2019年04月21日

神道とはなにかA

 神道とはなにかA
 ●スタートは原始神道
 仏教と接触して、宗教の形態をとる以前の神道は、原始神道で、記紀由来の復古神道や古(神)道と区別される。
 高床式の神社社殿ができるのも、仏教と接触以後で、神明造(伊勢神宮)や大社造(出雲大社)、住吉造(住吉大社)などの建築法が確立されるのはさらに後世になってからである。
 社殿がつくられる以前、神が宿るは、岩(磐座/いわくら)や山(磐境/いわさか)、森(神奈備/かんなび)あるいは現世と常世の境界(神籬/ひもろぎ)などの自然物だった。
 聖徳太子の仏教奨励策のあと、仏教寺院が本格的に造営された。
 これにならったのが、神道で、神籬・磐境での祭祀が、社殿でおこなわれるようになった。
 中国の影響で、天神地祇も区別されて、神祇制度も整えられてきた。
 ちなみに、菅原道真公のたたりで知られる御霊信仰は、漢神信仰で、これも神仏・神儒習合の一つである。
 神祇制度が本格的に整備されたのは天武天皇の時代である。
 全国神社の整備がすすんで、伊勢神宮の式年遷宮が設定されたほか、未婚の内親王が巫女として奉仕する斎王も復活して、天皇と神社とりわけ伊勢神宮のつながりがいっそう深くなった。
『日本書紀』や『古事記』の撰修がはじまったのも、このころで、神話伝承が日本人のアイデンティティ形成に大きな役割をはたすことになる。
 日本人の精神や生活にむすびついているのは、無意識化されている原始神道で、初詣や結婚式は神道、葬式や法事は仏教といった宗教心も、原始神道というスピリッツの上に成立している。
 日本人は、神棚や位牌、仏壇をうけいれ、儒教や道教の道徳を重んじ、クリスマスやハロウィンを祝う。
 それらは、いずれも、行事で、信仰しているわけではない。
 根っこにあるのが原始神道で、そこに、原始神道のふところの広さがある。
 日本人は、神や仏、一神教の開祖を八百万の神々の一つ、太陽=天照大神の下にあるものとみているのである。
 現代においても、日本人のメンタリティは、原始神道の上に中国大陸文化と西洋文化をのせた三層構造になっていて、日本人ほど、心に世界的な奥行きや柔軟性をもっている民族はみあたらない。

 ●血肉化された神道のスピリッツ 
 アニミズム(万物霊)やシャーマニズム(神霊交流)という縄文の遺伝子をひきついだ原始神道が、最初に迎えた転換が、のちに、新嘗祭や大嘗祭にひきつがれる収穫祭であった。
 春の祈年祭と秋の収穫祭が、集落形成や祭政一致の大きな要素となって、儀式としての神道が確立される。
 そして、農業祭礼の祭祀王が、豪族らに担がれて、大王のちの天皇になってゆく。
 二つ目のステップボードが、仏教との接触と、神仏習合である。
 神道は、日本人の心性の根底をなす原始神道と、政(まつりごと)や祭祀をおこなう習合神道に分かれて、それが、幕末までつづく。
 聖徳太子が、仏教を宗教、儒教を道徳、神道を政治に仕分けた体制が延々と千年以上も維持されてきたのである。
 戦国時代のあと、織田信長と豊臣秀吉、徳川家康は、皇室の保護と神社の復興にあたった。
 以後、幕末・明治維新まで、神道が歴史の表舞台から消えたように見える。
 だが、それは、神道が、日本人の精神に血肉化されたからであった。
 その象徴が、伊勢参り(おかげ参り)で、江戸時代中期以降、ええじゃないかとねり歩いた参拝者は年間数百万人にのぼった。
 そして、大政奉還、王政復古ののち、明治新政府は、政治理念を復古神道にもとめて、祭政一致の政治をめざした。
 それが、国家神道だが、のべてきたとおり、一神教的な宗教観で、多神教の原始神道とは無縁の代物だった。
 宗教を語るにあたって、避けてとおることができないのが、死である。
 死や死の観念、死の恐怖、死後の世界、死からの救済という考え方を謳ったのが、キリスト教やイスラム教、仏教や儒教などの一神教だった。
 一神教は、天国や地獄、輪廻を発明して、世界の絶対的な支配者になった。
 神は、死という恐怖や絶望、苦しみをたっぷりあたえた上で、その苦しみを解こうというマッチポンプの商売上手で、キリスト教の信仰は、個人と神との契約である。
人々は宗教の奴隷となって、一方、教会や教団は、強大な権力と大きな富をえた。
 ヨーロッパでは、教会が、死と神を商売の道具にして、大衆から権力までをとりこんでしまったのである。
 日本では、神も信仰も、ひとの魂を抜き去るようなことはしなかった。
 神道は、無意識の宗教で、死に触れなかったのは、死は不浄だからである。
 死は、絶望なので、直視することも、考えることもできない。
 一神教では、死や死後を考えさせ、神が、人々をその絶望から救う。
 死について考えるから、このトリックにひっかかってしまうのである。
 だから、神道は、ことさらに、死を不浄として、遠ざけた。
 死ではなく、死について考えることが、絶望的なのである。
 ヤマトタケルは、死後、白鳥になってどこかへとんでゆくが、どこへ行ったのかわからない。
 それが、神道の死生観で、死後、魂はどこかへとんでゆき、死体も消える。
 死体があるのは、黄泉の国だが、イザナギが大石で黄泉の国へつうじる黄泉比良坂を塞いでしまったため、神話では、行き来ができた黄泉の国へいけなくなった。
 神道に、死や死後の世界、天国や地獄がないのは、死のことなど考えなくてもよいからである。
 仏教や禅が、無や空をもとめるのは、死につうじる意識を捨てるためである。
 意識は、一神教のもので、一元論である。
 一方、無意識は、多神教のもので、多元論である。
「考える」のが一元論で「かんじる」のが多元論といえる。
 意識は、一つのことしか考えられないが、無意識は、同時に、多くのことをかんじとる。
 それが、生きるということで、神道が、生の宗教といわれる所以である。
 次回以降も、神道と一神教の比較宗教論を展開してゆこう。

posted by office YM at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする