2018年08月19日

 神道と世界最古の文明「縄文文化」57

 ●天皇と国家「古代史のなかのオオキミ」(15)
 私事になるが、過日、講演中に、聴衆の一人から「あなたは腹を切れるか」と問われた。
 明治維新以降、とりわけ、昭和軍国主義における「承詔必謹」および現人神信仰にたいして、わたしは、一つ疑問を呈した。
 皇祖皇宗の大御心と天皇の御意志に齟齬が生じた場合、これを諌めてもよいというのが歴史を重視する態度で、葦津珍彦は、天皇が世襲である以上、大御心も世襲であるとのべている。
 腹を切れるか云々は、天皇諫言論にたいする反発で、承詔必謹(「天皇の詔を承ったからには必ず謹め」)に異議を立てるなら、その覚悟はあるのかというのである。
 臣下が主君を諌める場合、死の覚悟をもって不忠を清算するのが諫死という考え方で、儒教にもとづく封建思想である。
 だが、民は、天皇の臣下だったことはなく、十七条憲法でも、承詔必謹の対象は豪族や官僚で、太子は群卿(豪族/第四条)や群臣(官僚/第十四条)ということばを使っている。
 そもそも、民という概念がうまれるのは、十七条憲法から40年下った大化の改新(公地公民)以降のことで、それまでは、民も土地も、氏上が所有する私地私民だった。
 天皇と民の接点はなく、したがって、天皇と民のあいだで、承詔必謹や諫死の思想が生じたと考えることはできない。
 民には、お上(幕府将軍)の上に天子様というもっと尊い貴人がおられるというほどの認識しかなく、庶民はおろか、大名ですら、天皇と会うことはできなかった。
 なにごとの 在しますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる
伊勢神宮に参った西行法師のうたであるが、庶民にとって、天皇は、どなたさまかは存じ上げないが、ただひたすらかたじけない存在であった。
 だからこそ、天皇は、日本の歴史や文化、民族の象徴なのである。
 
 わたしが呈した疑問というのは、天皇と民主主義の兼ね合いだった。
 天皇=伝統主義と革命の産物である民主主義は、対立概念で、民主主義においては、小泉純一郎内閣の「皇室典範に関する有識者会議」が公然と万世一系を否定したように、伝統がまもるべき価値ではなく、破棄されるべき旧弊となるのである。
 かつて、故西部邁氏から「右陣営はなぜ民主主義に攻勢をかけないのか」とハッパをかけられたことがあったが、さすがに鋭い目のつけどころであった。
 わたしは、西洋の民主主義を日本精神の破壊者と見るもので、むろん、民主主義の信奉者ではない。
 しかしながら、日本が民主主義を捨てて、日本主義に回帰する可能性は万に一つもない。
 そうなら、民主主義と折り合いをつけて、共存する以外、天皇を未来永劫にわたってまもってゆく方法がない。
 象徴天皇は、戦後、GHQがもちこむ以前に、摂関・院政・武家政権において、すでに定着しており、天皇が、権力ではなく、歴史や文化、民族の象徴にして、権威であることは、日本の歴史の真実である。
 民主主義にしても、ルソーが国家の理想とした君民共治≠ェ古代においてすでに実現されており、革命の産物であるデモクラシーより、日本の民主主義(君民一体)のほうがはるかに伝統的なのである。
 歴史的に実現されていた天皇と民主主義の共存を破壊したのが、明治憲法の天皇元首(大元帥/統治権の総攬者)と昭和軍国主義の現人神信仰だった。
 西部氏は、天皇主権も国民主権もみとめなかったが、わたしも同感で、主権は、国家のもの、しかもそれは、権利にともなう義務のほうが大きい、国家の負荷というべきものでなければならない。

 そこで、障碍になってくるのが天皇元首論と「承詔必謹」である。
 かさねて指摘しておくが、天皇は、歴史上、国民に、直接、下命することはなかった。
 その大原則をひっくり返したのが徴兵令(全国徴兵の詔/明治5年) だった。
 大元帥となった天皇は、理論上、国民皆兵の指揮者となって、ここで、天皇と国民がむきあう関係になった。
 この構造を利用して、政府は、赤紙一枚で、大量の国民を戦場に駆り立てることができるようになって、日露戦争では1か月の局地戦(203高地・旅順要塞攻略)で戦死者1万6千人、戦傷者4万4千人という未曽有の大被害をだした。
 赤紙一枚でいくらでも兵隊をとれる徴兵令が、対米戦争(南洋島嶼作戦)や中国戦線の戦線拡大につながって、大東亜戦争の戦死者は、二百十二万人にもおよんだ。
 西部氏の教え子で京大教授の佐伯啓思氏が朝日新聞(異論のススメ/2018年7月6日)で「日米戦争と重なる悲劇 自刃した『西郷どん』の精神」なる一文を寄せている。
「明治維新のもつ根本的な矛盾とは、それが攘夷、すなわち日本を守るための復古的革命であったにもかかわらず、革命政府(明治政府)は、日本の西洋化をはかるほかなく、そうすればするほど、本来の攘夷の覚悟を支える日本人の精神が失われてゆく、という矛盾である」「盟友の大久保利通らと袂を分かって鹿児島へ帰郷し、4年後に明治政府に対する大規模な反乱(西南戦争)をおこしたあげく最後は自刃する。西郷を動かしたものは、攘夷の精神を忘れたかのように西洋化に邁進する明治政府への反発や維新の運動に功をなしたにもかかわらず報われずに零落した武士たちの不満であった」
 佐伯氏はふれていないが、士族の反乱の根底に、徴兵令があったのは疑いえない。
 志願兵制度(「壮兵」)を構想していた西郷隆盛や「萩の乱」の首謀者として処刑された前原一誠、西郷隆盛とともに私兵を率いて政府軍と戦い、壮絶なる最期を遂げた桐野利秋(中村半次郎)らは「国家のために死ぬ武士の名誉を奪うもの」として、徴兵令に反対した。
 佐伯氏のいう日本人の精神の頂点に、国家のために死ぬ武士の名誉があったはずで、葦津珍彦も「近代民主主義の終末/日本思想の復活)」で同様の論述をくりひろげている。
 承詔必謹が、日本人を戦場に送り出すため、軍人が17条憲法から盗用した論法で、天皇の政治利用だったことに気づかなければ、天皇=国体の純粋性を未来永劫にわたってまもってゆくことはできないのである。
posted by office YM at 13:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする