2018年07月23日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」53

 ●天皇と国家「古代史のなかのオオキミ」(11)
 縄文の遺伝子というべきアニミズム(八百万の神々)やシャーマニズム(神との交信)が、紀元前千年前後と思われる稲作の伝来にともなう穀霊祭や収穫祭と合流して、天皇の原型というべき祭祀王が誕生した。
 神武天皇が即位した紀元前660年から欠史八代、第十代崇神天皇にいたる千年におよぶ天皇の古代史は、神話と実史の綯い交ぜで、崇神天皇の四道将軍派遣にいたるまで、神武以来の天皇は、大和という一地方の霊神だったはずである。
 崇神天皇は、3世紀から4世紀初めにかけて実在した大王ととらえる見方が有力で、記紀に記された事績の類似性にくわえ、諡号の共通性から神武天皇と同一人物とする説もある。
『日本書紀』における神武天皇の称号『始馭天下之天皇』と崇神天皇の称号である『御肇國天皇』はどちらも「はつくにしらすすめらみこと」と読めるからである。
 大和朝廷の黎明と邪馬台国の末期が年代的に重なるところから崇神を「卑弥呼の後継の女王だった台与の摂政」「『魏志倭人伝』に記されている卑弥呼の男弟」とみる説のほか、卑弥呼を、崇神に仕えた倭迹迹日百襲姫命(第7代孝霊天皇皇女)とみる説もある。
『日本書紀』に百襲姫の墓と記されている「箸墓」は、全国で最古・最大級(全長約280M・後円部の直径が約150M)の前方後円墳で、これを卑弥呼の冢に比定する説がある。
 根拠は、年代の一致と『魏志倭人伝』に記されている「倭国の女王卑弥呼の墓は径百余歩」という記述で、径百余歩は約150Mである。
 卑弥呼が、崇神を操った百襲姫だったのなら、日本は、古代から、巫女というシャーマンが大きな力をもっていた国ということになる。

 卑弥呼から台与、百襲姫や神功皇后、推古天皇ら8人の女性天皇は、巫女の系統で、皇統の男系をまもる男性天皇は、巫女の援けをうけてきた皇胤の系統といえる。
 それが、万世一系で、男系をたどってゆけば、神武天皇にゆきつくところに天皇の権威がある。
 天皇の権威がどこから生まれたのか、それが、古代史の最大の謎であった。
 その謎を解くカギの一つが万世一系(皇位の男系相続)だろう。
 女系相続なら、婚姻のたび、祖先が婿方(Y染色体)へ替わってしまう。
 祖先をたどることができるのは、父から息子へつたわるY染色体だけだからで、XとYの両方の染色体をもっているのは、男性だけである。
 女性(X染色体×2)はY染色体をもたないので、天皇が女系になった場合は、女性天皇の相方が、たとえば、外国人なら、天皇の祖先が、その外国人のY染色体をたどって、海のむこうのとんでもないところにいってしまう。
 皇室の祖は、イザナギから天照大神、ニニギの尊、神武天皇へつづく神話の系統で、日本人は、その神話を共有することによって、日本人たりえている。

 ヨーロッパの王権は、武力や政治、神授説の産物で、一元的にできている。
 日本の場合、権力(摂政・院政・幕府)と権威(天皇)の二元論で、権威は権力をささえ、一方、権力は、みずからの権力の正統性(レジティマシー)を権威にもとめる。
 血統相続による皇胤は、権力で奪うことができないので、これを権威として立て、権力と並立させ、権力の安定に役立たせたほうが得策だった。
 権力が天皇を立ててきたのは、そのためで、天皇の権威は、権力がつくったともいえるのである。
 天皇の権威は、天皇が生来的にもっているものではなく、権力が必要としたためにうまれたもので、権威は、二次的な文化的産物といえる。
 血統という歴史の連続性や伝統、言語や習俗も文化で、権力に文化的な要素がなければ、民を安んずらせ、国を治めることはできない。
 権威を立てることによって、権力は、文化という新しい鎧を身に着けることができる。
 それが日本の伝統的支配構造で、権力には、武の一元論に立つヨーロッパ型のほかに、文武二元論の日本型があるのである。

 日本史において、天皇が神だったことはいちどもなかった。
 政治権力をふるった天皇も、皇親政治の第40代天武天皇や平安京の遷都をすすめた第50代桓武天皇、西日本を勢力下においた朝廷が東日本を勢力下におく鎌倉幕府執権(北条義時)討伐の兵を挙げた後鳥羽上皇の承久の乱(1221年)、鎌倉幕府を討滅して天皇親政による復古的政権を樹立した後醍醐天皇の建武の新政(1333年)があるにすぎない。
 天皇は、権力者どころか、飾り物で、摂政や院政がはじまると、天皇はあたかも皇太子のような存在になってゆく。
 その典型が幼帝で、摂関家や上皇・法皇が、みずからの権力をふるうために幼い天皇を利用したのである。
 第56代清和天皇(即位9歳/藤原良房が政治の実権)、第66代一条天皇(即位7歳/摂政・藤原兼家)、第73代堀河天皇(即位8歳/摂政・藤原師実)、第74代鳥羽天皇(即位5歳/白河法皇が院政)、第80代高倉天皇(即位8歳/父・後白河院が院政)、75代崇徳天皇(即位4歳/鳥羽天皇が院政)、第76代近衛天皇(即位3歳/鳥羽天皇が院政)らが幼帝で、天皇は、権力の道具になっていった。
 江戸時代、禁中公家諸法度に縛られた天皇は、明治維新後、一転して、主権者にして現人神というとんでもない存在に仕立てられてゆく。
 次回は、幕末の復古神道から狂気をはらんだ軍人勅諭へ、天皇の政治利用の軌跡を追っていこう。

posted by office YM at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする