2020年02月25日

日本主義の復活と近代主義の終焉A

 ●近代主義は革命と戦争の産物
 近代は、革命と戦争の時代で、近代主義は、18世紀の啓蒙主義や市民革命からうまれた自由や平等、民主主義、権利意識などをさす。
 もともと、革命思想とあって、歴史や伝統、宗教や習俗などを否定して、合理主義や科学主義、唯物論をもちあげる。
 ちなみに、国連常任理事国の米・英・仏・ロ・中の五大国をはじめ、世界の先進国は、王政復古した英国をふくめて、すべて、革命国家である。
 旧体制が新体制にきりかわった近代のキーワードが民主主義で、英国革命やフランス革命、アメリカ独立戦争から共産主義革命、ヒトラーのナチズムまでが民主主義を掲げ、あるいは、民主主義を利用した。
 革命国家ではなかったのは、日本だけだが、だからといって、日本が民主的な思想や価値観を欠いた後進的な国だったということにはならない。
 それどころか、ヨーロッパで、絶対王権の圧制と奴隷制度、キリスト教教会の異端裁判や魔女狩りでおびただしい人々が犠牲になった同じ時代、日本では市民社会が成立して、衣食住にわたって、庶民文化が花開いた。
 日本には、古くから君民一体≠フ国体のほか、分相応や相身互い、もちつもたれつなどの民主主義的な社会通念があって、7世紀の初めには、第1条に和の心を謳った一七条憲法がつくられている。
 絶対王権とキリスト教教会の二重支配をうけて、塗炭の苦しみに喘いでいたヨーロッパの民にくらべて、君民一体の日本人がいかに文化的で、しあわせであったことか。
 君民一体というのは、天皇と民が一体化しているということである。
 稲作国家における天皇は、豊作祈念の祭祀王で、その名残が新嘗祭である。
 民の大多数が稲作に従事して、米が経済の中心だった原始農本主義の国家において、天皇=祭祀王がいかなる地位にあったか、多くの説明は必要がないであろう。
 そして、権力は、天皇から民をあずかって、施政権を行使した。
 権力が、民に暴虐な政治をおこなわなかったのは、民が天皇の大御宝だったからで、君民一体の政治を古事記は「しらす(しろしめす)」と記述している。
「葦原中国は、我が(天照大御神)御子の知らす国と言依し賜へりし国」
 日本で、市民革命がおきなかったのは、天皇中心の日本には、民を苦しめる絶対的な王権や皇帝権(ローマ・カトリック教会)がなかったからである。

 戦後、近代主義がもちこまれて、明文化されたのが、現行憲法である。
 アメリカがもちこんだ民主主義や国民主権にたいして、日本人は、違和感をもたなかった。
 明治の民権思想や大正デモクラシーに慣れていたというよりも、君民一体の天皇の知らす国では、民は、ヨーロッパのように、権力から虐げられることがなかったからである。
 ところが、GHQの若い将兵は、日本人は、天皇を個人崇拝する野蛮人だと思いこんで、民主主義といっしょにダーウインの進化論を教え込もうとした。
 なにしろ、日本人を文盲ときめつけて、漢字の代わりに、ローマ字を国語にしようとしたほどで、日本のことなどなにも知らなかった。
 とりわけ、憲法をつくったGHQ民政局(GS)はニューディーラーの巣窟で、わずか9日間で、日本の憲法をつくることができたのは、民主主義や国民主権を謳ったフランス革命のテキストをコピーしただけだったからである。
 日本国憲法は、GHQ民政局の独善で、日本の国体に根ざした国家基本法ではなく、近代主義をてんこもりにしたユートピア啓蒙書だったのである。
 最大の誤りは、戦前まで、憲法と同格の法規だった皇室典範(両者を合わせて典憲)を憲法の下位の民法や商法、刑法などと同等の一般法にしてしまったことである。
 これでは、天皇の地位や皇統継承、祭祀が、国会の多数決や裁判所の判断によって左右されることになってしまいかねない。
 秋篠宮さまは、昨年の誕生日会見で、大嘗祭は国費ではなく、天皇ご一家の私的活動費でまかなうべきとの見解を示した上で「聞く耳を持たなかった」と宮内庁長官をつよいことばで非難されて「大嘗祭の御禊」をご欠席された。
 秋篠宮さまのご発言の根拠は憲法で、憲法によると、宮中祭祀は、天皇家の私的行事で、憲法原理主義に立つなら、天皇=国体までが、吹けば飛ぶような憲法に依拠するという話になってしまう。
 これにたいするネット上の反発は、すさまじいもので、27億円の大嘗祭をケチるなら43億円のお住まいの邸宅新築も辞退すべきという意見もとびだす炎上ぶりだった。
 大嘗祭は、国家国民の歴史的祭祀で、天皇ご一家の私的活動ではないとする意見がほとんどで、宮中祭祀が、憲法20条や89条が禁止する宗教的活動にあたるとする憲法解釈は、国民にうけいれられていなかったのである。
 天皇にたいする尊敬心と、秋篠宮さまへの反発は、日本人の天皇観を如実にあらわしている。
 日本人の天皇への敬愛心は、神話にはじまる日本の歴史や伝統にねざすもので、憲法という近代主義にもとづいたものではない。
 憲法は、伝統を否定した近代主義の寄せ集めで、合理主義に立っている。
 多くの日本人が秋篠宮さまに反発した理由は、秋篠宮さまのご発言が憲法を根拠にされていたからである。
 日本人の尊皇心は、道徳や公徳心のような公的な情緒で、個人崇拝や私的な感情ではない。
 天皇の権威や祭祀の正統性、皇祖皇宗の大御心は、歴史上の神格で、天皇の地位は、皇祖皇宗が就いてこられた歴史上の玉座にある。
 次回は、天皇家ではなく、皇統へ視点を移して、天皇を考えてみよう。
posted by office YM at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする