2018年02月26日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」34

 ●天皇と国家「勅と法」(5)
 天皇陛下の退位の儀式(退位礼正殿の儀)は2019年4月30日に皇居で国事行為としておこなわれる。
 国民主権と象徴天皇制を定める憲法との整合性に配慮して、天皇がご自身の意思で皇位を譲ることを宣する「宣命」はおこなわれず、国民の代表たる首相が、国会が定めた特例法にもとづいて、陛下が退位される旨を表明する。
 陛下がおことばを述べられるのは、首相が天皇退位を宣言した後で、それも政治的な内容をふくまぬよう宮内庁や政府が慎重に調整するという。
 天皇がご自身の意思で皇位を譲る形になれば、天皇の国政関与を禁じた憲法4条にふれるからである。
 といっても一昨年7月、NHKが「天皇陛下が生前退位のご意向」と報じた翌月の8月8日、天皇陛下が譲位をにじませるビデオメッセージを公表された段階で、この原則は破られている。
 摂政を置くことを定めた憲法第5条があるにもかかわらず、天皇のご発言によって、皇位継承について定めてある皇室典範を改正せざるをえなかったからで、これが、今上天皇の一代に限って「生前退位」を認める特措法にかわったところで、天皇のご発言が政治をうごかした事実にかわりはない。
 そして一方、退位が、国民主権と象徴天皇制を定める憲法や国会が議決した特措法に縛られることによって、天皇が政治にコントロールされるという逆の事態も生じた。
 天皇の政治への関与が、政治の天皇への干渉を招いたわけで、国体と政体のもたれあいが、権威(天皇)と権力(政府)の二元論を危うくするのは、天皇を国家元首に据えた明治憲法から天皇に軍服を着せた昭和軍国主義まで、同じ構造である。
 国体と政体の二元論は、天皇と政府、権威と権力の癒着を避ける役割をはたしてきたのだが、これが一元論的になると、天皇の政治利用、天皇の権力化に歯止めがきかなくなる。

 もともと、超越的・超法規的存在である天皇を憲法のなかに封じ込めようというGHQの対日戦略が無謀で、そのGHQ憲法を70年間もひきずってきた怠惰のツケが、天皇退位に臨んで回ってきたといってよい。
 2013年、80歳を迎えた誕生日の記者会見で陛下は「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法をつくり、さまざまな改革をおこなって、今日の日本を築きました」と護憲の意思を明らかにされた。
 陛下が皇太子時代、家庭教師だったヴァイニング夫人は、リベラルな傾向をもつクェーカー教徒で、1969年、ベトナム反戦デモに参加して、ワシントンの国会議事堂前で逮捕されている。
 ヴァイニング夫人の影響をおうけになった陛下がいかにリベラルなお考えをもたれようと、国体と政体の二元論が成立しているかぎり、政治は影響をうけない。
 ちなみに天皇のお考えを御心というなら、歴史をつらぬく皇祖皇宗の真実が大御心で、葦津珍彦は「陛下がまちがったことを仰せになったら大御心だけに耳を傾けて、御心には耳をふさぐこと」とのべている。
 しかし、国体と政体の二元論が崩れると「天皇の御心」と「権力の意思」が政治の場と国体の場の二箇所でぶつかりあうことになる。
 一元論においては、真実は一つしかないので、一方が一方をつぶしにかかる。
 明治以降、とりわけ、昭和の軍国主義時代は、権力が肥大して、権威の影が薄くなった。
 権威たる天皇が権力の象徴たる軍服を召されたからである。
 天皇を現人神として神格化する必要が生じたのは、そのためで、権力とバランスをとろうとしたのである。
 それが天皇ファシズムで、天皇の政治利用のきわめつけであった。

 二元論では、真実が二つあるので、権威と権力は両立しつつ、ささえあう。
 国家を木にたとえるなら、権威は根で、権力は幹や枝、葉である。
 権威と権力が二元論的にはたらいて、国体も政体も安定する。
 ところが、今回の天皇陛下の退位は、その原則がはたらかなかった。
 天皇のおことばが政治をうごかし、結果として、退位の儀式が政治化されるという経緯において、権威と権力の分離という歴史の英知は、どこにもはたらかなかった。
 理由は、憲法が一元論のきわめつけだったからである。
 憲法99条にこうある。
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」
 天皇以下、すべての日本人に土下座をもとめる憲法という紙切れには、共産主義革命のスローガンとなった国民主権やアメリカ民主主義、敗戦国の罰則としての武装解除、国家主権の自己否定がつらつらと書き並べられている。
 ほとんどマンガだが、現在、日本では、憲法が「神聖ニシテ侵スヘカラス」ものになっている。
 大日本帝国憲法第3条(「天皇の神聖不可侵」)が天皇から憲法へそっくり入れ替えられているのである。
 次回以降、憲法と天皇の関係をもう一歩つきつめて考えてみよう。
posted by office YM at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする