2018年12月02日

なぜ日本は2島返還≠ノ呪縛されてきたのかA

  緊急問題提起/北方領土】
 ●旧ソ連の不法占領から河野密約説まで(2)
 サンフランシスコ講和条約で、日本が、国後・択捉を放棄したという意見がある。
「南サハリン(樺太)と千島列島にかんしては、サンフランシスコ講和条約の締結にあたって、日本が放棄しました」(池上彰/週刊文春)というのである。
 池上のいう千島列島のなかには国後と択捉が入っている。
 鈴木宗男や佐藤優も同じ見解で、2島(歯舞・色丹)返還論者である
 西村熊雄条約局長が、1951年、衆院特別委員会で、「南千島(国後・択捉)は千島にふくまれる」と答弁している。
 だが、この答弁は、1956年、衆議院外務委員会で、森下國雄外務政務次官によって、正式に否定された。
 日本政府は、国後・択捉は、サンフランシスコ条約で日本が放棄した千島にふくまれないとしたのである。 
 その後、国後・択捉を指す「南千島」という用語も使われなくなった。
 もともと、北方4島は、日本固有の国土である。
 国後・択捉は、日本人の手で開拓された島で、根室や函館とのあいだに航路があって、定住者も多かった。
 歯舞・色丹にいたっては、北海道の一部である。
 かつて、『島は還らない』(昭和52年)という本を上梓した。
 そこに、北方領土の概略や歴史、ソ連の領土侵略について記した。
 そこから引用しよう。
 北方領土の画定は、1855年、下田条約(日露和親条約)にはじまる。
 江戸幕府とロシア帝国のあいだでむすばれた日魯通好条約(日露和親条約)によって、択捉島とウルップ島のあいだに境界線が引かれた。
 この境界線によって、択捉島以南の4島は日本の領土となった。
 4島とは、歯舞・色丹・国後・択捉である。
 一方、ウルップ島以北のクリル諸島(千島)18島がロシア領となった。
 日本政府は、この日魯通好条約を根拠に、「歯舞・色丹・国後・択捉」4島を北方領土としてきたのである。
 1875年(明治8年)、日本は、ロシアと樺太千島交換条約を締結する。
 日本は、樺太(サハリン)の領有権を放棄する代わりに、ロシアからクリル諸島(千島列島)を譲り受けた。
 シュムシュ島からウルップ島にいたる18島である。
 サンフランシスコ講和条約で日本が放棄した千島列島は、そのときロシアと交換したクリル諸島18島のことである。
 18島のなかに北方四島(歯舞・色丹・国後・択捉)はふくまれていない。
 引用した『島は還らない』には副題がついている。
「歴史・条約上の根拠とカーター大統領への手紙」と銘打った。
 わたしは、日本が放棄した18島のなかに北方4島がふくまれていないことを確認するために、カーター大統領へ手紙を書き、実際に会いにもいった。
 もっとも、カーター大統領との対面は、民主党のアジア太平洋民主党大会の会場で握手をしただけではあったが。

 サンフランシスコ講和条約の締結時、日本が放棄した千島列島に北方領土がふくまれていなかった。
 それだけではなかった。
 サンフランシスコ講和条約にくわわっていないロシア(旧ソ連)には、そもそも、南樺太・千島列島・色丹島・歯舞群島の領有権がゆるされていなかったのである。
 サンフランシスコ条約第二十五条によると、同条約に調印・批准していない国へは、いかなる権利や権原、利益もあたえられないとある。
 もともと、北方4島は、火事場泥棒的な略奪であって、ロシアのいう戦利品ではない。
 背景にあったのが、南樺太と千島列島のソ連領有を承諾したヤルタ秘密協定だった。
 スターリンは、ヤルタ会談で、ルーズベルトから「ソ連の対日参戦の代償として『千島列島』(ウルップ島以北)を譲り受ける約束をした。
 これは、秘密協定で、領土の譲渡は、領土不拡大を宣した「カイロ宣言」や終戦後も攻撃と占領をつづけた「ポツダム宣言」違反である。
 しかも、ソ連は、日ソ中立条約を一方的に破棄して、領土を奪った。
 広島に原爆が投下されてから2日後の1945年8月8日、ソ連は、当時まだ有効だった日ソ中立条約を一方的に破棄し、日本に宣戦布告した。
 8月15日、日本は「ポツダム宣言」を受諾して、連合国に降伏した。
 しかし、ソ連軍は、その後も千島列島を南下し、9月5日までに「北方領土(歯舞・色丹・国後・択捉)」を占領した。
 8月16日、スターリンはトルーマン大統領に秘密電報を打っている。
 千島列島と北海道の北半分をソ連の占領地とすることをもとめたのである。
 トルーマンは、千島列島をソ連領とすることには同意したが、北海道北部の占領については拒否した。
 かつて著した『レポ船の裏側』(昭和57年/日新報道)で、千島占領作戦の経緯を書いた。
 通訳としてソ連軍に同行した水津満・北千島守備軍作戦参謀の体験談である。
 引用しよう。
「8月27日、中千島南端、得撫(ウルップ)島の沖合に着く。結局、ソ連軍は得撫島に上陸することなく、北に向かって引き返した。南千島の武装解除に立ち会うことを想定していた水津はウォルフ参謀に理由をたずねた。これより先はアメリカの担任だからソ連は手をだせないのだ、という返事だった」
 ソ連軍は、8月18日から千島列島の占領を開始し、27日には、北方領土の北端である択捉島の手前まで来て、一旦引き返した。
 この時点で、ソ連は、千島列島に北方領土がふくまれないと認識していたのである。
 ところが、ソ連は、北方領土に米軍がいないと知って、方針を一転させた。
 8月28日、ソ連軍は、南千島へ侵攻を開始して、9月3日までのあいだに歯舞・色丹・国後・択捉の四島を占拠する。
 ソ連軍が北方四島を略奪したのは、米軍が不在だったからだったのである
posted by office YM at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする