2019年08月23日

頭≠ヘ全体主義胴体≠ヘ資本主義の怪物@

 ●反日を煽って南北統一をめざす文在寅
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、反日運動を煽るのは、政治的な思惑があってのことである。
 来年の「国会議員総選挙」と2022年の「大統領選挙」である。
 それまで、国民の支持を与党の「共に民主党」へひきつけておこうというのである。
 その武器が反日で、韓国では、反日を叫んでいれば、国民の支持が集まる。
 教育とプロパガンダで反日が絶対善≠ノなって韓国では、反日ほど国民の支持をえやすい政策はないのである。
 なにしろ、「歴史を反省しない日本」「盗っ人猛々しい」と日本を罵っただけで、過半数にみたない与党の「共に民主党」と文大統領の支持率が、たちまち50%を超えてしまう。
 文大統領が、反日を叫ぶ目的は、最終的に、南北統一である。
 中国が抗日を建国のスローガンにしたように、朝鮮半島も、反日という旗を押し立てて、南北を統一しようというのである。
 ところが、与党も文大統領も、安定的な基盤にのっているわけではない。
 与党の「共に民主党」が128議席、最大野党の自由韓国党が113議席という僅差では、野党5党が結束すれば、与野党の逆転をゆるすことになる。
 次回の総選挙で、保守系に大差をつけて勝たなければ、政権を失うどころか大統領も保守系に奪われて、南北統一という恩師の盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領以来の夢が遠のいてしまう。
 文大統領の南北統一の構想は、韓国を社会民主主義に変えて、北朝鮮に資本主義を導入しようというものである。
頭≠ヘ全体主義で胴体≠ヘ資本主義という化け物は、革命にほかならない。
 革命をとおして、南を北に接近させようというプランは、左翼政権以外では実行に移せない。
 文大統領は、なにがなんでも、国民の支持をとりつけて、南北統一へむかいたいのである。

 韓国の保守は、日韓併合と戦後の日本の経済援助が、現在の韓国をつくったという基本認識をもち、その上での反日なので、それほど深刻ではない。
 ところが、左翼の反日は、日韓併合を侵略とみる被害者史観に立っている。
 その上に、恨(ハン)や火病(ファビョン)などの民族感情、周辺緒民族を夷狄や禽獣とみる小中華意識、大国に媚びへつらう事大主義などが複雑からみあって、論理や理性、合理性では説明がつかない反日病≠ニいうべき様相がつくりあげられる。
 朴正煕(パク・チョンヒ)以来、反日を売り物にした最初の大統領が、文在寅の師である盧武鉉だった。
 日本の左翼政党が、じぶんの国家を目の敵にするように、韓国の左翼政党は日本と現在の韓国をつくりあげた自国の恩人たちを目の敵にする。
 日韓併合を悪とする史観に立っているので、あらゆる価値観がねじまがっているのである。
 退任後、自殺に追い込まれた盧武鉉は、葬儀にかけつけたブッシュ大統領と盟友の関係で、米韓関係にはいささかのゆるぎもなかった。
 ところが、日韓関係は、盧武鉉時代に決定的に悪化した。
 政権地盤が弱かったため、日本統治時代の「親日派」の子孫を排斥弾圧する反日法をつくるなど、つぎつぎと反日政策をうちだして、国民の支持をえた。
 盧武鉉が歴代第一位の人気を誇っているのは、もっとも過激な反日派だったからで、韓国が日本全土とりわけ原発を標的とした巡航ミサイル「玄武3」を配備したのは盧武鉉政権のときだった。
「日米韓同盟」などとのんきなことをいっているのは、日本だけで、とりわけ日韓議員連盟は、友好親善をタテマエに、いまなお、韓国の利益代表を自認している。

 文大統領の反日が危険水域≠こえたのは、視野のなかに南北統一があるからで、「北朝鮮と経済協力して日本を追い抜く」というのは、なかば本気なのである。
 それが、いま韓国に漂っている奇妙な高揚感で、曰く、「南北統一が実現すれば核戦力と安い労働力が手に入る」「軍事と経済で日本を圧倒する」という。
 頭のなかで、南北統一という妄想と文在寅の支離滅裂がごちゃまぜになっているのである。
 もともと、韓国の左翼は、反日の延長で、妄想というしかないものである。
 盧武鉉から文在寅にいたる民主党系政権に左翼色がつよいのは、韓国労総がくわわっているからで、政権のまわりを左翼マスコミや韓教組、市民運動などの極左・反日グループがとりまいている。
 韓国では、左翼系と保守系、中間派によって3分割されているといってよい。
 文大統領の南北統一派は、約三分の一にすぎないが、これが、世論の大勢となっている理由は、反日の優等生といわれる朝鮮日報と東亜日報、中央日報の三大紙(これに呼応するのが日本の朝日新聞)が、中間派をまきこんで、南北統一派をバックアップしているからである。
 文政権が、感情論やイデオロギー、洗脳や扇動で、国民を反日にむかわせているのは、自国の体制を北朝鮮・中国側に近づけるためで、もとめているのは共産主義的・全体主義体制の構築である。
 元徴用工や慰安婦、福島第1原発事故に焦点をあてた放射性物質検査などの難問などを日本につきつける「官製反日」の目的は、反日を旗印に韓国国民を南北統一へむかわせるためである。
 韓国では、反日の叫ぶと、内閣の支持率が上がるという方程式が成立している。
 ところが、文大統領の思惑は、もののみごとに外れた。
 金正恩が米韓合同軍事演習に腹を立てて、文大統領の対話呼びかけ拒否したのである。
 すると、文大統領は、日米韓同盟のシンボルというべき軍事情報共有協定(GSOMIA)の破棄を日本に通告してきた。
 金正恩のご機嫌をとるために、同盟国アメリカや友邦の日本を裏切ったのである。
 文在寅の迷走を凝視しているのが、中国で、その背後にロシアが控えている。
 朝鮮半島情勢は、やがて、日米印と中ロのより大きな対立構図へ移ってゆくだろう

posted by office YM at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

タテマエ政治から脱却せよD

 ●韓国の恨(ハン)はどこからきたのか
 日帝36年の植民地支配によって、恨み500年の恨(ハン)や反日の情念が生じたとする識者がすくなくない。
 そうなら、50年も日帝の植民地支配をうけた台湾、戦中、日帝の支配下に置かれたインドネシアなど南アジアの国々が、いまなお、親日的なことにどう説明がつくのか。
 韓国人の恨(ハン)には3つのルーツがあるように思われる。
 1、儒教(朱子学)
 2、小中華思想
 3、建国の歴史
 これに、朝鮮民族特有の精神疾患といわれている「火病(ファッピョン)」をくわえてもよいだろう。
 韓国の恨≠笏ス日は、この3つもしくは4つの要素がからみあった特殊な構造で、両班や科挙、宦官と同様、日本人には永遠に理解できない異文化なのである。
 中国の反日は、あくまで、政策で、一過性的なものである。
 したがって、中国政府が、反日政策をやめて、親日政策をとれば、かつての田中角栄の時代のように、親日パンダ外交となる。
 ところが、韓国の反日は、歴史や文化、民族感情というもっと深いところで生じた溝なので、そうはいかない。
 竹島や4千人の漁民拿捕と50人以上の犠牲者をだした李承晩ライン、韓国人の売春業を日本軍にすりかえた従軍慰安婦問題をみてわかるように、韓国の反日は、理不尽で、合理性のかけらもみあたらない。
 怨念や感情論による反日なので、反日デモでは、異様なことに、キジやブタが虐殺される。
 恨(ハン)が、優越感や傲慢の裏返しだったことを見落としてならない。
 他者を侮っているからこそ、それが、ひっくり返されたとき、悲や怒、憤をとびこえて、一足飛びに、恨というより深い感情があらわれる。
 ニーチェのいうルサンチマンで、弱い者は、強者を悪と見る(=呪う)ことによって、みずからを慰める。
 恨(ハン)こそ、強者を悪として呪うルサンチマンで、韓国にとって、まさしく、日本は、恨の対象だった。
 三韓征伐から豊臣秀吉の朝鮮出兵、実力で李朝に開国を迫って日朝修好条規をむすばせた江華島事件、日清・日露戦争、日韓併合――朝鮮半島は、アジアへ勇躍せんとする日本のいわば主戦場であった。
 小中華思想という固定観念のなかで、日本を蔑視していた韓国が、その日本から逆ねじをくわされて、逆上したのが、反日主義という国民的感情論だったのである。

 恨の韓国には、義理や人情、恩や公の精神≠ェない。
 義理や人情、恩や公の精神≠フ日本には、恨はない。
 このちがいは、歴史のちがいで、民族の心は歴史によってつくられる。
 三国時代の韓国は、中国の地理書『山海経』や『三国志魏志東夷伝』などに穏健にして自尊、武勇、快活さに富むと書かれている。
 当時、朝鮮半島に住んでいた三国人は、日本人に似た気質をもっていたのである。
 とりわけ、半島沿岸部の百済人は、中部の新羅人、北東部の高句麗人と比べて、日本人に近かったとつたえられる。
 中国大陸についてもいえるが、半島の沿岸部は海洋国家的で、大陸や半島の一部が列島とつながっていた時代から、日本と深い交流があって、百済に隣り合っていた任那には日本府があった。
 百済は、仏教のほか千字文(漢字の教本)や『論語』(十巻)がつたえられるなど、日本にとって、兄弟国であった。
 だが、高い徳と文化を誇った三国時代は、新羅による朝鮮半島の統一という予期せぬ出来事によってあっけなく幕を閉じる。
 新羅による朝鮮統一は、外勢である唐と結託して、当時、アジアで最高級の文化と芸術性を誇った百済と軍事的大国だった高句麗を滅亡させるというもので、百済の滅亡(660年)と高句麗の滅亡(668年)は朝鮮半島にとってはかりしれない損失であった。
 このとき、長い歴史を誇った百済と高句麗の文化財は、すべて、灰になった。
 王朝や官僚は、日本に亡命した以外、虐殺されて、民族もちりぢりになった。
 これが、恨(ハン)の構造で、この悲劇は、高麗王朝でもくり返される。
 すすんで、唐や明の属国になることによって、卑怯、利己主義、卑屈、日和見主義をはびこらせ、韓民族を転落させたのだった。
 9世紀にはいって、唐の衰退にともなって、新羅も衰退すると、王建が高麗王朝を建国して、朝鮮半島を統一する。
 高麗は、宋や契丹、金、モンゴルに服従しつつ、5百年近く王朝を維持する。
 二度目の悲劇がおきたのは、1388年、高麗軍の明攻撃のさなかだった。
 高麗の司令官だった李成桂は、敵前逃亡して、鴨緑江から3万8000人の軍勢を平壌に引き返させ、クーデターをおこなうのである。
 高麗500年は、李成桂の裏切りによって、滅びたのである。
 1392年に李朝を創設した李成桂は、明に臣下の礼をとって、属国に成り下がったが、さらに、李朝は、1637年、こんどは、清に服従する。
 事大主義は、孟子の「以小事大」(=小を以って大に事える)の一節で、長いものには巻かれろほどの意味だが、これが、国家と国家の関係では、亡国思想となる。
 主権を放棄して、相手国に媚びることは、相互尊重が基本の国家関係において、あってはならないことである。
 そんなことがおきれば、国家のみならず、国民のモラルまで崩壊してゆく。
 モラルの第一義が国家をまもることで、人間のモラルは、その上に成立している。
 韓国で、国家的・国民的モラルハザードがおきている理由が、これで明らかだろう。
 国家の独立をもとめず、民族的モラルを放棄した結果、韓国は、国家としても民族としても、たちゆかなくなってしまったのである。
 日韓関係は、韓国側の精神疾患的な欠陥が改善されないかぎり、いかなる展望も見出せないのである。
posted by office YM at 11:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

タテマエ政治から脱却せよC

 ●韓国の恨(ハン)はどこからくるのか
 儒教の教えといえば「仁」と「礼」である。
 仁は、ヒトの道で、礼は、社会規範である。
 その2つがかみ合って、はじめて、儒教が理想とする世界ができあがる。
 ところが、そうかんたんに理想社会は実現しない。
 ヒトの道(仁)と社会規範(礼)は、昔も今も、折り合いがよくない。
 個と全体の利害は矛盾するからである。
 儒教では、儒教5常「仁・義・礼・智・信」をめぐって、数千年にわたって喧々諤々と議論がかさねられてきた。
 百家争鳴というのは、古代の中国で、儒家、道家、墨家、名家、法家などの学派が議論をたたかわしたことをさすが、百家争鳴が、なにかをうんだという話はついぞ聞かない。
 賀茂真淵や本居宣長は、空語を並び立てただけの空しい学問として、儒教を退けた。
 やがて、朱子学があらわれて、これが中国で主流になって、朝鮮半島や日本にもつたわった。
 この朱子学が曲者で、朝鮮半島に勤労蔑視や両班特権、事大主義、恨(ハン)などの退廃をもたらしたのは、この朱子学だった。
 儒教は、なにもうまなかっただけではなく、観念論という害毒を垂れ流したのである。
 日帝36年の韓民族支配が恨(ハン)をうんだなどという言説がまかりとおっている。
 それが、韓国の反日の根拠だというのである。
 日本は、安全保障上、朝鮮に能う限りの予算と人材をつぎこんで、朝鮮を日本並みの国にしただけである。
 教育やハングル普及、衛生や文化、産業や産業インフラ、農業や植林などに力を注いで、結果、人口は960万人から2500万人へ、平均寿命は二十四歳から四十八歳(日本並み)にのび、小学校が百校から5千数百校になって、両班や奴婢の身分制度も廃止された。
 町の景観や人々の暮らしもガラリと変わって、朝鮮人は、だれもが、本物の日本人になりたがった。
 ところが、日本が戦争に負けると、手のひらを返して、ロシアや中国、アメリカにすがりついて、血を血で洗う朝鮮戦争になだれこんでいった。
 日帝36年の恨などといわれるくらいなら、半島を軍事基地化して、朝鮮を世界最貧国のままにしておけばよかったのである。

 朝鮮半島の堕落は、日帝36年の韓民族支配となんの関係もない。
 朝鮮半島が退廃したのは、中国から、科挙や宦官、朱子学をうけいれたからである。
 朝鮮半島に多大な害毒を垂れ流した朱子学は、宇宙万物の形成を、理と気の一致とみる世界観である。
 この理気二元論が、科挙試験に採用されたことから、一挙に、学問的発展をとげた。
 人間は、理において、善であるが、気において、善にも悪にもなる。
 そこで、「居敬(平常心)」をたもち、読書や「静坐(瞑想)」や「格物(心の陶冶)」などによって、本来の理に立ちもどらなければならないとする。
 この陳腐な精神主義と合体したのが小中華思想だった。
 朝鮮半島の中華思想は、みずからを小中華と位置づけて、漢民族の優越性を継承しただけではなかった。
 韓国特有の風水的迷信に立って、周辺諸民族を夷狄(野蛮人)や禽獣(畜生)と蔑んだ。
 韓国の国旗は風水の護符をデザインしたもので、韓国では、巷間「日帝風水謀略説」がささやかれた時期がある。
 中国王朝は、歴史上、四度、征服王朝(遼・金・元・清)に支配されている。
 ところが、朝鮮半島は、四夷と呼ばれる異民族の支配に入ったことがない。
 例外が、日韓併合で、韓国人は、これを民族の屈辱として、いまもなお、恨み骨髄なのである。
 韓国人のプライドは、日本人の目から見て、常軌を逸したものである。
 韓国人が日本にたいして、傲岸不遜で、礼儀知らずなのはそのせいである。
 あろうことか、東夷しかも海のむこうの夷(蛮族)が、小中華である韓国にたいして、かつて、支配的な立場に立ち、現在、対等の立場に立とうとしている。
 それだけで、かれらには、我慢ならないことなのである。
 人種差別の意識がつよい朝鮮民族は、いまもなお、四夷や夷狄を劣等民族とみなす優越感に浸っている。
 それがひっくり返されると、民族的コンプレックスという集団ヒステリーに陥るのは、火病という民族の病で、利害も合理もない。
 かれらは、ひたすら、日本を恨むが、これを責めても仕方がないだろう。
 日本人は、恩や公という心をもち、水に流す文化をもっている。
 韓国人は、恩や公という心を知らず、水に流す文化ではなく、恨(ハン)の文化しかもっていない。
 日韓のあいだには、日本海以上、遠く深い溝があるのである。
 悲劇的だったのは、中国から、科挙や宦官がはいってきたことだった。
 これに、勤労蔑視や両班特権、事大主義、恨(ハン)の精神がからんで、朝鮮半島は、物の怪がバッコするような不気味な国になった
 くわえて、16世紀の李氏朝鮮では、李退渓と李栗谷の二大家があらわれて理気二元論の花盛りとなった。
 朱子学では「聖人学んで至るべし」とあるように、学問の究極的な目標は「理」を体得し「聖人」となることとされた。
 李氏朝鮮は、こうして、中国以上の儒教国家となった。
 ちなみに、韓国の国旗(太極旗)は、朱子学の世界観を図解化したものである。
 朱子学と同時に興ったのが、知行合一の陽明学だった。
 朝鮮半島で、陽明学が異端視されたのは、朱子学が礼(秩序)なら陽明学が仁(人道)だったからだった。
 朱子学が観念主義の守旧主義なら、陽明学は知行合一の革命主義である。
 幕末の維新運動は、多分に、陽明学の影響を受けている。
 陽明学の信奉者には、吉田松陰、高杉晋作、西郷隆盛、河井継之助、佐久間象山、古くは、大塩平八郎がいる。
 明治維新で、江戸300藩は、薩長土肥に歯向かうことができなかった。
 幕府の官学が朱子学だったからである。
 朱子学は、仁(人道)をおさえこんで礼(秩序)を重んじる。
 理屈をのべたてるが、結局、行動にうつすことができない。
 幕府は、その穏便さを見越して、朱子学を官学としたのだった。
 それでは、朝鮮の事大主義はどこからでてきたのか。
 それには、三国時代(百済・新羅・高句麗)から歴史を紐解かなければならない。
posted by office YM at 12:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

タテマエ政治から脱却せよB

 ●韓国は近くてもっとも遠い国
 和田春樹東京大学名誉教授ら、日本の知識人77人が、韓国にたいする輸出規制措置の中止をうったえて、署名運動を開始した。
 左翼反日の知識人グループが、安倍政権を攻撃するためにとびついたものであろうが、レベルが低くて、話にならない。
 声明に「韓国は敵なのか」とあって、みずからを「昨今の日韓関係の悪化を憂慮する有志」と名乗っている。
 そして、「日本の市民(国民ではない)に賛同をもとめる」とうったえている。
「韓国は敵なのか」という呼びかけについては、敵と断言するほかない。
 この期におよんでも、まだ、韓国を敵とみなすことができないのが、愚かな日本の平和ボケ、左翼反日インテリなのである。
 韓国の防衛費は、この十数年で急伸して43、2兆ウォン(約4兆1840億円)にたっした。
 3倍ほどあった日韓の軍事支出差は、いまや1・2倍で、GDPで比較すると、韓国2・6%、日本0・9%と逆に日本を圧倒している。
 韓国人の30%が原爆保有支持で、南北統一後、統一朝鮮が9番目の核保有国になることをかれらは心待ちにしているのである。
 南北の融和がすすみ、北朝鮮と韓国が戦火を交える可能性はなくなった。
 米軍が駐留している以上、韓国が軍事費を加速度的にふやす理由はない。
 にもかかわらず、韓国がハイペースで軍事予算をふやしているのは、唯一つ日本に対抗するためである。
 韓国海軍レーダー照射問題は、韓国の対日敵視政策を反映したもので、友好国であれば、日本EEZ(排他的経済水域)内で、射撃予告とうけとめられるレーザーの照射などするはずはない。
 和田春樹ら韓国を善意の隣国のようにいう知識人77人は、この署名運動でも、得意の論法をもちだす。
「日本と韓国の場合は、慎重な配慮が必要になります。かつて日本がこの国を侵略し、植民地支配をした歴史があるからです」というのである。
 ばかも休み休みいうもので、知識人を自称しながら、和田らは「乙巳五賊(いっしごぞく)」や「庚戌国賊(こうじゅつこくぞく)」という韓国の歴史用語を勉強していないのか。
 乙巳五賊は、日本による韓国の保護国化を定めた第二次日韓協約(1905年)に賛同した大韓帝国5名の閣僚で、庚戌国賊は、日韓併合条約締結(1910年)をすすめた8人の閣僚のことである。
 李完用(大韓帝国内閣総理大臣)ら12人の愛国的な政治家は、韓国の人名事典に李朝末期の売国奴としか書かれていないが、すぐれた政治家だったことは、日韓併合が、世界の最貧国だった朝鮮を、現在の韓国に発展させる原動力になったことからも明らかだろう。
 日韓併合が侵略だったのなら、韓国は被害者で、したがって、五賊も国賊も存在するはずはない。
 日韓併合が、国会議決をもって、韓国の閣僚が申請したものだったからこそ五賊だの国賊だのといって、騒ぐのではないか。
 日韓併合が日本の侵略だったというなら、まっさきに、五賊・国賊の名誉が回復されるべきだろう。
 そして、民族一体となって、わるいのは、侵略してきた日本で、われわれは被害者だったのだと主張すればよいのである。

 テレビで、しばしば、日韓併合の違法論や無効論が取りざたされる。
 村山談話や菅談話をひっぱりだしてきて、謝罪や賠償までいいだす輩もいる。
「乙巳五賊」「庚戌国賊」に並ぶ用語に「丁未七賊(ていびしちぞく)」という用語がある。
 ハーグ密使事件(1907年)の後、高宗(李氏朝鮮第26代国王)の退位に関与した七人の閣僚のことで、かれらが親日派・知日派(チニルパ)だったことから、韓国では、いまだに憎悪の対象となっている。
 ハーグ密使事件は、1907年、高宗がオランダのハーグで開催されていた万国平和会議に3人の密使を送って、大日本帝国に奪われていた外交権回復をうったえようとした事件である。
 だが、会議に出席していた列強は、大韓帝国の外交権が大日本帝国にあるとして、3人の密使の会議出席を拒絶した。
 当時は、帝国主義の時代で、世界の秩序は、国力によって定められていた。
 列強は、韓国が自主外交の能力を有していない負け犬の国と見限られていたのである。
 日本の軍艦が朝鮮半島の江華島で砲撃されて応戦した江華島事件(1875年)を契機にむすんだ江華島条約において、朝鮮が、清朝の冊封から独立した独立国であることが宣言された。
 日清戦争(1895年)の勝利による下関条約においても、第一条で、朝鮮国が完全無欠なる独立自主の国であることと明記された。
 日本にとって、朝鮮国の独立が、悲願だったのである。
 ところが、朝鮮国は、独立国家をつくる気などなどなかった。
 清国になびき、日清戦争後はロシアに接近して、ロシアは朝鮮半島に食指をうごかす始末だった。
 朝鮮国の独立をあきらめた日本は、日露戦争に勝利したのち、ソウルに統監府置き、李完用らの請願にもとづいて、韓国を併合した。
 植民地化する以外、韓国を再建して、極東の安全をまもる方法がなかったのである。
 これをみて、アメリカは、日本にフィリピン支配の許諾をもとめてきた。
 日本の韓国支配を容認する代わりに、アメリカのフィリピン支配をみとめろというもので、これが「桂・タフト協定」である。
 ロシアも日露戦争後のポーツマス条約によって、日本による韓国保護国化をみとめざるをえなかった。
 そもそも、1907年の万国平和会議では、主要47か国が韓国のうったえを退けている。
 当時、世界を支配していたのは、日英同盟・日露協約・英露協商・日仏協約など帝国主義列強による世界分割協定で、アフリカもアジアも、列強の支配にのみこまれていた。
 帝国主義という大局観・歴史観に立たなければ、当時の世界秩序を理解することはできないのである。
posted by office YM at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

タテマエ政治から脱却せよA

 ●危険水域に近づきつつある日韓外交
 日本は、中国には一目置くが、朝鮮にたいしては、対等もしくは弟分とみるところがある。
 中国は、漢字文明やシルクロードの要衝で、隋や唐との交流もあった。
 一方、朝鮮は、中国の属国で、中国ほどの存在感はない。
 百済や高句麗、新羅ら古代朝鮮との連続性も明らかではなく、近代の開国にあたって、朝鮮は、日本にたいして、かならずしも、友好的ではなかった。
 朝鮮問題が、最終的に、日清・日露戦争および日韓併合という歴史的事件に発展したのは、日本列島に近すぎるという地政学的な事情にあって、かならずしも、朝鮮という国家の存在感にあったわけではなかった。
 二度にわたる元寇では、元(中国)と元の属国だった高麗(朝鮮)が対馬の住人を虐殺、日本本土に上陸して、肥前や松浦、鷹島などで鎌倉武士と壮絶にたたかった。
 神風によって、元と高麗の5千艘の船が沈没して、日本は侵略を免れた。
 だが、元寇は、歴史上、明治維新や敗戦と並ぶ大事件で、7世紀の白村江の戦い以後、朝鮮半島は、日本の鬼門として、たちはだかっている。
 朝鮮半島も中国と同様、大陸国家で、海洋国家たる日本とは、元々、反りがあわない。
 近代化以降、日本の悲願が朝鮮半島の安定にあったのは、朝鮮半島が中国やロシアの手に落ちたら、日本の安全保障は、風前の灯となるからだった。
 西郷隆盛の征韓論は、朝鮮半島と日本の共同安全保障で、近代化に後れをとった弟分の朝鮮を援けて、東アジアの安定を図ろうというものだった。
 もっとも、これは、日本の一人相撲で、日本を下位にみている朝鮮にそんな気はなかった。
 根拠は、中華思想だが、これは、日本人にぜんぜん馴染みがない。
 だが、中華思想を理解しておかなければ、韓国人や朝鮮人が永遠にわからない。
 中華思想は、世界の中心は中国、という思想である。
 朝鮮半島は中国でも中国の一部でもないが、韓国人や朝鮮人は、じぶんたちこそ本物の中華という自負をもっている。
 中国は、歴史上、四度、征服王朝(遼・金・元・清)に支配されている。
 ところが、朝鮮半島は、四夷と呼ばれる異民族の支配に入ったことがない。
 四夷というのは――
 東夷(とうい/日本などの東方諸国)
 西戎(せいじゅう/西域諸国)
 北狄(ほくてき/契丹・韃靼・蒙古などの北方諸国)
 南蛮(なんばん/ベトナムなど東南アジア諸国や西洋人)
 のことで、中華世界において、四夷は、野蛮な劣等民族なのである。
 朝鮮半島が小中華といわれるのは、本家の中国より、四夷や夷狄を侮蔑する意識がつよいからである。
 夷狄から支配をうけたことがなく、人種差別の意識がつよい朝鮮民族は、いまもなお、四夷や夷狄を劣等民族とみなして優越感に浸っている。
 それが、韓国人や朝鮮人の世界観で、かれらの傲慢さの根拠である。
 ちなみに、日本は、東夷で、朝鮮よりはるかに地位が低い。
 韓国が日本に激高するのは、東夷のくせになまいきというわけである。
 これに、両班意識、事大主義、儒教の三つがからみあって、「恨(ハン)」という異様きわまりない気質がつくりあげられた。
 韓国には、高麗王朝の忠臣たちがモンゴルの李成柱(朝鮮王朝始祖)を恨む「恨五百年」という民謡があって、朴槿恵前大統領も、日韓併合をあてつけて「加害者と被害者の歴史的な立場は1000年たってもかわらない」とのべたものである。
 これが恨(ハン)文化だが、これまで、恨文化の実体が明らかにされたことはなかった。
 恨の思想に、両班意識と事大主義、勤労を害悪視するエリート意識があったことを見逃すことはできない。
 高麗や李氏朝鮮の官僚階級だった両班(ヤンパン)は、特権階級で、給料がない代わりに、民からの略奪や搾取をゆるされて、それで懐を潤した。
 朝鮮半島で、民が働かないのは、いくら働いても、すべて、両班に奪われるからだった。
 一方、国は、さらってきた美女や奪った地方の産物を中国に朝貢して褒美をもらい、宮廷を維持した。
 こうして、朝鮮半島に、極端に生産性の低い国家ができあがった。
 儒教的観念論や迷信、風水の一つが四夷思想で、東夷・西戎・北狄・南蛮をばかにして、人々は、地べたに座り込んで、一日、無為に過ごす。
 経済原理や合理的精神が死に、朝鮮半島は退廃のきわみにたっして、打つ手がなくなった。
 それが、日韓併合直前の朝鮮半島で、世界一の最貧国家だったのは、生産や繁殖、創造が停止したからだった。
 朝鮮半島の恨は、痛恨や悲哀、無常観で、なんの見返りもないまま呪うだけだった。
恨≠フ対義語が恩≠ナある。
 朝鮮半島と同じように日本の支配をうけた台湾が、恨ではなく、日本に恩をかんじた理由は、台湾には、生産や繁殖、創造の手段があったからである。
 ところが、朝鮮半島にあったのは、両班意識と事大主義、儒教と四夷意識の観念だけだった。
 生産や繁殖、創造性が決定的に欠けて、それが、朝鮮半島に危機を致命的なもたらした。
 これが象徴的と思われるのは、現在、日韓のあいだで、問題になっているのが、半導体製造に欠かせないフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の3品目だったからである。
 半導体の世界的トップメーカーである韓国が、この3品目を製造する能力をもっていなかった。
 であれば、日本と友好的な関係をつくって、日本からの補給が絶えないように配慮すべきだろう。
 ところが、韓国は、それができない。
 なぜなら、日本は、仮想敵国だからである。
 自国産業の血液というべき資本財の輸入元の国を仮想敵国にして、牙を剥く。
 それが韓国のわけのわからないところだが、以上、縷々述べてきた事情から深層構造にすこし察しがついたはずである。
 次回以降、歴史的経緯や貿易摩擦を視野にいれながら、さらに、日韓関係を検証していこう。

posted by office YM at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

タテマエ政治から脱却せよ@

 ●丸山議員問題と日韓外交危機
 北方領土返還で「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員をめぐって、ドタバタ劇がくりひろげられた。
 日本維新の会の除名から国会の「糾弾決議」、自民・公明の「譴責決議案」、野党6党派の「辞職勧告決議案」に至るまで、丸山議員叩きは、すべてタテマエ論で、ホンネの現実感覚ゼロという空虚さであった。
 テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「羽鳥慎一モーニングショー」でこう叫んだ。
「戦争しないっていうのは国是なんです。日本は戦争をしないと決めた国なんですよ。『戦争という手段しかないんじゃないですか』というような発言をする人間には国会議員の資格はないと思います」
 日本が戦争をしないと決めた国なら、他国が日本の領土を奪おうと、日本人をいくら殺そうと、遠慮はいらないということになる。
 国家には自衛権があって、それはゆるさないというのなら、二枚舌で、そうなら、日本は戦争をしない国などというタテマエはいわぬがよい。
 丸山議員は「北方領土を不法占拠しているロシアに糾弾決議を出すなら分かるが、わたしに出すというのは遺憾だ。任期をまっとうしていきたい」とのべた。
 除名、糾弾、譴責、辞職勧告でつるし上げられた丸山のホンネのほうがよほど正気ではないか。
 丸山発言は、ロシアの「北方領土は戦争でとった」にたいする売りことばの買いことばで、丸山が悪いというのなら、ロシアの言い分、ロシアの言い分を垂れ流してきたメディアに落ち度はないのか。
 ロシア外務省のザハロワ情報局長が丸山議員をさして「言語道断だ。一人の政治家の極端な意見なのか、日本のエリート(丸山は東大卒)の感覚を反映したものかどうか調べる」と恫喝した。
 この脅しを耳にしたのかどうか、維新の会がソ連大使館へのこのこと謝罪にでかけた。
 百田尚樹は怒り心頭に発してこうのべる。
「旧ソ連が(北方領土を)強盗したのだ。被害者が強盗に『すいませんでした』って言うのはおかしいだろ」
 ネットはもっと過激で、「言語道断は、お前らロシアだ! お前らが、大東亜戦争終結後、日ソ中立条約を一方的に破って、火事場泥棒で日本の北方領土を占領、略奪、強姦、殺人のかぎりをつくし、極寒のシベリアに60万人の日本人を抑留して殺した。ふざけるな! 」という調子である。
 ネットウヨが悪評紛々なのは、タテマエを忘れて、このようにホンネを吐くからである。
 ちなみに、「丸山穂高議員の議員辞職は必要ですか?」という質問には90パーセント近くがノーと答えている。
 投票総数6053票/議員辞職の必要ない88%/議員辞職するべき12%
 頭に血がのぼった日本の政界・マスコミ・TVタレントの対応にたいして、ウクライナ気鋭の政治学者アンドリー・グレンコの観察は冷静なもので、日本の「二島返還」に反対論を展開しただけのことはある。
「丸山議員の発言は、戦争が不可能なら返還も不可能、というロシアにとって有利な論理をひきだした。失敗だ。ロシア経済には好材料がない。日ロ交渉のタイミングは、将来、日本とロシアの立場が逆転して、ロシアが日本に援助をもとめてきたときだ」
 これまで日本には、現実的なスタンスに立って、ストレートにホンネを吐くグレンコのような識者は皆無だった。
 もって回った口ぶりで、きれいごとのタテマエを並び立て、ホンネを隠すのがこれまでの日本人のやりかただった。
 その悪癖によって、日本は、いままで、どれほど、損をしてきたことか。
 大義名分やタテマエを立て、前大戦では、世界を敵に回して、原爆まで落とされた。
 日本人は、タテマエとホンネの両方を使い分けているつもりでも、外国人にとっては、ただの嘘か二枚舌でしかない。
 タテマエには、世界から理解をえる真実も普遍性もないのである。
 アメリカは、韓国抜きで北朝鮮と交渉でき、中国とは四つに組んで、貿易摩擦という相撲をとっている。
 韓国も日韓同盟も、いまや無用というわけで、これが、アメリカのホンネである。
 ちなみに、ロシアの「北方領土は戦利品」というのもホンネである。
 日本人は嘘つきといった外国人外交官がいたというが、タテマエは、ウソよりも罪が深い。
 ウソは個人の出来心だが、タテマエは、全体主義で、中国や北朝鮮は、タテマエだけでできている国である。
 ファシズムも民主主義も、全体主義も官僚主義も、儒教とりわけ朱子学の大義名分論も国家スローガンも、赤信号みなで渡ればこわくないジョークも戦争放棄も、すべて、タテマエである。
 日本が、外交で失策をかさねてきた原因が、このタテマエ主義だった。
 タテマエを捨てて、ホンネをずけずけいう政治家が丸山議員である。
 レーザー照射問題では岩屋防衛相にこう注文をつけている。
「うそでも百回言っていったらこれが正しいみたいなことになりかねませんので、しっかりこれは主張していただきたい」
 北方領土問題では、河野太郎外相への質問をこうしめくくっている。
「領土が戦争や武力以外で返ってきたというのは稀なケースと思います。その稀なケースに挑戦しなければなりません。外相や総理の手腕にも期待しております」
 そのほか、国会議員の「国籍条項」や生活保護法の「国民条項」など、これまで、馴れ合いですまされてきた問題についても鋭いつっこみをいれている。
 一連の丸山バッシングにのっかったタレントにもホンネをぶつけた。
「上西小百合氏の末期症状に酷似」と丸山議員を批判した東国原英夫にたいしては、「『おまゆう(おまえがいうか)』に思わず大爆笑」「暴行容疑の現行犯で逮捕、傷害容疑で書類送検、淫行関係で事情聴取されたことのある芸人にえらそーに言われてもねぇ」と一蹴。
 フジTVバイキングへの出演を誘った坂上忍には「飲酒運転で器物破損逃亡劇の件をやるなら検討しますけど、残念」とこばかにした風情。
 顔も見たくないと丸山を批判した和田アキ子にたいしても「わたしも和田さんが出たらチャンネル変えます。一緒で光栄です。最近はテレビで姿を見ません。紅白すら出てないようですね」と揶揄している。
 それだけではない。フジテレビには、人気番組「志村けんのバカ殿様」を「肉布団番組(水着の女性たちが布団代わり)」と批判した上で、「そのほか、持ち株会社の税金無駄遣いクールジャパン機構出資とか放送法上の問題にからめて言うべきことが数多くある」とフジテレビ上層部にゆさぶりをかけた。
 日本人は、頭でっかちに、意味や価値、原理などの抽象論ばかりいって、現実的なモノやコト、具体的な事象には目をむけてこなかった。
 それがタテマエ主義で、タテマエが横行すると、現実機能や現実にたいする適応力が害われる。
 観念論的なタテマエ主義から脱するには、丸山議員のような実在論的個人主義者の登場が必要なのである。
 次回以降、タテマエ外交で、泥沼化した日韓関係をふりかえってみよう。

posted by office YM at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つF

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つF
 ●愛子さまが天皇になられない理由C
 女性天皇論者は、愛子さまが天皇になられないのはおかわいそうという。
 皇位の男系相続にたいして、女性差別や男尊女卑、悪しき因習という反発が国民レベルにまで高まっているのである。
 日本は、かつて、8人10代の女性天皇をいただいた。
 それが、男女平等で、因習に縛られない美風だったというつもりであろうか。
 8人の女帝には、すべて、未亡人か、生涯独身だった。
 子をもうけて、その子が天皇になると、皇統が絶えてしまうからである。
 皇統とは、神武天皇の男系の血統で、それが、2700年つづいてきた神武王朝である。
 女性天皇が結婚して、子をもうけると、権力とともに皇室の血統が夫側へ移ってしまう。
 天命ではなく、血統による易姓革命がおきてしまうのである。
 それを避けるために、8人の女帝は一代限りの皇位をまもって、その皇位を神武天皇の血をひく男系天皇にひき継いできた。
 女帝は、権力抗争の渦にまきこまれて、女性として、きびしく、不幸な生き方をしいられてきたといってよい。
 天皇になれない愛子さまがおかわいそう、という感情論で語ってよい話ではないのである。
 未亡人で、再婚されなかった女帝は、推古、皇極(後の斉明天皇)、持統、元明の四方である。
 そして、生涯、独身をとおされたのが、元正、孝謙(後の称徳天皇)、明正、後桜町の四方である。
 最初の女帝・推古天皇は、欽明天皇の皇女で、敏達天皇の皇后だった。
 推古天皇が天皇に即位した経緯には、悲劇的な要素が大きい。
 夫の敏達天皇とその弟の用明天皇が相次いで崩御すると、その後に即位した末弟の崇峻天皇も、蘇我馬子が放った刺客(東漢直駒)に暗殺される。
 用明天皇の皇子で、推古天皇の摂政だった聖徳太子も、没後、子の山背大兄王が、蝦夷入鹿の襲撃を受けて、斑鳩宮で一族もろとも自害、上宮王家が断絶するという悲劇に見舞われる。
 山背大兄王が、田村皇子(舒明天皇)との皇位争いに敗れた末のことだったが、山背大兄王を倒したその入鹿にも、悲劇がまちうけていると、入鹿は知る由もない。
 推古天皇を介して、欽明から敏達、用明、舒明へとつながれた男系も、そののち、けっして、安泰ではなかった。
 舒明天皇とのあいだに天智天皇、天武天皇らをもうけた2番目の女帝、皇極天皇が49歳で即位したのは、継嗣となる皇子が定まらなかったからだった。
 その皇極天皇の目の前で、中大兄皇子と中臣の鎌足が、蘇我入鹿を暗殺するという前代未聞のクーデターを起こす。
 この乙巳の変(大化の改新)の翌日、皇極天皇は同母弟の軽皇子(後の孝徳天皇)に皇位を譲った。
 政治の実権は皇太子の中大兄皇子がもっていたが、皇位にはつかなかった。
 中大兄皇子が天智天皇として即位して、同母弟の大海人皇子(のちの天武天皇)を皇太弟とするのが、それから20数年後のことである。
 のちに、第1皇子・大友皇子(のちの弘文天皇)を太政大臣とし、辞退した大海人皇子の代わりに大友皇子を皇太子とするのだが、それが、古代史上、最大となる乱の前触れだった。
 天智天皇の没後に、大友皇子と大海人皇子とのあいだで争い(壬申の乱)がおき、敗れた大友皇子は自害する。
 勝った大海人皇子は、即位して、天武天皇となった。
 三番目の女帝となった持統天皇は、天武天皇の妻だが、事情が前例とはやや異なる。
 天武天皇の政治をひきついで、飛鳥浄御原令の施行など、律令政治の基礎を固める一方、子の草壁皇子を即位させるため腹ちがいの子大津皇子を処刑するなど、持統天皇は、鬼子母神的な女帝でもあった。
 草壁皇子が若くして亡くなると、持統天皇が即位して、皇子の子の珂瑠皇子(文武天皇)の成長を待つ。
 四番目の女帝、元明天皇(草壁皇子の妃)も事情は似ている。
 即位したのは、子の文武天皇が25歳の若さで崩御し、遺児・首皇子(聖武天皇)がわずか7歳だったからである。
 持統天皇同様、皇位をあずかって、孫の成長をまったのである。
 五番目の女帝、元正天皇は、草壁皇子と元明天皇の皇女で、母の元明天皇の遺志をうけついだ聖武天皇へのつなぎ役であった。
 六番目の女帝、孝謙・称徳天皇は、女性天皇・女系天皇を考えるのに示唆的な特異な天皇だった。
 父は聖武天皇、母は藤原氏出身で、史上初めて、人臣から皇后となった光明皇后(光明子)である。
 第46代孝謙天皇は、第47代淳仁天皇に譲位するまでは、つなぎ役の女性天皇にすぎなかった。
 ところが、孝謙上皇となって、道鏡を寵愛して淳仁天皇と不和となり、淳仁天皇を廃して、皇統に危機が襲ってくる。
 重祚して第48代称徳天皇となって、太政大臣禅師、法王へとのぼり詰めた道鏡は、ついに、皇位を望む。
「道鏡を天皇にせよ」という宇佐八幡神からのお告げは、和気清麻呂によって退けられるが、道鏡の怒りを買った清麻呂も大隅に流罪になる。
 称徳天皇が没して、道鏡の失脚後、天智天皇の孫である第49代光仁天皇が即位、このとき、皇位は、天武系から天智の系統へと移っている。
 道鏡を下野に流して、綱紀や政教を立てなおした光仁天皇は、和気清麻呂を召還するが、皇統の危機を救った和気清麻呂は、桓武天皇からも厚く迎えられ、平安遷都に尽力する。
 七番目の女帝・明正天皇は、幕府と対立した後水尾天皇の対抗策で、7歳の内親王を即位させて幕府をケムにまき、本人は、もっぱら、院政を敷いた。
 最後の女帝となった八番目の後桜町天皇は、若くして崩じた弟の桃園天皇の皇子(後桃園)の成長を待ったもので、そのために、一生を捧げた。
 女性天皇が、はたして、天皇になれない愛子さまがおかわいそうという甘い地位だったろうか。
 女性天皇論者は、愛子天皇を望むが、愛子さまが天皇になる可能性は、万に一つもない。
 愛子さまが、皇祖皇宗が2700年間まもってきた皇統の男系継承の伝統を破って、称徳天皇と道鏡ができなかった万世一系を否定するだろうか。
 あえて、神武天皇に反逆して、みずから、歴史の永遠の汚名を着るだろうか。
 明仁上皇、上皇后美智子も、女性天皇をお望みではなかった。
 百二十五代にわたって男系継承であったものが、ご自身の御代においてその原理が変更されては、皇祖皇宗に申し訳が立たないからである。
 ェ仁親王の長女、彬子女王も「男系継承の伝統を大事にするべき」とのべておられるとおり、皇室内には、宮内庁を別にして、女性天皇をみとめる空気はない。
 皇統は神武天皇以来、男系で継承されてきた血筋のことで、直系に該当者がおられない場合は、つねに、傍系から皇胤を得てきた。
 今日、この傍系に当たるのは、戦後まもなく皇籍を離脱された旧十一宮家で、そこには、かなりの人数の男系男子がおられる。
 その方々のなかから、何人かが皇籍に復帰できる方法を考え、男系の宮家の数を増やす。
 皇室をまもるには、それが、だれが考えても、いちばんあたりまえの方法だろう。
 必要なのは、歴史上、前例のない女性宮家ではなく、前例のある男性宮家なのである。
 旧皇族が「皇統に属する皇族」にもどることができず、二千年間、けっして「皇統に属する皇族」になれなかった一般男性の子どもが皇統に属することができるという女系天皇論者の理屈はいったいどこからくるのだろう。

posted by office YM at 13:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つE

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つE
 ●愛子さまが天皇になられない理由B
 日本共産党は反天皇の綱領をもっている。
 その綱領に「一つの家族が国民統合の象徴となる天皇制は民主主義と人間の平等の原則に反する」とある。
「一つの家系が日本を象徴する制度が未来永劫つづくのは不合理(日本共産党小池晃書記局長)」というのである。
 天皇の地位が、親から子への直系相続にあると思っているのは、共産党や女系天皇論者だけではない。
 一般国民も、多くが、民法的な感覚で、直系長子相続が自然と考えている。
 そこから、女性宮家の創設や女性天皇という考え方がでてくる。
 天皇が男子に恵まれなかったら、女子が新天皇になってもよいではないかというのである。
 皇位の継承を男系男子に限っている「皇室典範第1条」を改定するうごきもある。
 すでになんどものべてきたように、女系では、先祖の血筋を継承できない。
 男性のY染色体は、世代を重ねても、純粋な形で男子に継承される。
 ところが、女性X染色体は、世代がかわるたび、交叉して、系統が変化する。
 女系男子が皇位を継承した場合、新天皇は、神武天皇ではなく、母方の夫側の染色体をひきついでしまうのである。
 家族や家系なら、直系長子相続でよいだろう。
 だが、天皇は、一系の王朝であって、家族でも家系でもない。
 直系長子相続では、神武王朝ではなく、天皇一家の家系になってしまう。
 現在、日本では、天皇が王朝であることが、まったく理解されていない。
 日本が世界から一目おかれる伝統国家で、それが日本の国際的地位を高めているのは、天皇が数千年の歴史を有する王朝だからで、天皇が、憲法によって国民統合の象徴とされているからではない。

 日本が数千年にわたってまもってきたのは、天皇一家ではなく、万世一系の神武王朝だった。
 それを象徴するのが、神武天皇の血統を大幹とする系統樹である。
 神武天皇の血統という幹から男系宮家という枝が四方へのびている。
 その一本の枝が第119代光格天皇から今上天皇(第126代徳仁)へつらなる閑院宮家で、8代にわたって、皇統として、神武王朝を継承してきた。
 第118代後桃園天皇が22歳で急逝して、直系の皇族に男子がいなかったため、1780年、光格上皇が、傍系の閑院宮家から9歳で即位した。
 光格天皇と先代の後桃園天皇とは8親等の隔たりがあって、直系長子相続の感覚からいえば、限りなく他人に近い遠い親戚だった。
 閑院宮家は、光格上皇から6代さかのぼった東山天皇の第6皇子が創設した宮家で、皇統の断絶を危惧した新井白石が将軍徳川家宣に建言して設けられた男系宮家である。
 一つの家系や家族あるいは直系では、皇統をまもることはできない。
 皇統が、神武天皇の血統をひく男系宮家という枝によって、まもられてきたのは、今上天皇が閑院宮家系だったことからも明らかだろう。
 かつて、皇位の傍系相続が三度おこなわれた。
(1)第25代武烈天皇から第26代継体天皇(9親等の隔たり)
(2)101代称光天皇から第102代後花園天皇(9親等の隔たり)
(3)第118代後桃園天皇から第119代・光格天皇(8親等の隔たり)
 親等は、直系長子相続を基準とする家族や家系の遠近の度合いをしめす。
 だが、祖先の系統をまもる王朝では、親族の遠近をしめす親等は問題にならない。
 問題になるのは男系宮家という枝で、王朝は、直系長子相続ではなく、男性宮家の世襲によって維持されてきた。
 王朝が男系相続となったのは、女系相続では、閨閥政治や政権抗争、独裁をうみ、内紛や政争、摩擦を避けられなかったからである。
 日本で、一つの王朝(皇統)が2000年以上、維持されてきたのは、古代国家の大連・大臣から律令体制における二官八省、摂関政治や院政、武家政治にいたるまで、天皇と権力の二元論が成立したからだった。
 権力が天皇を立てて、その下で、自律的に権力を操作したのである。
 社会も人間も、物と心、合理と不合理、聖と俗の両面をもっている。
 権威と権力、国体と政体、文化と軍事の二元論は、そういった二元的、多元的な世界に対応するもので、神武王朝=日本国家は、天皇と将軍の二人がおられたことによって、2700年の長きにわたって、体制を維持できたのである。
 ヨーロッパや中国、中東やアジアにおいて、権力や宗教は、一元的だった。
 その結果、圧政や恐怖政治、宗教弾圧、奴隷制度などが横行して、人々は塗炭の苦しみをなめた。
 民主主義や人権は、数千年におよぶ暗黒時代の反動で、チャーチルではないが、ファシズムよりはましという代物にすぎない。
 神武王朝は、古事記や日本書紀がつくりだしたフィクションだったかもしれない。
 だが、日本は、そのフィクションにどっかり腰をすえて、天皇と近代国家を運営してきた。
 日本は、民主主義や平等が人類の理想であるような不幸で貧しい歴史をもっていないのである。

posted by office YM at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つD

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つD
 ●愛子さまが天皇になられない理由A
 BSフジの「プライムニュース(2019年5月21日)」で、衛藤晟一参院議員が、皇統問題にからめて、Y染色体の話をもちだすと、京都産業大の所功名誉教授は「生物学レベルまで下げて議論してはいけない」とたしなめた。
 皇統の男系相続は歴史の叡智と伝統で、たしかに、生物学レベルで語られるべきではないかもしれない。
 だが、歴史や伝統を破壊して、女系天皇を実現しようとしているのは、所ら女系天皇論者で、その根拠が、大衆迎合の男女平等や民主主義である。
 皇統問題を、ついこのあいだうまれたばかりの近代主義のレベルまで下げて議論してはいけない、といいたいいたくなる。
 皇統にかかるY染色体の議論は、あくまで、結果論である。
 そして、動機論が、皇統をまもる男系相続だったのは、いうまでもない。
 女系相続では、皇統をたもつことができない。
 皇位を簒奪しようという、道鏡や足利義満のような野心家がでてくるからである。
 女系天皇の夫になって子種をもうければ、子が天皇に、夫が上皇になれる。
 それが、X染色体の弱点で、代がかわるたび、男系の祖先が入れ替わる。
 神武天皇の血統をまもるために、女性天皇は、夫をもたず、子をもうけず、皇胤を男系に限定した。
 Y染色体は、男系の祖先から一系となるので、世襲によって、血統がまもられる。
 経験則にのっとった歴史の叡智というしかない。

 人類進化の学説としてよく知られているものに「ミトコンドリア・イブ」がある。
 人類の母系祖先をさかのぼっていくと、16万年前にアフリカにいた一人の女性にたどりつくとする説である。
 素人にはわからないが、母親から女の子どもに受け継がれるミトコンドリアDNAの塩基配列の解析結果という。
 遺伝にかかわる因子に、X染色体とY染色体、ミトコンドリアDNAの三つがある。
 X染色体を2本もつ女性の場合は、母親から受け継いだX染色体と父親から受け継いだX染色体のあいだで交叉と遺伝子の乗り換えがおこる。
 したがって、先祖を特定できず、血統の正統性がたもてない。
 一方、男性のY染色体と女性のミトコンドリアDNAは、交叉がおきないので、どこまでも、先祖をたどってゆける。
 女性のミトコンドリアDNAは、16万年前までさかのぼった。
 男性のY染色体は、日本の場合、途中で、神話に継ぎかえられた。
 神武天皇以前が神話で、神武天皇以降が実史である。
 皇紀2600年は、遺伝子のレベルで、検証が可能だったのである。

 衛藤議員のY染色体説を一蹴した所功は、一方で、こんな珍説をのべる。
「皇祖神として天照大神という女神を仰いでいるという事実を考えれば、男系や女系、男子や女子よりも、皇室の御祖先が大事」
 天照大神が女神なので、女性天皇でもよいというのは、田中卓や小林よしのりと同じ見解である。
 黄泉の国からもどった男神のイザナギが禊をおこなって、左目から生まれたのが天照大神で、このとき、右目から須佐之男命(スサノオノミコト)、鼻から月読命(ツクヨミノミコト)がうまれた。
 男であるイザナギの左の目から生まれた天照大神が、どうして女系なのか。
 そもそも、天照大神が女性という根拠はきわめて薄い。
 天照大神とスサノオによる誓約(うけひ/占い)によってうまれたのがアメノオシホミミ(天忍穂耳命)で、高天原から日向の高千穂峰へ天降ったニニギ(瓊瓊杵尊)の父である。
 ここまでが神話だが、どこに女系の根拠があるのか。
 男系女系がでてくるのは、木花開耶姫を娶ったニニギからである。
 火遠理命(山幸彦)と豊玉姫、鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)と玉依姫、神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレヒコノミコト=神武天皇)と吾平津姫と、ニニギ以後、神武まで、4代に亘って、男神が姫を娶っている。
 女系というのは、たとえば、木花開耶姫や豊玉姫、玉依姫、吾平津姫が天皇になるにとどまらず、女天皇の産んだ子が天皇(皇胤)になることである。
 そんなばかなことはおきていない。
 皇祖神の天照大神が女神だから、天皇が女系でいいというのはとんでもない暴論で、日本人が、天皇の男系相続をもって、権威と権力の二元論を発明した歴史的功績を忘れている。
 男系を世襲にすることによって、天皇の権威が磐石になった。
 その権威から、正統性をさずかって、権力に節度と施政力がそなわった。
 天皇の男系相続には、日本という国家ができあがった原理が隠されていたのである。
 ところが、戦後、日本の歴史学者は、皇国史観や古事記・日本書紀の否定に血眼になるばかりで、古代日本の国家や権力構造を明らかにする勉強や研究を怠ってきた。
 そして、記紀に書かれていない邪馬台国が大和国、卑弥呼が日巫女の蔑称であったことを棚上げして、記紀の編者が全員嘘つきだったと言い張ってきた。
 所功や田中卓らの暴論は、日本の歴史学者の愚かさを象徴していたのである。

posted by office YM at 11:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つC

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つC
 ●愛子さまが天皇になられない理由@
 京都産業大の所功名誉教授はこうのべる。
「男系男子を重んずる風習は軽視できないが、それに固執してはなりません。皇室典範第9条『養子の禁止』と同第12条『皇族女子の結婚による皇籍離脱』を改正すれば、減少傾向にある皇族を維持し、さらに永続できる可能性がでてきます」
 そして、こう駄目を押す。
「史上に実例のある男系の女性天皇を例外的にみとめておくことです」
 男系の女性天皇以後をどうするのか。
 令和元年、共同通信の緊急世論調査では、女性天皇の賛成が79.6%で、反対の13.3%を大きく上回った。
 愛子天皇が誕生すれば、直系への皇位継承が100%に近くなるだろう。
 所はそれを見込んでいるのである。
 だが、それは、万世一系と神武王朝の終焉である。
 皇統は、その時点で、愛子天皇の夫側の祖先へ移る。
 祖先は、10代も遡れば、大抵、不明になってしまう。
 それでは、日本の皇室は、皇祖が不明ということになる。
 それで、はたして、天皇の権威や国体の永遠性、国家の背骨、国民のアイデンティティはまもられるか。
 皇室典範で、皇嗣は、悠仁親王殿下ときまっている。
 それなのになぜ、くり返し、女性天皇論がでてくるのか。
 悠仁親王殿下と愛子内親王殿下の対立を煽っているのである。
 BSフジ【プライムニュース】(2019年5月21日)で、衛藤晟一参院議員が所功に「悠仁さまが世継ぎではないか」と問うと、所はこう応えた。
「皇室典範3条で直系にもどせます」
 これは問題発言である。第三条にこうある。
「皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる」
 悠仁親王殿下と愛子内親王の皇位継承順序を変えるにあたって、皇嗣の不治の重患や重大な事故を想定する第三条をもちだすのは、不敬にして不謹慎きわまりない。
 皇室ジャーナリストによると愛子天皇§_が浮上してくるのは、令和3年という。
 令和3年の12月には、愛子さまが20歳の成年になられて、公務の活動をおはじめになるからである。
「成年を迎えたあとは、一般参賀のお手ふりや公務に参加するようになります」(宮内庁関係者)
 所は、皇室典範を変えて、愛子天皇の道を開けという。
 悠仁親王殿下がおられるのにそんなことができるわけはない。
 万が一、愛子天皇が実現しても、愛子さまのお子は天皇になれない。
 過去、8人の女帝は、全員、生涯独身か未亡人で、子をもうけていない。
 女帝の配偶者に権力を握らせないためで、父系が入れ替わる女系天皇は、歴史上、一人もいなかった。
 愛子さまのお子に皇位が継承されるのは、愛子さまが、旧宮家の男子と結婚されて、男子を主産された場合にかぎられる。
 それなら、悠仁天皇が男子に恵まれなかった場合、皇位を継ぐことができるばかりか、皇位の継承者がふえる。
 旧皇族の竹田恒泰(慶応大講師)が、皇位継承問題について、旧皇族20人以上と意見交換した結果を月刊誌(「正論」)に発表した。
 終戦後、皇籍離脱した旧皇族の多くが、皇籍復帰を要請された場合「一族として要望に応える覚悟を決めておかなければならない」と考えているというのである。
 主に現在の宮家と養子縁組することで、男系を継承することを想定しているといい、大多数が、男系の皇統は維持されるべきだと考えていて、女性・女系天皇を容認するひとは一人もいなかった。
 旧宮家をはじめとする男系男子の血統をもつ人々の皇籍復帰や養子縁組案については従来、「長年民間で暮らしていることから国民の理解は得られない」という指摘が有識者や政府、マスコミらから出ていた。
 ところが、国民の意識はそうではなかった。
 産経新聞・FNN合同世論調査結で、「男系男子の皇族を増やすため、戦後に皇籍離脱した旧宮家の復帰をみとめてもよいか」との質問にたいして「みとめてもよい」(42・3%)が「みとめない方がよい」(39・6%)を上回った。
 所功や小林よしのり、園部逸男、田中卓、高森明勅ら女系天皇論者は、愛子内親王が、悠仁親王を退けて、皇位につくべきと主張する。
 そんなことができるわけはない。
 万世一系が皇室の原理で、民間の男性は、完全に排除される。
 仮に愛子内親王殿下が民間人の男性とご結婚されたとしよう。
 その民間人が皇族、そして天皇になれば道鏡そのものである。
 愛子さまが、男系相続を否定して、孝謙上皇(後の称徳天皇)の道鏡スキャンダルの二の舞を演じるであろうか。
 皇祖皇宗の大御心を裏切って、2600年の万世一系を破った女帝として、歴史に永遠の汚名を残す役割を、愛子さまがひきうけるだろうか。
 愛子内親王は、一生、独身をまもるのは、100%まちがいない。
 女帝は生涯独身か未亡人の不文法が、踏襲されるのである。
 そうなれば、皇統に、真の危機が襲いかかる。
 寛仁親王殿下の長女、彬子さまが毎日新聞のインタビューで、女性宮家創設だけが議論される現状に違和感を表明された。
「男系でつづいている旧皇族におもどりいただくとか、現在ある宮家をご養子として継承していただくとか、他に選択肢もあるのではないかと思います」ときっぱりご発言されたのである。
 女系天皇論者は、役人や左翼、反日と結託している。
 旧宮家の皇籍復帰運動をもっと積極的にすすめるべきだろう。
posted by office YM at 16:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つB

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つB
 ●女系天皇論者が知らない歴史の叡智
 女系天皇論者の主張には3つの共通点がある。
 @天皇の地位や皇統の根拠を憲法にもとめる
 A男女平等などの近代主義に立って、伝統を無視する
 B旧皇族の皇籍復帰に反対する
 天皇は、憲法に規定された存在で、近代主義の下にある。
 したがって、血統にもとづく旧皇族の皇籍復帰には、断固、反対する。
 それが、所功(京都産業大学名誉教授)や小林よしのり、池上彰ら女系天皇論者の主張である。
 憲法条文や近代用語を丸暗記して、先生から頭をなでなでされる中学生並みの知的レベルで、伝統的価値や歴史の叡智、合理性の懐疑などの大人の知恵には遠くおよばない。
 終戦直後、GHQの最大の関心事は、国体の破壊で、そのための政策が神道指令や皇室の財産没収、臣籍降下だった。
 昭和天皇は、政治利用するとしても、GHQにとって、皇室は、帝国主義の土台となった頑迷固陋なる旧体制でしかなかった。
 皇室は、自然消滅すべきもので、GHQには、皇室をまもる気などさらさらなかった。
 女系天皇論者がのっているのは、その論理で、GHQの目をとおして日本の伝統や歴史、民族をながめている。
 かれらが、アメリカ民主主義にとびついたのは、70数年前、日本で、敗戦革命がおきたからだった。
 左翼憲法学の重鎮、宮沢俊義らは、これを八月革命と呼んだ。
 この革命から、渡部昇一や小堀桂一郎らがいう敗戦利得が生じた。
 戦後、GHQの反日政策に加担した左翼・反日勢力は、公職追放令で空席になった社会的地位を独占して、日本が独立を回復したのちもそこに居座った。
 そして、憲法擁護や民主主義、国民主権や人権を叫んだ。
 かれらが反日なのは、宗主たるGHQの政策が反日だったからである。
 受け皿となったのが、大学やマスコミ、官公庁や労組だった。
 いまなお、この四つが、反日の牙城になっている。
 その一派が、女系天皇論者で、みな、敗戦革命に洗脳された人々である。
 そうでなければ、2600年の伝統を捨てて、たかだか、130年前の明治憲法、わずか、70年前のGHQ憲法をとるなどの愚かな真似ができるはずはない。

 かれらは、科学や合理主義をもちだして、万世一系を否定する。
 2000年もたてば、神武天皇の遺伝子も変質している、染色体の遺伝性は科学的に証明されていないというのである。
 だが、問題は、そんなところにあるのではない。
 人々が、長年、そう信じてきた事実が大事で、それが、歴史である。
 歴史は、過去がどうあったかではなく、人々がどう信じてきたかであって、だれも、過去を見たことがない。
 武烈天皇が、506年、後嗣を定めずに崩御したのち、大伴金村や物部麁鹿火、巨勢男人ら有力豪族が、越前にいた応神天皇の5世孫にあたる男大迹王を継体天皇として迎えた。
 その根拠が万世一系で、血統は、大伴金村らのつよい信念であって、血液検査の結果ではなかった。
 特攻隊の遺書にこうある。
「日本の国体は美しいものです。神代の有無よりも、私は、それを信じてきた祖先の純真そのものの歴史の姿を愛します。美しいと思います。国体とは祖先の一番美しかったものの蓄積です。実在では、わが国民の最善至高なるものが皇室だと信じます。私はその美しく尊いものを、身をもって守ることを光栄としなければなりません」(ベルナール・ミロー/神風)。
 本居宣長も、古人が理解したように、古事記を理解すべしといった。
 歴史は、人々が信じてきたフィクションで、伝統の価値や歴史の叡智は、そのフィクションのなかにある。
 テレビの討論番組で、首相補佐官で自民党参議院議員の衛藤晟一が染色体の話をもちだすと、所功は「生物学の問題ではない」と一蹴した。
 衛藤は、このとき、昔のひとが、Y遺伝子の存在を知っていたかのようだといったのだが、これには、すこし、説明が必要だろう。
 古代の日本人が男系相続をえらんだのは、Y遺伝子の存在を知っていたからではなく、女系相続では、権力抗争がおきるからだった。
 男系は世襲で、女系は閨閥である。
 しかも、閨閥では、権力の正統性となる祖先が定まらない。
 したがって、つねに、覇権を争っていなければ、権力を維持できない。
 このとき、日本人は、男系を立てて、これを世襲とする権力構造を発明した。
 女系においては、武力で覇権を握ることができるが、男系には、血統の壁があるので、手も足もでない。
 そこで、男系を権威として、その下で、権力を系列化することにした。
 すると、戦争がやみ、体制が安定した。
 これが、権威(国体)と権力(政体・幕府)の二元論である。
 女系閨閥を捨て、男系世襲をとった結果論がY染色体だった。
 昔のひとがY染色体を知っていたのではなく、男系の世襲がY染色体の相続経路と一致していたのである。
 これは、大発明で、男系による権威の世襲によって、日本は、たたかうことなく、弥生時代の末期から古墳時代、飛鳥時代の1000年余をかけて、のちに大和朝廷となる統一国家を築きあげる。
 圧巻なのが、3〜7世紀の古墳時代で、日本全土で、4000基以上の前方後円墳がつくられた。
 争うことなく、大和朝廷のモニュメントだった前方後円墳を、日本全土から朝鮮半島南部にまでひろげたのである。
 女性天皇論者は、伝統的精神や神道、神話を否定する。
 ところが、所功や小林よしのりらは、天照大神をもちだしてくる。
 天照大神が皇祖神なので、女系天皇に正統性があるというのである。
 次回は、話を神話へ転じて、女性天皇論を論じよう。
posted by office YM at 14:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つA

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つA
 ●池上彰が説く「女系宮家」のゴマカシ論法A
 現在、皇統をめぐって、日本の世論は、男系男子派と女系女性派の真二つに分かれて、水面下で、はげしく、争っている。
 男系男子派の学者は、小堀桂一郎(東京大学名誉教授)、新田均(皇學館大学教授)、百地章(法学者/日本大学名誉教授)、八木秀次(法学者/麗澤大学経済学部教授)、大原康男(國學院大学教授)、竹田恒泰(明治天皇の玄孫/慶応大学院講師)、松浦光修(皇學館大学教授)らで、論客として、谷田川惣や八幡和郎らがいる。
 女系女性派の学者は、田中卓(皇學館大学元学長)、所功(京都産業大学名誉教授)、高森明勅(神道学者)、西修(駒澤大学名誉教授)、園部逸夫(元最高裁判所判事)らで、論客として、高橋紘、橋本明、山下晋司らがいる。
 女系女性派が優勢なのは、マスコミや官僚、有識者会議につらなる学識者がついているからで、漫画家の小林よしのりやニュース解説の池上彰のほか、テレビの人気者や女性タレントも、メディアで、男女平等を挙げて、女系女性を支持している。
 その効果はてきめんで、世論調査で、目下、愛子天皇待望論というべき状況がうまれている。
「女系・女性天皇に賛成7割」(時事通信)
「女性天皇『容認』76%」(朝日新聞)
 現在、皇位継承順位第2位に悠仁親王殿下がおられる。
 男系男子が皇位を継承すると定めた皇室典範にもとづく皇位継承順位は――
【1】秋篠宮文仁皇嗣殿下【2】悠仁親王【3】常陸宮正仁殿下
 である。
 女性天皇が容認されると、皇位継承順位はこう変わる。
【1】愛子内親王【2】秋篠宮文仁皇嗣殿下【3】眞子内親王【4】佳子内親王【5】悠仁親王【6】常陸宮正仁殿下【7】彬子女王【8】瑶子女王【9】承子女王
 女性天皇が容認されると、皇位継承順位第2位の悠仁親王が5位に下がる。
 この場合、皇位が、愛子天皇から悠仁親王もしくはその男性嗣子に継がれるという確たるルールができていなければ、歴史上、推古天皇など8人の前例がある女性天皇は、そのまま、前例のない女系天皇へ移ってゆくことになる。
 皇胤の男子相続者がおられる現在でさえ、愛子天皇待望論が沸騰している。
 これを思えば、将来、愛子天皇の直系への譲位が世論の大勢となるのは目に見えている。
 皇統は世論に左右されてはならないが、天皇の地位が憲法に規定されているかのような風潮のなか、世論に抗うことはむずかしい。

 愛子天皇の子が皇位を継承した場合、たとえ、その子が男性であっても、女系天皇となって、2700年にわたって、男系男子で貫いてきた万世一系の伝統に終止符が打たれる。
 愛子天皇の長男が天皇に即位した瞬間、民間人である夫側の家系図に天皇が出現して、一方、神武以来の天皇家の皇統が断たれるのである。
 池上彰はこういう。
 女性天皇をみとめるように法を改正すれば、愛子さま、眞子さま、佳子さまも、皇位継承権をもつことができます。
 それからこう畳みかける。
 女性天皇をみとめても、愛子さま、眞子さま、佳子さまのお子さまは女系になるため、皇位継承権はありません。
 そして、こうしめくくる。
 将来、「女系天皇」をみとめるかどうか、という議論をしなければならないでしょう。
 問題を先送りして、遠くない将来、女系天皇がうまれることに期待を寄せるのである。
 これは、ごまかしとすりかえの論理で、万世一系を残す方法があるのに、民間人の天皇をもとめるのは、魂胆があるのである。
 その魂胆というのが、女性天皇から女系天皇へのなしくずしの移行で、万世一系をひっくり返そうというのである。
 伝統を破壊すれば、日本は、民主主義共和国になるほかない。
 池上は、万世一系の牙城たる旧宮家の皇籍復帰の可能性を否定する。
 女性天皇、女系天皇の容認や女性宮家の創設以外の方法として、旧宮家の皇籍復帰を唱える論者もいますが、旧宮家は戦後皇籍から離脱していますから、あらためて皇籍に復帰することは、現実的には難しいのではないでしょうか。
 世論調査でも、旧宮家の皇籍復帰にたいしては、7割前後が反対しています。
 女性天皇とは違って、国民感情としても、認めがたいのが現実です。
 ウソである。
 産経・FNN合同世論調査(2019年5月)によると、男系男子の皇族を増やすため、戦後に皇籍離脱した旧宮家の復帰を認めてもよいかという質問にたいして、「認めてもよい」(42・3%/自民支持50・7%)が「認めない方がよい」(39・6%/自民支持31・3%)を上回った。
 旧宮家の皇籍復帰や男系男子の血統を持つ人々養子縁組案については、これまで、有識者や政府、マスコミなどは「長年、民間で暮らしていることから国民の理解は得られない」といいつづけてぃた。
 ところが、とんだ思いちがいで、国民は、戦後、臣籍降下させられた11宮家にたいして、敬意と愛着をもっていたのである。
「女系・女性天皇に賛成7割」(時事通信)「過半数が女性天皇と女系天皇の違いを理解せず」「11宮家の皇籍復帰賛成派が反対派をこえる」(産経・FNN)とアンケート調査の結果はまちまちである。
 マスコミや政府・権力の一部が世論を操作してきた結果、バラツキが生じたのである。
 皇統をめぐる男系男子派と女系女性派の衝突は、日本人の魂とマスコミ世論のたたかいといえる。
 そのたたかいは、はじまったばかりなのである。
posted by office YM at 12:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つ@

 マスコミ世論&タレント識者の俗論を撃つ
 ●池上彰が説く「女系宮家」のゴマカシ論法@
 天皇問題から憲法、北方領土から移民問題にいたるまで、マスコミとりわけテレビが世論をリードしている。
 それがマスコミ世論というもので、本来、別々だったマスコミと世論が一体化した衆愚政治である。
 テレビで売れっ子のコメンテーターが、短絡した意見を吐いて、それが世論に反映されて、国家の羅針盤が狂いはじめる。
 それが、ほぼ、定着したのが、昨今の日本の情勢である。
 テレビが視聴率の上になりたっているのは、周知の事実で、ニュースも報道番組も、時事解説もバラエティも、事情はかわらない。
 それらの情報が、すべて、視聴率という秤にはかられて、視聴者の耳や目に届くときには、別物になっている。
 迎合的な内容に加工されて、本質がゆがめられるのである。
 バラエティならヤラセや過剰演出ですむだろう。
 だが、ニュースや時事問題ではそうはいかない。
 誤った世論が形成されて、国家が、舵を誤ってしまいかねないのである。
 とくに、民主主義と国民主権が大手をふるわが国では、マスコミ世論がかつての元老院や枢密院のような権威となって、国論や国政を左右する。
 それが、小泉純一郎内閣の「皇室典範に関する有識者会議」だった。
「皇位継承資格を女子や女系の皇族に拡大することが適当」とする報告書(2005年)を提出した吉川弘之座長はこのとき「歴史観や国家観にもとづいて案をつくったのではない」「皇族や政治家の意見を聞くつもりはない」といってのけた。
 歴史と伝統にもとづく皇室の世継ぎ問題を、民主主義と憲法だけで切りさばこうというのが、戦後文化人で、要は、伝統をアメリカ民主主義にきりかえてGHQ革命にのった敗戦利得者である。

 現在、世論形成のリードオフマンといえば、池上彰で、テレビはでずっぱりで、ベストセラーの上位独占という怪物である。
 NHK出身で、報道記者をへて、10年以上、『週刊こどもニュース』のキャスターをつとめたせいか「だよね」という子どもに語りかける口調で主婦層を中心に圧倒的な支持をえている。
 その池上が、万世一系を否定する「女系宮家」の創設をうったえている。
 その論法が、例の短絡のゴマカシで、天皇が憲法上の存在であるかのような設定で話をすすめる。
 古代より連綿とつづいてきた天皇は、わが国の伝統文化の総家元というべき存在で、たかだか、130年前の明治憲法、わずか、70年前のGHQ憲法に定められた薄っぺらなものではない。
 有識者ならば、天皇が歴史のもとづく伝統的な存在で、憲法上の存在でないことを国民につたえる立場にある。
 生活に忙しい国民は、真実を知る機会がなく、正しい知識をもちえない。
 有識者にあたえられた任務は、無知な国民を正しい知識をあたえて、目覚めさせることである。
 ところが、池上は、こういってのける。
 憲法の第1条には、天皇の地位は「主権の存する日本国民の総意に基く」とあり、第2条には「皇位は、世襲のもの」とあります。
 この2点に着目すれば、皇室典範を改正して、女性天皇や女系天皇を認めることは、憲法上、何ら問題はありません。
 池上は、戦後の日本人が陥った、天皇を憲法上の存在とする錯綜をそのままひきついで、堂々と万世一系を否定するのである。
 池上は天皇退位特例法案にもりこまれた「女性宮家検討」の付帯決議≠もちだして、こんどは「女性宮家」創設を主張する。
 憲法の次は政治判断で、池上流に付き合っていると、天皇が、法律や政治の飾り物にすぎないように思えてくる。
 昨今の人気タレント識者は、判で押したように、伝統を否定する。
 伝統の否定が、マスコミで生き残る条件にでもなっているのであろうか。
 次回も人気タレント識者批判をつづけよう。
posted by office YM at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

神道とはなにかD

 神道とはなにかD 
 ●日本精神をつくりあげた神道
 現在、神道的な価値観が、世界的に見直されている。
 その一つが、自然にたいする考え方である。
 自然を征服する西洋にたいして、日本は、自然との共生で、地球にやさしくというキーワードは日本から発せられた。
 もともと、神道は、自然崇拝の宗教である。
 西洋には自然崇拝という考え方がない。
 自然は神が創造したものだからである。
 神が創造して、糧として、ヒトにあたえたものなので、煮て食おうが焼いて食おうが人間の勝手というのである。
 西洋の神は、創造主にして唯一神、絶対神で、絶対的存在である。
 西洋が神を中心とする世界観のもとで回転してきたのは、神が圧倒的な力をもって、人々を支配してきたからだった。
 紀元後からルネサンスまで、ヒトは、人権どころか、人格や個性さえみとめられない神のしもべだった。
 そして、宗教戦争では、神の私兵となって、多くが命を落とし、ドイツ農民戦争では、人口が半分になってしまったほどだった。
 キリスト対イスラム、カソリック対プロテスタントの一神教の内紛がいまもなおつづいているのは、一神教の世界では、神が人間の心に占めるウエイトが日本人の想像がおよばないほど大きいからである。
 西洋では、ことば(=ロゴス)までが神からあたえられた。
 一神教における信仰は、神との契約で、ヒトは、ことばをとおして、神と約束をかわす。
 西洋人の自我がつよいのは、直接、神とむきあうからである。
 神という絶対的な後ろ盾をえて、かれらは、絶対的な自信を獲得する。
 それが、オーマイゴットの精神で、キリスト者にとって、神の祝福や神との出会いがなによりも大事なのである、

 日本には絶対神がいない。
 縄文時代から多神教のアニミズムで、八百万の神々は、自然や人々とともに、世界からうまれた。
 日本の神々は、世界を創造したのではなく、世界からうまれおちたのである。
 八百万の神々やミコト、ヒトが、大自然のなかで共存する日本では、単独で存在するものなどない。
 絶対神がいなかったので、自我も個人主義もうまれなかったのである。
 かつて、ヒトは、主客未分離の境地で、血族や部族、共同体中心の集団的な生を営んでいた。
 それが神道の淵源で、多神教の下では、集団的な生が栄える。
 それがさいわいだったのは、そこでは、信頼や善意、情や利他心などの集団の心というべきよい心がはたらくからである。
 神道は無意識の宗教ともいわれる。
 すべて、直観やなりゆきにまかせきるからで、それが惟神(かんながら)の道である。
 惟神というのは、神の摂理にあずけきってしまうことで、人間の考えほど浅はかなものはない。
 このとき、意識が捨てられる。
 集団に宿るのは、意識ではなく、無意識である。
 無意識の神道は、自然崇拝の宗教でもあって、自然界には、意識もことばもない。
 意識やことばは非自然物なので、自然崇拝(=自然と同一化)すると消えてしまうのである。
 生きてゆくのに必要なのは、習慣やきまりごと、日常的なふるまいで、ほとんど無意識である。
 集団は、意識をもつことも、モノを考えることもできない。
 モノを考えるのは、かならず、個人であって、一人ひとり考えがちがう。
 集団が個になって、無意識が意識に転じた。
 ヨーロッパで、意識がうまれたのは、絶対神に出遭って、個に目覚めたのちのことである。
 神から、汝はだれぞと尋ねられて、ヒトは、個のじぶんに出遭った。
 キリスト教によって、ヒトは、無意識だった集団の一部から、意識をもった個人になったのである。
 神が、個人をつくって、意識をさずけたのは、信仰を迫るためだった。
 救ってやるが、その前に、たっぷり、孤独と死の恐怖、絶望を味わえというのである。
 それが悲劇の誕生で、そこから、人類の苦しみや悲しみがはじまった。
 神道は、その逆で、意識を捨てて、無意識をとれという。
 キリスト教では、神を発見した意識は開明的で、一方、無意識は、神を見ることができない未開状態ということにされている。
 西洋では、意識やことばが光で、無意識は、無神論の闇なのである。
 日本は、その逆で、無や空は、悟りの境地である。
 そして、意識は、しばしば、苦の原因とされる。
 虚栄や嫉妬、不安や憎悪、絶望などの悪意やわるい感情も意識から生じる。
 西洋が意識のなかに絶対神をもとめたように、日本人は、無意識のなかに無や空をもとめた。
 それが神道の無意識で、集団の心である。
 聖徳太子の和の心は、日本の伝統的な精神だったのである。
 そして、その日本精神が、神道につちかわれたものだったことはいうまでもない。

posted by office YM at 15:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

神道とはなにかC

 神道とはなにかC
 ●集団主義の神道と個人主義の一神教
 現代人は、じぶんが個人であることをあたりまえと思っている。
 だが、個人があらわれたのは、たかだか数千年前のことである。
 それまで、人々は、主客未分離の境地で、血族や部族、共同体中心の集団的な生を営んでいた。
 それが神道の淵源で、多神教の下では、個人という考え方はうまれない。
 400万年前に猿人から分化して以来、人類は、集団生活者だった。
 集団は、個が集まって、できあがったのではない。
 血族や部族、共同体などの集団が先にあって、ヒトは、その一部分だった。
 集団から個を一つとりだしたところで、単独の一人にはならない。
 切り分けられた集団の一部は、たとえ一人でも、集団なのである。
 単独では、子孫を残せない以上、ヒトは、人間ではなく、人類として集団を生きるほかなかった。
 信頼や善意、情や利他心などは、集団の心である。
 ヒトは、集団の一部であるとき、心ゆたかに生きることができるのである。
 一方、西洋は、個人主義で、その根本にあるのがキリスト教だった。
 同じキリスト教でも、カトリックとプロテスタントでは、神との接触方法が異なる。
 カトリックでは、信者は、神父を介して神と接触する。
 ところが、プロテスタントでは、個人が神とむきあう。
 個人が、直接、神と接触して、信仰を契約するのである。
 プロテスタンティズムによって、コミュニティや集団が解体されて、個人が台頭してきた。
 そこからうまれてきたのが「社会契約論」である。
 個人と神が契約するプロテスタンティズムを「個人と社会との契約」に移しかえて「社会契約論」がうまれた。
 ホッブスやルソー、ロックの思想的ルーツはキリスト教にあったのである。
 西洋における個人は、神の下に平等であって、精神の帰属先も、神である。
 キリスト教は、人々の帰属意識を共同体から切り離して、神にむかわせた。
 キリスト教的伝統の下でうまれた個人主義は、国家と対立する概念だったのである。
 そこから、抗争や革命、戦争がうまれた。
 結局、個人主義は、宗教という迷妄以外のなにものでもなかったのである。
 
 ●一神教がうんだ一元論
 キリスト教も西洋合理主義も、科学も民主主義も、一元論である。
 正しいものが一つしかない一元論の世界では、内ゲバがはじまる。
 キリスト教とイスラム教、カトリックとプロテスタントの宗教戦争が凄惨なものになったのは、唯一神ヤハウェやキリストをめぐる一元論の戦争だったからである。
 キリスト教もイスラム教も、仏教や儒教も、人間の頭によって考えだされた創唱宗教で、ことば(ロゴス)は、神からあたえられる。
 一神教は、意識と観念、ことばの宗教だったのである。
 一方、神道は、自然宗教である。
 自然界には、精神もことばも、観念も感情もない。
 神道は、自然をはじめ、無心にすべてをうけいれて、心安らかに生を営もうという宗教である。
 すべてうけいれるのは、多神教=多元論だからである。
 一神教=一元論では、排除の思想がはたらく。
 日本では、神道が仏教をうけいれたが、西洋では、宗教戦争がおきた。
 宗教戦争の本質は、「神の前に万人は平等」という個人(プロテスタント)と全体(カトリック=教会)の階級闘争でもあって、ドイツ30年戦争では、人々が殺しあって、人口が半分以下に減ってしまった。
 そのキリスト教がもちだしたのが愛だった。
 神道では、集団主義のなかに愛=情や利他心がふくまれている。
 だが、個人主義のキリスト教では、愛をもちださなければ、他者との良好な関係がつくれなかった。
 その愛の関係が、契約で、西洋は、いまでも、契約社会である。
 神と契約を交わす個人主義が、中世のルネサンスから近世の啓蒙思想や社会契約説をへて、近代のフランス革命やアメリカ革命(独立戦争)に至った。
 そして、個人主義が、人権と平等、民主主義とともに人類の普遍的な価値になった。
 個人主義が市民革命につながったのは、歴史や伝統、国体(文化形態としての国家)よりも、個人が大事とするプロテスタンティズムがはたらいたためである。
 個人主義と権利意識、ヒューマニズムの三位一体を掲げるのが、アメリカやイギリスなどの白人プロテスタント系だが、フランスやロシアなどの革命国家も、基本構造は、個人を全体に優先させるプロテスタンティズムである。
 近代は、その個人主義の上に成り立っている。
 だが、その個人主義にほころびが見えてきた。
 キリスト教にもとづく個人主義や人間主義、合理主義や科学主義が、馬脚をあらわしはじめたのである。
 集団的価値を否定する個人主義は、結局、孤独やエゴイズム、憎悪をうんだだけだった。
 自然破壊と人心の荒廃、犯罪や戦争、テロの恐怖もさることながら、人類は地球を何十回も破壊できる核兵器をもち、二度の大戦で、おびただしい人命を犠牲にした。
 一神教は、神と個人の契約なので、神に、加護や救済、利益を依願する。
 それが、個人主義やエゴイズムなのは、いうまでもない。
 そこから、万人の戦争がはじまるのは、人間は、エゴイストだからである。
 神道は、なにごとも願わない。
 惟神の道(かんながらのみち)にまかせて、安心する。
 神道の神々の予定調和は、すべてのひとの幸で、個人主義とは逆の考え方である。
 共感や共鳴、共通感覚によって、ひととひとがむすばれる。
 神道が理想とする世界観は、地域や共同体、国家とヒトの一体感である。
 キリスト教にもとづく個人主義を捨てなければ、人類は、犯罪や戦争などの暗黒性から永遠に自由になれない。
 今日的な問題でいえば、外国からの移民がふえてくると、自己の利益のみを追求する個人主義がひろく蔓延して、やがて、共同体の精神が崩壊する。
 そのとき、神道共同体としての日本は、大きな危機を迎えるだろう。
 次回は、日本人の心と神道について、あらためて、考えてみよう。
posted by office YM at 22:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

神道とはなにかB

 神道とはなにかB
 ●現実主義に立った神道
 日本人にとって、カミは、偉大な創造主でも、人間の心を支配する超越的な絶対神でもなかった。
 彼岸から人々を見下ろす魔王ではなく、此岸にあって、あるときは、人々に恩恵をあたえる和魂(にぎたま)で、またあるときは、天変地異をひきおこす荒魂(あらたま)でもあった。
 恵みでも禍でもある畏れ多いカミにたいして、人々ができることは、機嫌をそこねないように、お供えをして、丁寧に祭ることだけで、神道の祈りの多くが、荒魂の鎮魂(たましずめ)だった。
 この世には、生と死、恵みと害い、禍と福が交互にあらわれる。
 そこで、カミ、ミコト、ヒトが、お互いにささえあって生きる。
 それが、絶対神がいない神道の世界である。
 神道が仏教をうけいれたのは、カミが、ホトケに救いをもとめたからである。
 神道の最高神官である天皇が、つきつぎ、仏教に帰依した。
 天皇や貴族は、仏閣や仏像、仏画や経典、仏具にふれて、国家鎮護の霊験が大きいと見込んで、大仏までつくった。
 神道は、国の外からやってきた仏陀まで、八百万の神々のうちの一柱にしてしまったのである。  
 すべてが太陽の下にあるという世界観では、天照大神にかなうものはない。
 これは、歴史が培った日本人の伝統的精神で、日本人の宗教心の原点が太陽=自然崇拝にあったのはいうまでもない。
 これは現実主義で、自然崇拝の自然は、まぎれもない現実である。
 日本人は、宗教への関心が薄いといわれる。
 宗教団体に帰属せず、唯一神への帰依、絶対神への信仰がないというのである。
 だが、それだけで、日本人を無神論者ときめつけることはできない。
 日本人の心は、西洋人の心ががキリスト教的である以上に、神道的である。
 ことばから所作、習慣や習俗、精神構造にいたるまで、神道の影響をうけていない日本人がいないのは、神道が、縄文・弥生の大昔から、根っこで、日本精神をささえてきたからである。
 正直や素直、親切や善意などの日本人の民族的美点も、遺伝子のなかにひそむ「神道的なるもの」のはたらきといえるだろう。

 神道と仏教・キリスト教のちがいは、生と死である。
 神道が生の宗教≠ナ、仏教・キリスト教が死の宗教≠ナある。
 ユダヤ教も、神道と同様、死後の世界がないので、生の宗教といえる。
 ユダヤ教の聖書ともいわれるタルムードは、生きる知恵集で、きわめつきの現実主義である。
 神道は、縄文弥生の大昔、主客未分離・神人合一の境地からうまれた。
 一種の神秘主義だが、これは、自然に奇異をみる態度で、現代人にとっても自然は不思議なのである。
 自然が現実主義だったのはいうまでもない。
 ところが、仏教やキリスト教は、死後という空想の世界を説く。
 これは、オカルティズムで、昔の人がこれを信じたのは、信心深かったからである。
 人々が、死について考えるのは、一神教がやってきたあとのことである。
 仏教やキリスト教は、生や現実を否定して、死後にこそ、安らぎとしあわせがあると主張した。
 これは、空想的観念論で、神道の現実主義と相容れない。
 観念論は死をもてあそぶが、現実主義は、あくまで、生を相手にしようとする。
 仏教やキリスト教は死をつかみだし、これをつきつけて、信仰を迫った。
 神は、信仰と死の恐怖を取り引きして、牧歌的だった多神教の世界を暗黒の一神教世界へぬりかえてしまった。
 そして、人々は、死の虜となって、魂の救済や成仏、天国往生をもとめた。
 一神教の根本にあるのが、意識やことばで、キリスト教のバイブルやイスラム教のコーラン、仏教の経典、儒教の五経は、いずれも、観念論である。
 神道に経典がなく、言挙げしないのは、観念論というブラックホールにはまりこんでいなかったからだった。
 日本に、善悪や正邪、仁義礼智などの儒教的な教えがなかったのも、説教を垂れる人格神がいなかったからで、いたら、理屈やこじつけ、ウソがまかりとおって、神道の清澄と元気、正直はなかったろう。
 一神教の信仰をもたない代わりに、日本人の生活には、神道や仏教の教えや価値観が溶けこんでいる。
「無我」や「縁起」は仏教由来で、俳句の季語は、自然崇拝の感性である。
 日本人の精神の帰属先は、観念としての神ではなく、血縁や地縁、共同体や国家などの具体的な実体である。
 日本は、八百万の神々という多様性をもって、外来の神(仏教の仏)をうけいれ、神道と仏教という異質な二つの神を共存させてきた。
 聖徳太子は、仏教や儒教を公的機関から遠ざけて、神道を政(祭政一致)にあてた。
 人間の心や共同体、国家が、観念にのみこまれるのをきらったのである。
 わが国が、建国以来万世一系の皇統をまもりつづけ、神話と実史がむすんだ世界でも稀有な伝統国家を維持できたのは、多神論的な現実主義を立てたからで、一神教的な観念論を立てていたら、内部崩壊をおこして、とっくに滅びていたろう。
 神道は、原始宗教どころか、覚めた精神だったのである。
posted by office YM at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

神道とはなにかA

 神道とはなにかA
 ●スタートは原始神道
 仏教と接触して、宗教の形態をとる以前の神道は、原始神道で、記紀由来の復古神道や古(神)道と区別される。
 高床式の神社社殿ができるのも、仏教と接触以後で、神明造(伊勢神宮)や大社造(出雲大社)、住吉造(住吉大社)などの建築法が確立されるのはさらに後世になってからである。
 社殿がつくられる以前、神が宿るは、岩(磐座/いわくら)や山(磐境/いわさか)、森(神奈備/かんなび)あるいは現世と常世の境界(神籬/ひもろぎ)などの自然物だった。
 聖徳太子の仏教奨励策のあと、仏教寺院が本格的に造営された。
 これにならったのが、神道で、神籬・磐境での祭祀が、社殿でおこなわれるようになった。
 中国の影響で、天神地祇も区別されて、神祇制度も整えられてきた。
 ちなみに、菅原道真公のたたりで知られる御霊信仰は、漢神信仰で、これも神仏・神儒習合の一つである。
 神祇制度が本格的に整備されたのは天武天皇の時代である。
 全国神社の整備がすすんで、伊勢神宮の式年遷宮が設定されたほか、未婚の内親王が巫女として奉仕する斎王も復活して、天皇と神社とりわけ伊勢神宮のつながりがいっそう深くなった。
『日本書紀』や『古事記』の撰修がはじまったのも、このころで、神話伝承が日本人のアイデンティティ形成に大きな役割をはたすことになる。
 日本人の精神や生活にむすびついているのは、無意識化されている原始神道で、初詣や結婚式は神道、葬式や法事は仏教といった宗教心も、原始神道というスピリッツの上に成立している。
 日本人は、神棚や位牌、仏壇をうけいれ、儒教や道教の道徳を重んじ、クリスマスやハロウィンを祝う。
 それらは、いずれも、行事で、信仰しているわけではない。
 根っこにあるのが原始神道で、そこに、原始神道のふところの広さがある。
 日本人は、神や仏、一神教の開祖を八百万の神々の一つ、太陽=天照大神の下にあるものとみているのである。
 現代においても、日本人のメンタリティは、原始神道の上に中国大陸文化と西洋文化をのせた三層構造になっていて、日本人ほど、心に世界的な奥行きや柔軟性をもっている民族はみあたらない。

 ●血肉化された神道のスピリッツ 
 アニミズム(万物霊)やシャーマニズム(神霊交流)という縄文の遺伝子をひきついだ原始神道が、最初に迎えた転換が、のちに、新嘗祭や大嘗祭にひきつがれる収穫祭であった。
 春の祈年祭と秋の収穫祭が、集落形成や祭政一致の大きな要素となって、儀式としての神道が確立される。
 そして、農業祭礼の祭祀王が、豪族らに担がれて、大王のちの天皇になってゆく。
 二つ目のステップボードが、仏教との接触と、神仏習合である。
 神道は、日本人の心性の根底をなす原始神道と、政(まつりごと)や祭祀をおこなう習合神道に分かれて、それが、幕末までつづく。
 聖徳太子が、仏教を宗教、儒教を道徳、神道を政治に仕分けた体制が延々と千年以上も維持されてきたのである。
 戦国時代のあと、織田信長と豊臣秀吉、徳川家康は、皇室の保護と神社の復興にあたった。
 以後、幕末・明治維新まで、神道が歴史の表舞台から消えたように見える。
 だが、それは、神道が、日本人の精神に血肉化されたからであった。
 その象徴が、伊勢参り(おかげ参り)で、江戸時代中期以降、ええじゃないかとねり歩いた参拝者は年間数百万人にのぼった。
 そして、大政奉還、王政復古ののち、明治新政府は、政治理念を復古神道にもとめて、祭政一致の政治をめざした。
 それが、国家神道だが、のべてきたとおり、一神教的な宗教観で、多神教の原始神道とは無縁の代物だった。
 宗教を語るにあたって、避けてとおることができないのが、死である。
 死や死の観念、死の恐怖、死後の世界、死からの救済という考え方を謳ったのが、キリスト教やイスラム教、仏教や儒教などの一神教だった。
 一神教は、天国や地獄、輪廻を発明して、世界の絶対的な支配者になった。
 神は、死という恐怖や絶望、苦しみをたっぷりあたえた上で、その苦しみを解こうというマッチポンプの商売上手で、キリスト教の信仰は、個人と神との契約である。
人々は宗教の奴隷となって、一方、教会や教団は、強大な権力と大きな富をえた。
 ヨーロッパでは、教会が、死と神を商売の道具にして、大衆から権力までをとりこんでしまったのである。
 日本では、神も信仰も、ひとの魂を抜き去るようなことはしなかった。
 神道は、無意識の宗教で、死に触れなかったのは、死は不浄だからである。
 死は、絶望なので、直視することも、考えることもできない。
 一神教では、死や死後を考えさせ、神が、人々をその絶望から救う。
 死について考えるから、このトリックにひっかかってしまうのである。
 だから、神道は、ことさらに、死を不浄として、遠ざけた。
 死ではなく、死について考えることが、絶望的なのである。
 ヤマトタケルは、死後、白鳥になってどこかへとんでゆくが、どこへ行ったのかわからない。
 それが、神道の死生観で、死後、魂はどこかへとんでゆき、死体も消える。
 死体があるのは、黄泉の国だが、イザナギが大石で黄泉の国へつうじる黄泉比良坂を塞いでしまったため、神話では、行き来ができた黄泉の国へいけなくなった。
 神道に、死や死後の世界、天国や地獄がないのは、死のことなど考えなくてもよいからである。
 仏教や禅が、無や空をもとめるのは、死につうじる意識を捨てるためである。
 意識は、一神教のもので、一元論である。
 一方、無意識は、多神教のもので、多元論である。
「考える」のが一元論で「かんじる」のが多元論といえる。
 意識は、一つのことしか考えられないが、無意識は、同時に、多くのことをかんじとる。
 それが、生きるということで、神道が、生の宗教といわれる所以である。
 次回以降も、神道と一神教の比較宗教論を展開してゆこう。

posted by office YM at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

神道とはなにか@

 神道とはなにか@
 ●国家神道と復古神道
 神道と聞いて、国家神道を思いうかべるひとがいるかもしれない。
 国家神道は、国家と天皇をむすびつけて、神道の国教化をはかったイデオロギーで、縄文時代に始原をもつ神道ほんらいのすがたから、大きくかけ離れている。
 思想家で、神道家でもあった葦津珍彦は、国家神道について、「神道的神霊を無視するもので、神社と神道の信仰をふみにじった」と慨嘆した。
 国家の保護によって、却って、神道本来の宗教的霊性が失われてしまったというのである。
 いずれにせよ、国家神道が、日本人の宗教観からみて、異様なものだったのは疑いがない。
 明治政府の神道分離令、太政官制における神祇官の設置、大教宣布の詔から廃仏毀釈へつきすすんだ国家神道の源流を遡れば、平田篤胤の「復古神道」にたどりつく。
 平田がうけついだのが、江戸時代中後期、儒教や仏教を退けて、日本固有の精神を研究した国学だった。
 その四大家が、契沖(けいちゅう)と荷田春満(かだのあずままろ)、賀茂真淵、本居宣長である。
 万葉・記紀研究の基礎をつくった契沖と荷田春満の跡をついだのが、日本の古代精神「いにしえごころ」「ますらおぶり」を謳った賀茂真淵だった。
 賀茂の門人にあたるのが、源氏物語の「もののあはれ」の本居宣長で、宣長は、30余年をかけて「古事記」を解読した。
 本居宣長没後、門人を自称したのが平田篤胤で、平田の復古神道が、幕末の尊王攘夷運動につながったのは、平田は、当時のベストセラー作家でもあったからだった。
 平田の神道観は、宣長のそれとはまるっきり異なっている。
 本居宣長の神道が「何にまれ、尋常(よのつね)ならずすぐれたる徳(こと)のありて、可畏(かしこ)き物を迦微(かみ)とは云なり」とカミを日本的な感性でとらえたのにたいして、平田は、キリスト教の「最後の審判」の影響をうけた幽明審判思想を唱えた。
 さらに、その門人らが、天之御中主神を創造神とする一神教的な宗教理論を展開するにいたって、宣長の古道(古神道)精神は、根こそぎ書きかえられてしまった。
 国家神道が、日本の伝統的な精神である神道の異端児だったことは、明らかだが、さりとて、神道について、明確な定義があるわけではない。
 神道には多くの分派諸派があって、それぞれ、独自の主張をおこなっている。
 神道は、仏教との接触、神仏習合、神話や皇室神道、神社神道、伊勢神道や吉田神道などの教義的発展と、これまで、大きな節目をいくつもこえてきた。

 ●日本人的思考の根底にある神道
 だが、神道のもともとの形は、自然崇拝である。
 万物に精霊が宿っているとするアニミズム、シャーマンが霊的存在と交信するシャーマニズム、神と自然が同一であるとするパンセイズム(汎神論)が、神人合一の空間をつくりあげ、それが、現代にまで、つづいている。
 正月の初詣、初宮詣、七五三、建築関係では地鎮祭、上棟祭、人生の転機におこなわれる厄払い、合格祈願に至るまで、日本人の生活のなかに神社への参詣がそっくりとけこんでいるのである。
 神道と民俗・風習が、分かちがたく接している。
 神道という宗教があるというより、生命や生活の活動が、そのまま、神道という信仰空間になっているのである。
 神道は、自然や日本の風土にもとづいた原始信仰で、無意識なのは、キリスト教や仏教のような人格神がいないからである。
 それが、「神ながら言挙げせぬ国」ということである。
 縄文時代から弥生時代、古墳時代にかけて、原型がつくられた神道は、日本人の生活や日本文化、日本人的思考の根底にあるもので、宗教であって、文化的・精神的な基盤でもあった。
 ところが、一神教は、神道のカミが、自然崇拝や庶物崇拝、祖先崇拝などの古代宗教に属するとして、劣等自然教とみなそうとする。
 多神教から一神教、自然神から人格神、精霊的な神から理性的な神、集団の神から個人の神へと、宗教が発達してきたとする進歩史観をもちだすのである。
 クリスチャンにとって、自然は神からあたえられた生活材である。
 自然合一などかれらにとって、なんの意味もなかったろう。
 一神教的な価値観に慣れた現代人は、合理や理性、論理に走る。
 だが、ヒトが、宗教へむかうのは、超越性や神秘性、卓絶したものをもとめるからである。
 すぐれた芸や作品から、人間の領域をこえたものをみると、ひとは、宗教的な感動をおぼえる。
 偉人は、祭られて、カミになるが、生きていても、神になる。
 国民栄誉賞や人間国宝がそれで、長嶋茂雄は野球の神さま≠ニ呼ばれた。
 日本では、超越的な力をもったひとは神さまなのである。
 次回以降、神道と一神教の比較信仰論を展開してゆこう。
posted by office YM at 03:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

天皇と神道E

「日本の原光景」
 天皇と神道E
 万世一系は、皇統(天皇の血筋)が永久に続くことである。
 岩倉具視は「王政復古議」に「皇家は連綿として万世一系礼学征伐朝廷より出で候」と記した。
 これが「万世一系」の語の初出(慶応3年/1867年)といわれる。
 伊藤博文は『(旧)皇室典範』の制定(明治22年/1889年)にあたって以下の3項目を挙げた。
 第一 皇祚を践(ふ)むは皇胤に限る
 第二 皇祚を践(ふ)むは男系に限る
 第三 皇祚は一系にして分裂すべからず
 大日本帝国憲法の第一條には次のように記されている。
「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」
 万世一系は、血筋の連続性で、原始社会から現代にいたるまで、世襲という血統の相続によって、地位、氏族、家名、家格、家業、家柄などがまもられてきた。
 血統や世襲が時間軸的な連続性なら、八百万の神々が空間的な延長で、その広大な時空が神道の世界観である。
 神話や血筋、家系などに宿る祖霊と、地祇や産土、鎮守などの土地の神々が交差しているのが多神教の世界で、日本においては、家族から共同体、国家にいたるまで、神人合一の境地なのである。
 近代国家日本に憧れてやってきたアジアの留学生は、狐を祭ったお稲荷様を見て、驚くという。
 近代化は、古い因習や迷信を捨て、近代合理主義に近づくことと思っているかれらは、先進国家の日本に、動物神を祭った神社があることが理解できないのである。
 近代合理主義は、16世紀のルネサンス、17世紀のデカルト、18世紀の産業革命からうみだされたもので、伝統とは相容れない。
 近代合理主義は、革命や自然破壊、社会の荒廃をもたらした。
 経済や物質、競争ばかりを優先させてきたからである。
 近代合理主義がうみだしたのが、民主主義や男女平等で、皇位継承を男子に限定する万世一系は、男女平等に照らして疑問という声が、マスコミで、しばしば、とりあげられてきた。
 民進党の前政調会長で、女系天皇容認論者の山尾志桜里も「男系男子は論理必然ではない。新しい工夫や知恵が必要だ」とのべるが、千年の伝統を、昨日今日の思いつきでふみにじるのが合理主義というものである。

 万世一系は、戦前、国粋主義や皇国史観とむすびつけられた。
 そして、天皇の神格化や共産主義革命を否定する根拠とされた。
 といっても、万世一系は、明治維新のイデオロギーではない。
 万世一系は、歴史概念で、古来、神武天皇以来の男系男子の「血の系譜」と信じられてきた。
 その血の系譜が、第26代継体天皇で、継体系列は、神武天皇の男系血統という大樹からのびた一つの分枝ということができる。
 第25代武烈天皇が後嗣を定めずに崩御したのち、大伴金村らの有力豪族が新しい天皇に担ぎ上げたのは、男大迹王のちの継体天皇で、第15代応神天皇の5世の子孫だった。
 それがわかっていたのは、当時、神武天皇の男系血統にたいする意識が高かったからで、武烈系統も応神系統も、神武という大樹からにびた枝なのである。
『万葉集』を編纂した大伴家持は「君の御代御代敷きませる」と天皇の歴史の古さを謳い、聖徳太子は『日本書紀』にしたがって、神武天皇が即位した年を王朝の起点とした。
 万世一系と天皇の歴史の古さを受け入れたのは、意外にも、中世のヨーロッパ人だった。
 建国の日付を西暦に計算しなおして、紀元前660年としたのもヨーロッパ人で、スペインの『ドン・ロドリゴ日本見聞録』にこうある。
「神武天皇という最初の国王が誕生したのは、主キリストの生誕に先立つこと六六三年、ローマ創建の八九年後で、日本は、ほぼ二二六〇年のあいだ、同じ王家の血統を引く者一〇八世代にもわたってあとを継いできた」
 16世紀末から約20年間、長崎に在住したスペインの貿易商ヒロンも同じようなことを書き残している。
「神武天皇が治世を始めたのは二二七〇年以上も昔で、建国は紀元前660年であった」(『日本王国記』)
 ドイツ人医師ケンペルの『日本誌』に以下のような記述がある。
「ジンム王朝は、キリスト以前の六六〇年がそのはじまりで、以後、キリスト紀元一六九三年にいたるあいだ、すべて同じ一族に属する一一四人の皇帝たちがあいついで帝位についた。かれらは、日本人の国のもっとも神聖な創建者である「テンショウダイシン」(天照大神)の一族の最古の分枝で、直系の子孫であることを誇りに思っている。
 戦後の日本人は、皇国史観や国家神道を否定する余り、合理主義や唯物史観へ走ってしまいがちである。
 だが、日本の歴史は、日本人の血が流れる民族の魂で、天皇も国体も、日本文化も日本文明も、その根本は、歴史のなかに息づいているのである。
posted by office YM at 20:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

天皇と神道D

 日本の原光景
 天皇と神道D
 人類は、紀元前10世紀頃まで、意識をもっていなかったという。
 古代人は、神人合一の境地で、神の声を聞きながら、無意識に生きていたのである。
 自我や個人主義など、あろうはずもなく、信仰心も、現代人が思うものとはずいぶんちがっていたろう。
 ヨーロッパでヒューマニズムがうまれるのは、15世紀頃のルネサンス以降である。
 それまで、人間には、自由や平等、個性すらなく、神(教会)や絶対王政の奴隷だった。
 ところが、歴史家は、現代人の目で、古代をながめて、古代人が、現代人のように、合理的精神や理性をもっていたかのようにいう。
 そして、古代人が、聞いていた「神の声」や「野生の呼び声」を無視する。
 人類が意識やことばをもったのは、人類史的いえば、最近のことである。
『神々の沈黙』のジュリアン・ジェインズによれば、直立歩行をはじめた人類は、脳の右半分で「神々からの声」を聞き、その声にしたがって生きていたという。
 神々が支配する自然現象や自然法則のなかで、無意識に生きていた古代人にとって、神々がすべてで、意識やことばは、あくまで、二義的なものだった。
 意識や言語が未発達だった5000年前、古代文明やピラミッド、三内円山縄文文化がさかえたのは、神々からの声を聞いていたからであろう。
 神々からの声は、今流にいえば、インスピレーションや直観である。
 アインシュタインは、発明や発見の99パーセントはインスピレーションといったが、神の声は、意識やことばをこえるスーパーパワーをもっていたのである。
 2000年、当時の森喜朗首相が「日本は神の国」と発言して日本共産党ら野党や朝日・毎日新聞などのマスコミから「国民主権や政教分離に反する」と袋叩きにされた。
 左翼系市民団体も、「日本は神の国ではない、民の国だ」と気勢を挙げた。
 日本にかぎらず、古代は、神人未分離の混沌たる世界で、そこへ、現代人の価値観をあてはめて、国民主権や政教分離、民の国などといいだしたところで仕方がない。

 神の国といえば、一神教で、現人神を連想させる。
 神々の国といっておけば、問題にならなかったはずである。
 日本は、八百万の神々の国だからで、それが、神道である。
 神道が日本文明の本質といわれるのは、自然崇拝と多神教という一神教とは異なる文化的要素をもっているからで、これが、天皇および国体につながっている。
 神道は、縄文の遺伝子というべきアニミズムやシャーマニズムをひきついだ土着信仰で、日本は、古代からかわることなく、同一の宗教観の下で、国体と天皇をまもってきたのである。
 神道に教義や経典がないのは、意識やことばがなかった悠久の太古に生じた信仰だからで、人々は、自然の営みのなかに神々の声を聞く神人合一の世界を生きていた。
 したがって、信仰の中心となるのが、神々との交流である祭祀だった。
 一神教の祈りと神道の祭祀は、まったく異なるので、ふれておこう。
 神道の祭祀は、みずからを浄めて無になることで、個や私、自我が滅却されている。
 それが、神道の世界観で、神話から祖霊につらなる悠久の時間軸と八百万の神々があそぶ宇宙的な空間軸のなかで、われの存在はかぎりなく小さく、つつましいものだった。
 そして、人々は、祈りをとおして、自然や高天原の声に耳を傾けた。
 一方、一神教の祈りは、モーゼの十戒に「汝はわれのほかを神としてはならない」とあるように、神との契約である。
 多神教を滅ぼした一神教は、自我が強烈で、排他的、権力的にできている。
 それを反映したのが、ヨーロッパの王政で、王権神授説をもとに絶対王政を敷いた。
 仏教やキリスト教、イスラム教は、比較的、新しい宗教で、仏教がキリストの500年前、マホメットがキリストの500年後である。
 この3大宗教は、創唱者がいるので、創唱宗教といわれる。
 そのどれも、個人主義で、魂の救済や成仏、天国往生をもとめる。
 一方、神道は、集団主義で、民族や氏族、共同体の繁栄をねがう。
 そこに、天皇の権威の根拠がある。
 個の利益をもとめるのが権力で、集団の利益をもとめるのが権威である。
 個の利益をもとめるとき、抗争が生じて、あたたかい感情はわかない。
 敵意や恐怖、憎悪が渦巻き、暴力や強権も横行するだろう。
 ところが、集団の利益をもとめるとき、そこに、権威がうまれる。
 尊敬や敬意、慈愛というあたたかい感情がはたらくからである。
 権力には、しぶしぶ従うが、権威には、よろこんでしたがう。
 そこに、歴代の権力者が権威をもとめた理由がある。
 権力は、権威から正統性をあたえられて、はじめて、施政権を手にできる。
 天皇を倒せば、権力も、一夜にして、崩壊するのである。
 次回以降、歴史上、天皇の権威がどうまもられてきたかをふり返ろう。

posted by office YM at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする