほうそむきゅう)の神勅』
 葦原千五百秋瑞穂の国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。爾皇孫、就でまして治らせ。行矣。宝祚の隆えまさむこと、当に天壌と窮り無けむ。
 秋に稲穂が実る葦原瑞穂の国(日本)は、わが(天照大神)の子孫が治めるべき地である。我が子よ、行って治めなさい。天孫が継いでいく限り、この天壌(天と地)はけっして窮することがありません。
『同床共殿(どうしょうきょうでん)の神勅』
 吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。与に床を同くし殿を共にして、斎鏡をすべし。
 わが子よ、この鏡をわれ(天照大神)と思ってみなさい。そして、この鏡を宮殿内に安置し、お祭りの神鏡にしなさい。
『斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅』
 吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし。
 わが(天照大神)高天原に実った神聖な田の稲穂を、わが子に授けよう。

「三つの神勅」は日本書紀に記された神話であるが、その神話が、天皇や宮中祭祀、神道、米づくりなど、日本という国家や国体の根幹とむすびつき、日本精神や日本的な価値観のようなものをつくりだしている。
 新嘗祭の起源とされているのが『斎庭の穂の神勅』である。
 日本では、古くから五穀の収穫を祝う風習があった。
 宮中祭祀としての新嘗祭が最初におこなわれたのは、飛鳥時代の皇極天皇の御代とつたえられるが、収穫祭の起源はもっと古く、穀物の収穫や備蓄が安定的になって、集落規模も大きくなった縄文晩期から弥生時代にかけてであったろう。
 収穫祭は新嘗祭の原型である穀霊祭でもあって、祭祀主が新穀を天神地祇に供え、みずからもこれを食して、その年の収穫に感謝する。
 当時、穀物の実りは最大の関心事で、穀霊がアニミズムなら、穀霊に祈りを捧げる祭祀主はシャーマンであったろう。
 縄文晩期から弥生時代にさしかかる紀元前10世紀頃、新嘗祭の原型となる収穫祭(穀霊祭)がおこなわれていたと思われる。
 それが日本書紀に記された「三つの神勅」神話とふれあっている。
 縄文時代の素朴な信仰心が、穀霊祭をとおして、神道へ近づいていった。
 自然(穀霊)崇拝のアニミズムが新嘗祭へ、穀霊祭の祭主としてのシャーマニズムが天皇へとうごいて、日本の国体の原型が徐々にできあがってゆくのである。
posted by office YM at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする