2021年02月22日

 天皇と民主主義 その5

 ●民主主義と共産主義は双子の兄弟
 戦後、民主主義を最大限に利用したのが、左翼であった。
 大内兵衛と向坂逸郎、羽仁五郎の御三家は、教祖的なマルクス学者で、その下で、おびただしい数のマルクス主義者が教壇や学会、政界や官界、法曹界やマスコミへ送り出された。
 憲法学の重鎮、宮沢俊義もその一人で、ポツダム宣言受諾によって、日本に革命がおきて、主権が天皇から国民に移ったとする「八月革命」を主唱した。
 そのバイブルが日本国憲法で、左翼や護憲派が憲法を革命の聖典≠ニしてあがめるゆえんである。
「日本は戦争に負けて民主主義のよい国になった」という民主主義賛歌≠吹聴したのも、マルクス主義者で、それが、のちの「自虐史観」や反日主義へつながっていった。
 マルクス主義者は、なぜ、かくも、民主主義をもちあげるのか?
 理由は、共産主義と民主主義が「一卵性双生児」だからである。
 生みの親は、ともに、ルソーの一般意志≠ナある。
「個人の主権」を一本にまとめて「国民主権」としたのが一般意志である。

 国民には主権があるとおだてあげる。
 だが、その主権は、一人ひとりにではなく、全体にあたえられるものである。
 国民全体は、議事堂に入りきれないから、という理屈である。
 そして、一般化されたその国民主権≠為政者があずかる。
 いったん、この国民主権をあずかったら、独裁体制にしようと、大統領制にしようと、あるいは、議会主義にしようと、為政者の勝手である。
 これがルソーの詐欺まがいの論法で、この理屈にのって、フランスで革命がおきた。
 国民主権をあずかったとするジャコバン派がルイ16世とマリー・アントワネットの首をギロチンで落としたのである。
 マルクスの共産主義は、ルソー主義にユダヤの経典「タルムード」を足した代物で、ロシア革命のレーニンはこれを掲げて、ボリシェビキ(多数派)独裁を断行した。
 ジャコバン派の暗黒政治も、ボリシェビキの恐怖政治も、多数派による人民独裁で、民主主義を謳っている。

 日本国憲法の国民主権も、ルソー主義で、国民総体あたえられた主権である。
 ところが、日本人の半数以上が、一般化という概念を理解できずに、国民のひとり一人に主権があると思いこんでいる。
 主権は、君主権(ソブリンティ)なので、それでは、国民が、全員、王様になってしまう。
 国民主権を、独裁者があずかるのが人民独裁で、中国も北朝鮮も、人民政府である。中華人民共和国は、憲法と共産党規約で、朝鮮民主主義人民共和国は「党の領導」で、それぞれ独裁≠明記している。
 国民主権を、内閣や議会があずかるのが議会民主主義で、イギリスや日本の立憲君主制がこれにあたる。国民の主権を、大統領があずかるのがアメリカやロシアの大統領民主主義で、フランスやドイツ、イタリアなどは、その中間をとった半大統領制である。
 
 日本の左翼は、日本でも、かつて、市民革命がおきたと主張する。
 明治維新は、不徹底とはいえ、ブルジョア革命で、天皇は、革命勢力(薩長下級武士)に担がれたというのである。
 そして、第二次大戦の敗戦によって、アメリカから民主主義がはいってきて「敗戦革命(レーニン)」が実現した。
 マルクス・レーニン主義における「二段階革命論」である。
 まず、ブルジョア民主主義革命(明治維新)で、封建制度を廃止する。
 そののち、発達した資本主義をひっくり返して共産主義革命(敗戦革命)が実現されるという理屈である。
 戦後、左翼や反日勢力、護憲派らが民主主義をもちあげてきた理由がこれである。
 民主主義という伝家の宝刀を使えば、伝統破壊の市民革命から、体制転覆の共産主義革命まで、思いのままというわけである。
 左翼や反日勢力、GHQの恩恵をうけた敗戦利得者やマスコミが民主主義に入れあげるのは、革命を欲しているからで、一応、うなずける。
 わからないのが、保守政党たる自民党が、民主主義をもちあげる精神構造である。
 戦後、GHQ旋風が吹き荒れるなか、日本の保守政党が自由や民主を謳ったのはやむをえなかったろう。
 だが、多数決の原理と普通選挙法、一般化された国民主権をさすにとどまる民主主義を政治信条とするのはいかがか。
 日本の保守政治家は、保守思想や伝統主義について、無知なのではないかと疑わしい。
 次回以降、保守思想と伝統主義について、思うところをのべよう。
posted by office YM at 08:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする