2019年07月05日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つF

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つF
 ●愛子さまが天皇になられない理由C
 女性天皇論者は、愛子さまが天皇になられないのはおかわいそうという。
 皇位の男系相続にたいして、女性差別や男尊女卑、悪しき因習という反発が国民レベルにまで高まっているのである。
 日本は、かつて、8人10代の女性天皇をいただいた。
 それが、男女平等で、因習に縛られない美風だったというつもりであろうか。
 8人の女帝には、すべて、未亡人か、生涯独身だった。
 子をもうけて、その子が天皇になると、皇統が絶えてしまうからである。
 皇統とは、神武天皇の男系の血統で、それが、2700年つづいてきた神武王朝である。
 女性天皇が結婚して、子をもうけると、権力とともに皇室の血統が夫側へ移ってしまう。
 天命ではなく、血統による易姓革命がおきてしまうのである。
 それを避けるために、8人の女帝は一代限りの皇位をまもって、その皇位を神武天皇の血をひく男系天皇にひき継いできた。
 女帝は、権力抗争の渦にまきこまれて、女性として、きびしく、不幸な生き方をしいられてきたといってよい。
 天皇になれない愛子さまがおかわいそう、という感情論で語ってよい話ではないのである。
 未亡人で、再婚されなかった女帝は、推古、皇極(後の斉明天皇)、持統、元明の四方である。
 そして、生涯、独身をとおされたのが、元正、孝謙(後の称徳天皇)、明正、後桜町の四方である。
 最初の女帝・推古天皇は、欽明天皇の皇女で、敏達天皇の皇后だった。
 推古天皇が天皇に即位した経緯には、悲劇的な要素が大きい。
 夫の敏達天皇とその弟の用明天皇が相次いで崩御すると、その後に即位した末弟の崇峻天皇も、蘇我馬子が放った刺客(東漢直駒)に暗殺される。
 用明天皇の皇子で、推古天皇の摂政だった聖徳太子も、没後、子の山背大兄王が、蝦夷入鹿の襲撃を受けて、斑鳩宮で一族もろとも自害、上宮王家が断絶するという悲劇に見舞われる。
 山背大兄王が、田村皇子(舒明天皇)との皇位争いに敗れた末のことだったが、山背大兄王を倒したその入鹿にも、悲劇がまちうけていると、入鹿は知る由もない。
 推古天皇を介して、欽明から敏達、用明、舒明へとつながれた男系も、そののち、けっして、安泰ではなかった。
 舒明天皇とのあいだに天智天皇、天武天皇らをもうけた2番目の女帝、皇極天皇が49歳で即位したのは、継嗣となる皇子が定まらなかったからだった。
 その皇極天皇の目の前で、中大兄皇子と中臣の鎌足が、蘇我入鹿を暗殺するという前代未聞のクーデターを起こす。
 この乙巳の変(大化の改新)の翌日、皇極天皇は同母弟の軽皇子(後の孝徳天皇)に皇位を譲った。
 政治の実権は皇太子の中大兄皇子がもっていたが、皇位にはつかなかった。
 中大兄皇子が天智天皇として即位して、同母弟の大海人皇子(のちの天武天皇)を皇太弟とするのが、それから20数年後のことである。
 のちに、第1皇子・大友皇子(のちの弘文天皇)を太政大臣とし、辞退した大海人皇子の代わりに大友皇子を皇太子とするのだが、それが、古代史上、最大となる乱の前触れだった。
 天智天皇の没後に、大友皇子と大海人皇子とのあいだで争い(壬申の乱)がおき、敗れた大友皇子は自害する。
 勝った大海人皇子は、即位して、天武天皇となった。
 三番目の女帝となった持統天皇は、天武天皇の妻だが、事情が前例とはやや異なる。
 天武天皇の政治をひきついで、飛鳥浄御原令の施行など、律令政治の基礎を固める一方、子の草壁皇子を即位させるため腹ちがいの子大津皇子を処刑するなど、持統天皇は、鬼子母神的な女帝でもあった。
 草壁皇子が若くして亡くなると、持統天皇が即位して、皇子の子の珂瑠皇子(文武天皇)の成長を待つ。
 四番目の女帝、元明天皇(草壁皇子の妃)も事情は似ている。
 即位したのは、子の文武天皇が25歳の若さで崩御し、遺児・首皇子(聖武天皇)がわずか7歳だったからである。
 持統天皇同様、皇位をあずかって、孫の成長をまったのである。
 五番目の女帝、元正天皇は、草壁皇子と元明天皇の皇女で、母の元明天皇の遺志をうけついだ聖武天皇へのつなぎ役であった。
 六番目の女帝、孝謙・称徳天皇は、女性天皇・女系天皇を考えるのに示唆的な特異な天皇だった。
 父は聖武天皇、母は藤原氏出身で、史上初めて、人臣から皇后となった光明皇后(光明子)である。
 第46代孝謙天皇は、第47代淳仁天皇に譲位するまでは、つなぎ役の女性天皇にすぎなかった。
 ところが、孝謙上皇となって、道鏡を寵愛して淳仁天皇と不和となり、淳仁天皇を廃して、皇統に危機が襲ってくる。
 重祚して第48代称徳天皇となって、太政大臣禅師、法王へとのぼり詰めた道鏡は、ついに、皇位を望む。
「道鏡を天皇にせよ」という宇佐八幡神からのお告げは、和気清麻呂によって退けられるが、道鏡の怒りを買った清麻呂も大隅に流罪になる。
 称徳天皇が没して、道鏡の失脚後、天智天皇の孫である第49代光仁天皇が即位、このとき、皇位は、天武系から天智の系統へと移っている。
 道鏡を下野に流して、綱紀や政教を立てなおした光仁天皇は、和気清麻呂を召還するが、皇統の危機を救った和気清麻呂は、桓武天皇からも厚く迎えられ、平安遷都に尽力する。
 七番目の女帝・明正天皇は、幕府と対立した後水尾天皇の対抗策で、7歳の内親王を即位させて幕府をケムにまき、本人は、もっぱら、院政を敷いた。
 最後の女帝となった八番目の後桜町天皇は、若くして崩じた弟の桃園天皇の皇子(後桃園)の成長を待ったもので、そのために、一生を捧げた。
 女性天皇が、はたして、天皇になれない愛子さまがおかわいそうという甘い地位だったろうか。
 女性天皇論者は、愛子天皇を望むが、愛子さまが天皇になる可能性は、万に一つもない。
 愛子さまが、皇祖皇宗が2700年間まもってきた皇統の男系継承の伝統を破って、称徳天皇と道鏡ができなかった万世一系を否定するだろうか。
 あえて、神武天皇に反逆して、みずから、歴史の永遠の汚名を着るだろうか。
 明仁上皇、上皇后美智子も、女性天皇をお望みではなかった。
 百二十五代にわたって男系継承であったものが、ご自身の御代においてその原理が変更されては、皇祖皇宗に申し訳が立たないからである。
 ェ仁親王の長女、彬子女王も「男系継承の伝統を大事にするべき」とのべておられるとおり、皇室内には、宮内庁を別にして、女性天皇をみとめる空気はない。
 皇統は神武天皇以来、男系で継承されてきた血筋のことで、直系に該当者がおられない場合は、つねに、傍系から皇胤を得てきた。
 今日、この傍系に当たるのは、戦後まもなく皇籍を離脱された旧十一宮家で、そこには、かなりの人数の男系男子がおられる。
 その方々のなかから、何人かが皇籍に復帰できる方法を考え、男系の宮家の数を増やす。
 皇室をまもるには、それが、だれが考えても、いちばんあたりまえの方法だろう。
 必要なのは、歴史上、前例のない女性宮家ではなく、前例のある男性宮家なのである。
 旧皇族が「皇統に属する皇族」にもどることができず、二千年間、けっして「皇統に属する皇族」になれなかった一般男性の子どもが皇統に属することができるという女系天皇論者の理屈はいったいどこからくるのだろう。

posted by office YM at 13:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする