2020年11月02日

 反官僚の菅政権に期待するF

 ●「高学歴者」はいるがプロがいない日本
 日本には、学歴と民主主義、マスコミ芸能の3つが是で、政治や伝統、歴史的習慣の3つが非という奇妙な風習が根づいている。
 戦後の風潮ではなく、明治維新からそうで、日本は、科挙社会にして、西洋主義、戦前の天皇主権から戦後のマスコミ主権と、薩長がつくった明治政府の構造が、そのまま現在にひきつがれている。
 その印象を深くしたのは、日本学術会議の会員の45%が東大など旧帝国大に所属しているという菅首相の指摘にたいするマスコミ世論の猛反発だった。
 日本学術会議に批判的なネット世論まで、学者が旧帝国大学に属しているのは当然で、菅首相の批判には根拠がないと騒ぎ立てた。
 菅首相によると、旧7帝大以外の会員は、国公立大が17%、私立大は24%で、産業界に所属している会員や49歳以下の会員は、それぞれ、3%に過ぎない。
 問題なのは、産業界に所属している会員の少なさである。
 米中がトップを競ってきたスーパーコンピュータで首位(「計算速度世界ランキング」)を獲得した富士通(富岳)や小惑星探査機「はやぶさ」や月周回衛星「かぐや」の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、民間あるいは日本学術会議が協力を拒否している国立である。
 国から補助金や公務員の手当てをもらっておきながら、防衛庁の研究を妨害して、中国の軍事研究には協力する旧7帝大系の左翼学者を、高学歴がすきな日本人は支持するのである。
 テレビでは、クイズ番組が大人気で、日夜、東大軍団、インテリ軍団と連呼している。
 東大は、テレビの有名ブランドで、日本中に、東大神話が浸透している。
 東大(法)は、もともと、高級官僚の登竜門で、霞が関でエラくなるための専用エスカレーターだった。
 日本の学問は、明治以来、西洋に学ぶ欧化主義で、刀剣や建築、繊維や工芸などの分野で日本独自の技術もあったが、旧帝大は、もっぱら、西洋の文物のコピーで、これが、じつは、クイズに似ている。
 クイズは、答えが用意されているので、永遠に、出題者を超えることができない。
 同様に、いくら、西洋のマネをしても、先生である西洋を超えることはできない。
 鹿鳴館で、洋装で着飾って、西洋ダンスを踊っても、日本舞踊の文化的深みはでてこないのである。
 そもそも、日本の近代化がサル真似で、国体二千年の伝統を破って、天皇を元首(元帥)にすえた明治憲法が、プロイセン(ドイツ)憲法をお手本にしたものだった。
 西洋化が日本近代化の背骨となって、西洋を学ぶ大学が、体制維持の基準となった。
 儒教を国家のルールとした中国(隋から清まで1300年間)や朝鮮(高麗から李王朝/両班)で科挙制度が国家をささえたように、日本では、7旧帝大を中心に陸軍士官学校や海軍兵学校をふくめた官立・私立大学が科挙の代用となって、壮大な学歴社会をつくりあげた。
 戦後、民主主義と基本的人権が、国家の唯一のルールとなって、伝統国家としての価値観や常識、習慣や社会通念が消えてしまった。
 これでは、科挙制度によって、国を滅ぼしてきた中国や朝鮮の二の舞である。
 学歴社会が滅びるのは、自己利益しか頭にない高学歴者が国家を私物化するからである。

 日本の中枢機関も、いるのは、高学歴者ばかりで、プロがいない。
 官僚ばかりか、入社試験と書類審査で、高学歴者ばかりを採用した大企業もその例にもれない。
 東芝やシャープ、NEC、ソニー、パナソニック以下、かつての一流企業が台湾や韓国の下請けクラスに転落していったのは、社員が、偏差値が高いだけのアマチュアだったからである。
 それでも、日本経済がもちこたえているのは、全企業の99・7%をしめる中小企業が、愛国心や愛社精神をもった仕事のプロだからである。
 前大戦では、旧日本軍が、エリートを重要ポストにつけ、それが敗戦という最悪の結果を招いた。
 ハンモック・ナンバー(海軍)のトップと恩賜の軍刀、銀時計組(陸軍)がちやほやされた旧日本軍はおそるべき学歴社会で、連合艦隊参謀長の宇垣纏は海軍兵学校や海軍大学校の卒業順次がじぶんより下の者へ敬礼も返さなかったという。
 ミッドウェー海戦における最適任者は、マレー沖海戦で英国艦隊旗艦プリンス・オブ・ウェールズと戦艦レパルスを撃沈した小沢治三郎と海軍のだれもがみとめていた。
 だが、司令官になったのは、機動部隊を創設した小沢ではなく、飛行機の素人だった南雲忠一だった。
 南雲は、決定的な作戦ミスをくり返して、勝てるはずのミッドウェー海戦を無惨な負け戦にして、それが、日本敗戦の引き金となった
 学歴主義(軍令承行令)によって、司令官が、小沢ではなく、南雲に回ってきただけの話だった。
 日露戦争では、元老院の西郷従道と海軍大臣の山本権兵衛が、連合艦隊司令長官に東郷平八郎を抜擢、東郷は、日本海海戦で、ロシアのバルチック艦隊を全滅させた。
 日米開戦の永野修身と真珠湾攻撃の山本五十六、ミッドウェー海戦のあとも指揮をとりつづけた南雲忠一と参謀長の草鹿龍之介。ノモンハン事件の服部卓四郎と辻政信。重慶空爆とガダルカナル島の戦いなど島嶼作戦を指導した海軍の米内光政と井上成美。盧溝橋事件、インパール作戦など、二度、三度、失敗をくり返した河辺正一と牟田口廉也、みな、旧日本軍の超学歴エリートたちであった。
 情けないことに、大方の日本人は、旧帝国大がのさばる「日本学術会議」を改革しようという菅首相の真意が読めないのである。
posted by office YM at 11:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする