2018年07月30日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」54

 ●天皇と国家「古代史のなかのオオキミ」(12)
『国体の本義』を著した国学者の山田孝雄は、国体を空気にたとえた。
 国体は、空気のようにあたりまえの存在なので、とりたてて、意識できないというのである。
 国体と同様、天皇と神道も、日本人の無意識のなかにひそんでいる。
 日本人にとって、きわめて重要な文化的概念で、圧倒的な心的影響力をもちながら、あまりにも、歴史的・民族的な普遍性が高いので、却って、意識することができないのである。
 無意識という雲の上にあった神道や天皇が、国家の宗教的支柱や現人神として、国民から意識されるようになったのは、けっして、古い話ではない。
 明治政府の国家神道が、神社を国家の丸抱えにした神道の政治利用だったのなら、現人神はもっと新しく、2・26事件で、皇道派将校19人が銃殺刑になって、統制派が、荒木貞夫や真崎甚三郎ら皇道派の重鎮をすべて追放したのちのことである。
 統制派は、戦陣訓や軍人勅諭をもちだして、みずから、天皇の官僚・軍属であることをアピールし、東条英機などは「生きて虜囚の辱を受けず」(陸訓一号/1941年)などの訓令をだして、玉砕や自決による日本兵の大量死をまねいた。
 明治の軍隊は、海軍の薩摩、陸軍の長州と薩長閥だったが、西郷隆盛の下野と西南戦争における敗死、紀尾井坂の変の大久保利通の暗殺によって薩摩閥は勢いを失い、政界・軍部ともに、伊藤博文や山縣有朋ら長州閥の独り勝ちとなった。

 これに反発したのが、政界や財界とむすんで、軍部の影響力を強めていった統制派で、その代表が、永田鉄山陸軍少将や東條英機陸軍大将だった。
 政・官・財界と組んで力をつけてきた統制派は、皇道派や薩長閥を排除して栄達の道を歩みはじめるが、薩長閥のような実績や人脈がなかった。
 そこで、かれらが権力の正統性としたのが、天皇と学歴だった。
 永田鉄山は、陸大をトップででて恩賜の軍刀を贈られているが、東条英機も丸暗記で有名な勉強家で、陸大をトップに近い成績で卒業している。
 知将今村均、猛将山下奉文、賢将石原莞爾が冷や飯を食わされたのは、日本の軍部が、陸軍士官学校や陸大、海軍兵学校の成績順位だけで、軍人の身分をきめていったからで、連合艦隊参謀長の宇垣纏は、海軍兵学校や海軍大学校の卒業順次がじぶんより下の者へ、敬礼も返さなかったという。
 昭和の日本軍は、極端な偏差値社会だったわけで、薩長の出身者がほとんどいなかった当時の軍事エリートは、勉強はできたが、薩長とは比べものにならないほど戦争が下手だった。
 中国大陸侵攻や南洋島嶼作戦は、陸軍と海軍が予算を分捕るためにおこした意味のない戦争で、その一方、サイパン島・硫黄島の要塞化など、本土防衛に必要だった作戦はなに一つ実行に移されなかった。
 日本は、統制派の狭量と権力主義、官僚主義のために戦争に負けたのである。
 旧日本軍上層部のでたらめをささえたのが「承詔必謹」で、十七条憲法第3条「詔を承りては必ず謹め」(君主がいうことに臣下はしたがえ)を借りてきて、国民は天皇の命令に逆らってはならないとした。
 これは、とんでもない誤りで、聖徳太子の時代の豪族(氏族)政治において、氏上や民たる氏子はいたが、国民などおらず、氏子とて、天皇との接点はなかった。
 承詔必謹は、臣下や官僚、地方豪族にたいするもので、かれらは、群卿百寮(第8条)、群臣百寮(第14条)と名指しされている。
 国民という概念は、大化の改新の「公地公民」からのもので、そこから50年近くも遡る聖徳太子の時代に、天皇が国民に「承詔必謹」を呼びかけるはずはない。
 昭和の軍部は、天皇陛下という号令に、だれもが、直立不動の姿勢をとって服従する現人神$_話を悪用して、数百万人の日本兵を死地に駆りだした。
「承詔必謹」はその悪夢の呪詛で、もっとも悪質な天皇の政治利用であった。

 漫画家の小林よしのりは「皇后さまの『承詔必謹』を見習うべし」としてネット上に以下の文章を載せている。
 皇后陛下の82歳の誕生日のお言葉を、産経新聞と東京新聞が全文載せていた。
 産経新聞は皇室のニュースを割と大きく報じて、いかにも尊皇心があるようなふりをする。
 ところが「承詔必謹」は全くない!
 それどころか、天皇陛下に平然と異議を唱える論客(逆賊)ばかりを紙面に登場させる。
 要するに自分たちの希望する「天皇像」に今上陛下は合致しないのである。
 Y染色体・男系血脈としての天皇を彼らは尊崇していて、個人としての天皇には興味がない。
 彼らの主張はこうだ。
 天皇は祭祀だけをしていればよい、公務は余計だ、御簾の奥に隠れてカリスマ性を保て、閉ざされた皇室が望ましい。
 天皇陛下が公務をなさり、国民に直接「お言葉」を伝えると、彼らは不愉快になるのだ。
 彼らは「承詔必謹」なきエセ尊皇家である
 皇后陛下でも、天皇陛下には、承詔必謹を心がける。
「私は以前より、皇室の重大な決断がおこなわれる場合、これに関わられるのは皇位の継承に連なる方々であり、その配偶者や親族であってはならないとの思いをずっと持ち続けておりましたので、皇太子や秋篠宮ともよく御相談の上でなされたこの度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました」
 この箇所は、8月8日の玉音放送を受けての、態度表明として非常に重大な言葉である。
 皇后陛下でも「承詔必謹」なのだから、国民も、国民の代表者たる国会議員も、本来は「承詔必謹」で臨まなければならない。
 それを悟らせるために皇后陛下は「謹んで承った」と仰ったのだろう。
 
 小林は、女系天皇論者で、男系祖先がどこの馬の骨とも知れぬ天皇に「承詔必謹」という絶対権力を与えよという。
 それでは、北朝鮮の主体思想(チュチェ思想=カリスマ崇拝)となにもかわらない。
 小林の尊皇は、長州藩のそれと同じで、天皇をギョク(玉)と呼び、御所に大砲を撃ちこみ、天皇の誘拐をくわだてる尊皇で、目的とするところは、天皇の政治利用にほかならない。
 万世一系という皇統の大原理を捨て、なお、尊皇というのは、天皇の政治的な利用価値のみを見ているからで、こういう輩は、歴史の真実ではなく、制度や機関として天皇をとらえているので、いつ反天皇に転じるかわかったものではない。
 小林は、天皇の御心に従わねば「承詔必謹」に反するという。
 だが、承詔必謹は、明治維新以降、とりわけ昭和軍国主義の産物で、天皇の政治利用の方便だった。
 日本は、承詔必謹をもって、戦争を遂行し、国体を危うくしたのである。
 葦津珍彦は、皇祖皇宗の大御心は、天皇の個人の意思よりも遥かに高い所にあって、万が一、天皇個人の御心が大御心に反した場合、これを諌めてもよいとのべている。
 葦津氏は、大御心は日本民族の一般意思ともいっているが、それが、天皇の祈りであり、象徴ということなのである。
 次回は、江戸国学の歪曲から現人神がうまれた経緯をみていこう。
posted by office YM at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする