2020年09月28日

 反官僚の菅政権に期待するA

 ●デジタル化の障害になっていたハンコ行政
 日本の政治がわかりにくいのは、政策と政権のちがいがはっきりしないからである。
 中村喜四郎とむすんだ立憲民主党の小沢一郎が「1年以内に政権を取る」と怪気炎をあげると、同党新代表の枝野幸男も、日本共産党や社民党との連携を視野に入れた政権奪取に意欲をしめした。
 ところが、国民民主党と合流した新立憲民主党の支持率は、逆にダウンしてわずか4%(読売新聞)というていたらくである。
 小沢や枝野がやろうとしているのは、政権争奪で、国家や国民のための政策政治ではないと見抜かれていたのである。
 マスコミが小沢・中村のタイアップをもちあげるのは、反自民を旗印にするマスコミ労連(MIC)が背後にいるからで、MICに忖度したテレビ芸人や評論家が、自民党を罵って、さかんに、野党連合へ声援を送る。
 MICがめざすのは、左翼政権の樹立で、それには、自民党を倒さなければならない。
 これは、日本や日本人のための政策政治ではなく、ただの政権抗争である。
 森友学園や加計学園、桜を見る会の国会議論も、倒閣運動で、国家や国民のためのものではなかった。
 自民党を倒せという権力運動と、日本の国益や安全、発展や繁栄をもとめる政策政治は、まったくの別物である。
 ところが、野党やマスコミ、多くの国民は、この区別がつかない。
 政治は二元論で、国家と人間、政治と選挙、政策と権力、理想と現実などが互いに背をむけあっている。
 そのなかに、具体性と抽象性という対立軸がある。
 具体性というのは、国益や領土、防衛や条約など実体をともなう政策である。
 抽象性というのは、平和や民主主義、自由や平等、人権などの観念論である。
 日本人は、観念論がすきで、野党や護憲派、左翼・反日派らが唱えるきれいごとのスローガンに踊ってきた。

 ところが、菅政権の登場によって、すこしばかり、風向きが変わってきた。
 政治が理想論や空想、抽象論ではなく、具体的な現実論であることに国民が気づきはじめたのである。
 菅首相が憲法改正をいわないのは賢明で、解釈改憲で、日本は世界第6位の軍事力をもって、アメリカと同盟をむすび、中・ロ・韓と対抗している。
 これを下手にいじって、9条に3項(「自衛隊の明文化」)をくわえるような失策を犯して、自衛隊違憲の論議を呼んでは、元も子もない。
 河野太郎行革大臣は、女系天皇をみとめる発言をしているが、国体は政治や憲法の問題ではなく、歴史や文化、国体の問題であって、伝統は、粛々と継承するほかないものである。
 余計なことはいわず、菅政権の下で、ゲバラのような革命家として、豪腕をふるい、一仕事を終えて、退場してもらいたい。
 菅政権の使命は官僚政治の打破で、これができるのは、河野以外にいない。
 河野は、デジタル化にむけて、全府省庁にたいして、ハンコやファックスを使用しないよう要請したが、お役人国家日本は、これまで、こんなことにすら手をつけることができなかったのである。

 世界経済は、この30年で、10倍以上のスケールとなった。
 その原動力がIT(情報技術)だが、日本は、アメリカからはじまったデジタル革命に乗り遅れて、世界比で、唯一、経済規模を縮小させるという深刻な事態に陥っている。
 かつて、日本の半導体は、世界シェアの半数を占め、世界のトップ企業10社のうち6社を占めていたが、現在は、後発の台湾TSMCや韓国メーカーの足元にもおよばない。
 日本の官僚が、モバイル端末向け半導体などの新たなトレンド分野に関心がなく、自治労とともに省庁へのパソコン導入に抵抗するなど、お話にならないほど後進的だったからである。
 その結果、日本のデジタル産業は、一挙に、原始時代へ逆戻りしてしまった。
 逆にいえば、日本は、立遅れたデジタル部門で失地回復すれば、経済成長が望めるという理屈になる。
 官僚のシバリを打ち破って、TSMCの国内誘致をふくめて、政治的支援をおこなえば、日本の半導体産業は、かならず、復活するのである。
 官僚が、新しい時代に不適応、もしくは、抵抗するのは、既得権が侵されるからである。
 その既得権をまもるのが、ハンコ文化で、その典型が「稟議制」である。
 稟議制は、一人でも反対者がいれば、提案が廃棄される仕組みで、たとえばデジタルに無知な上司が一人いれば、それだけで、デジタル化は不可能になる。
 ハンコ文化には、稟議制のほか、年功序列や権限の万能化、秘密主義 前例主義、保身主義、省益主義、縦割り主義、事なかれ主義、学歴主義、新規性や部外者の排除、決定の遅滞など、多くのデメリットがあって、河野のハンコの廃止が日本の行政におよぼすであろう功績ははかり知れない。
 次回は、菅内閣の規制緩和と地方創成、サプライチェーンの構築とジャパンファーストが、日本の経済におよぼす好影響についてのべよう。
posted by office YM at 07:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする